名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山口陽(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山口陽(経営者)のプロフィール

山口陽、やまぐち・あきら。日本の経営者。ライオンズマンションなどを展開する「大京」社長。愛媛県出身。日本大学法学部卒業後、大京観光(のちの大京)に入社。北関東支店長、取締役、常務執行役員、専務執行役員、扶桑レクセル社長、大京社長、大京アステージ社長などを務めた。

山口陽(経営者)の名言 一覧

身の丈にあったことをやっていかなければ、経営はおかしくなる。


今は業界何位になろうといった気持ちはありません。過去に量を追い求め、1位にこだわり過ぎた結果、財務体質が悪化し、経営再建を余儀なくされました。


当社は、このエリアで、どのデベロッパーがどれくらいの規模のマンション用地を持っていて、今後どれくらいの戸数が供給されてくるのかを把握しています。そうすると、今までの実績から、そのエリアには潜在需要がどれくらいあるのかが分かってくるわけです。もし供給過剰になる見通しであれば決して無理に事業を進めません。


先代社長の山﨑治平が「フローとストックの両輪経営」を打ち出しました。安定的な収益基盤を構築する中で、「ストック」分野であるマンションの管理や修繕工事をはじめ、今では仲介やリフォームといった部門でも、安定的な収益を確保できるようになりました。現在はフローとストックの売上高がだいたい50対50というバランスになりました。


山口陽(経営者)の経歴・略歴

山口陽、やまぐち・あきら。日本の経営者。ライオンズマンションなどを展開する「大京」社長。愛媛県出身。日本大学法学部卒業後、大京観光(のちの大京)に入社。北関東支店長、取締役、常務執行役員、専務執行役員、扶桑レクセル社長、大京社長、大京アステージ社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

古市憲寿

『丸山眞男集 第六巻』には丸山さんの入院経験をもとにした随筆が収められています。ここで丸山さんは安易に他者へ同情することの危険性を説いています。周囲は患者という「弱者」を勝手にかわいそうな存在と思い込みがちです。しかしそれは「患者だから安静にすべき」というお節介にもつながる。一般的に、人のために何かすること、人の気持ちを考えることはいいこととされています。しかしそれには「他人の経験への安易な同一化」が潜んでいると丸山さんは指摘します。つまり、本来は多様であるはずの「弱者」を一緒くたにしてしまう。そして「弱者」が自分の予想と違う行動を起こすと、「可愛さあまって憎さが百倍」の不寛容に転じる。


佐藤隆太

僕は撮影現場で、芝居を模索することが多いんです。常に「これでいいのか、これでいいのか」と悩みながら芝居をする、その連続ですよ。いちど気になると、けっこう引きずりますね。「あれ、さっきのシーンは違ってたかな」とか。


芳賀繁

リスクに対して鈍感であれば、ミスが減ることはない。


山田昇(ヤマダ電機)

だって、皆さんね、たとえば電気製品を買われるときに、自分の住まいの広さや間取りを考慮して購入されるように、全部住まいに関連する商品ばかりなんですよ。家電という側面で住宅のことを考えると、家丸ごと、算出できる業種なんですよ、家電というのは。


渡文明

入院生活で私が得たものは、人間は限界状況にならないと前身・進歩しないという結論でした。人間は本来怠惰なので、ギリギリのところで外から背中を押されないと、新たな一歩に踏み出したり変わったりできないもの。そこで私は、「自ら限界に追い込む」ことが大切だと考えて、この言葉を座右の銘のひとつとしたのです。


瀧本哲史

肥満は「伝染」します。ハーバード大学医学部のニコラス・クリスタキス教授は、1万2067人を対象に32年間におよぶ体重の遷移を、その人の配偶者、兄弟、親戚、友人関係などの社会関係とともに詳細に分析しています。調査の結果、「肥満の友人がいると、肥満になる確率は57%上がる」ということが明らかになりました。しかもこの傾向は、特に親しい友人が肥満である場合に加速する傾向が強い。肥満の友人が多いと、別に肥満でも問題ない、むしろ肥満でなければいけない、と思うようになる。これが「同調圧力」です。東京大学の合格者が多い「名門校」が生まれる構造も同じです。名門校に入ってきた生徒の学力はたしかに高いのですが、合格実績はそれだけでは説明がつきません。灘や開成、麻布といった名門校では「東大に行くことが当たり前」であるがゆえに、多くの生徒か東大に行くのだと考えられます。


山本高史

自分がいて、離れたところに他者がいる。このあいだを線で結ぶのがコミュニケーションだと思っている人は多いのですが、それでは相手に「当たる」話ができません。そうではなく、経験が増えることで自分が膨らんでいき、他者の一部と自分の一部が重なるようになる。経験が増えてもっと膨らめば、他者を飲み込めるようになる。これがコミュニケーションの姿だと僕は思います。


松沢幸一

生産と営業の間には物流があり、このほか調達、商品開発もあります。サプライチェーン全体でコンパクトなラインをつくっていく。市場の情報を察知して、コンパクトなフォーメーションの中で素早くボール(商品)を回し、ラインを押しあげる必要があります。
【覚書き|商品製造から販売までの時間短縮についてサッカーに例えて語った言葉】


唐池恒二

鉄道ファンには怒られてしまいますが、実は私はそもそも鉄道があまり好きではないのです。旧国鉄に入ったのも、先に国鉄に就職していた柔道部の先輩に餃子を大量におごってもらったから。今思えばずいぶん安い契約金でした(笑)。ただ、だからこそ鉄道好きではない人の気持ちがわかる。たとえばSLを復活させるにあたり、鉄道ファンからは「昔のままの姿で」と要望が来るわけですが、私は鉄道ファンではないから聞き流してしまう。むしろ「どうしたら若い女性や親子連れに乗ってもらえるか」を考え、現代風にリニューアルするわけです。


三浦善司

立て直しのためにリコーフランス社長として赴任したのだが、最初に全員を集めて、わざと「経済的理由による解雇をします」とスピーチした。ショック療法だ。本社機構も丸の内のような場所から、郊外に移した。いわゆる丸の内レディのような社員は辞めていった。偉そうにしていた社員は、別の偉そうにしている社員の部下につけた。


堀史朗

最も脳内伝達物質が減ってしまうのが「同じことばかり考えているとき」です。仕事でも家事でも、ずっと同じことばかり考えていると脳内伝達物質が減ってしまうのです。しかし現実的には、仕事の多くは「同じことを考える」ことが求められます。さらに最悪なのは「答えが出ない」問題。「仕事でトラブルがあり、解決策がまだない段階で謝罪に追われる」「どう考えても無理なノルマに向けて仕事をさせられる」などです。


山本周五郎

能ある一人の人間が、その能を生かすためには、能のない幾十人という人間が、眼に見えない力を貸している。