名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山口純史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山口純史のプロフィール

山口純史、やまぐち・じゅんし。日本の経営者。ルネサスエレクトロニクス会長。慶應義塾大学工学部卒業後、日本電気(NEC)に入社。NECエレクトロンデバイス企画室長、NECエレクトロニクス企画本部長、執行役員、常務などを経てNECエレクトロニクス社長に就任。その後、ルネサスとの合併でルネサスエレクトロニクス会長に就任。

山口純史の名言 一覧

リーダーシップとは、自分でこうするんだという意志力だと思っています。だから、あとはブレないことです。夢を語り、正直であり、みんなの前で逃げない。逃げないで、つらいことをどんどん決めていくのがマネジメントです。もう僕自身はすごく腹をくくれているので、全然気にしないでやっています。


僕の役割は、現場に降りていき、現場経営をやることです。僕のことを社長と呼ぶなと言っています。若い連中は僕のことを「JJ」と呼んでいるんですよ。もう呼び捨てにしています。タイトル(役職)で人を呼ぶと、もうそれだけでプレッシャーになって、社長の前でしゃべれないやつがいっぱいいます。その辺のおじさんだと思って議論せいと言っています。
【覚書き|JJとは海外勤務時につけられた山口氏のニックネーム。ジャパンもしくはジャパニーズの「J」と純史の「J」をつなげたもの】


会社の連中には、「技術の蓄積を否定するわけではないけれど、やり方を変えないと、もう生き残っていけない」という話を、いまずっとしています。


僕には簡単な原理原則があって、たとえば製品だったら強いほうに寄せ(選び)ます。これだけです。言葉はシンプルです。
【覚書き|ルネサスとの経営統合直前の発言。重複分野でどちらの会社のものを活かしていくのか閉鎖していくのかについて語った言葉】


これまでの半導体の常識といえば、要するにものすごく複雑な高機能のものをつくってやってきたわけです。ところが、グローバルにはそれはもう通用しなくなってきています。たとえば中国やインドに見られるように、安くて、量の出る市場が勃興しています。それから、半導体でも消費電力の低減や機器の融合ということが大きなテーマになってきています。


山口純史の経歴・略歴

山口純史、やまぐち・じゅんし。日本の経営者。ルネサスエレクトロニクス会長。慶應義塾大学工学部卒業後、日本電気(NEC)に入社。NECエレクトロンデバイス企画室長、NECエレクトロニクス企画本部長、執行役員、常務などを経てNECエレクトロニクス社長に就任。その後、ルネサスとの合併でルネサスエレクトロニクス会長に就任。

他の記事も読んでみる

竹中平蔵

年齢や人生の節目とともにスイッチの切り替えが必要です。企業にしても収益を大きくする上で、売上げの最大化と費用の最小化はどちらも大切です。それでも、時機に応じてどちらに重点を置くかスイッチングする必要があります。


ロバート・アレン

私は声を大にして言います。従業員を必要としないビジネスを選びましょう。そうすれば、雇用にも解雇にも頭を悩ませる必要はないのです。人手が必要になった時は、外注すればいいのです。


井上ひさし

読者の3割は絶賛するし、他の3割は批判する。だから残りの4割だけを考えなさい。


岡庭豊

医学生時代に、医師国家試験に合格するためにこんな参考書があればいいなという思いから作り始め、現在もユーザーの視点で作っているので、多くの読者の支持を得られているのだと思っています。経営者となった今でも、私自身が企画の段階から目を通し、現場の編集者にはもっとこうしたらわかりやすくなるんじゃないかとアドバイスしています。
【覚書き|メディックメディアのベストセラーのイヤーノートについて語った言葉】


山口佐貴子

人には、視覚で覚えるのが得意か、聴覚で覚えるのが得意か、身体を動かして(身体感覚で)覚えるのが得意かの、三つのタイプがあります。ですから、キーワードを覚えるときは、自分がどのタイプなのかを意識して、自分に合った方法を選びましょう。視覚派の人なら、漢字をビジュアル的なデザインとして捉える。聴覚派の人なら、声に出して読み、自分の声を耳で聴く。身体感覚派の人なら、自分の手で何度も書く、といった方法で覚えるわけです。


川上未映子

SNSの普及によって、いろんな立場の人の様々な意見が可視化される時代になりましたよね。性をめぐる問題についてもそう。今がフェミニズムの第何波になるのかわからないけれど、女性でいること、女性であることについて、発見と拡散による共有の機運は確実に高まってきています。女性が女性について、語ったり書いたり読んだりする本をつくるのなら、今このときしかないんじゃないか。書き手を全員女性にして100年のスパンで作品を集めてみたら、きっと見えてくるものがあるはず。そう思いました。


加藤秀一(不動産コンサルタント)

自分の気持ちを送って、相手から返事がもらえることが嬉しくて。どんなに忙しくてもハガキと手紙を書いているのは、あのときの喜びが原動力になっているからかもしれません。


荒金雅子

いまの時代に必要な人材は、自分で考え判断し、自ら率先して行動する人材である。変化の激しい時代に、「学習」しないとどうなるか。答えは明らかだ。目の前の仕事だけに追われていて、どうやって自分の付加価値やスキルを高められるのか?自己投資の時間の差が、今後のキャリアに決定的な差を生むのである。


山久瀬洋二

片言の英語でもいいんです。重要なのは徹底的に食らいついてくる姿勢。ガッツがあって、ニーズをガンガン言う。英語圏ではそんな人が一番評価される。


江川達也

社会というのは、これまで自分が見たことのない問題にばかり出くわすところだ。自分の頭で考えられない人間が増えれば、その国は滅びてしまう。


大平浩二

不祥事か、不祥事でないかの境界線は、実は曖昧なものです。法律違反であれば明らかな不祥事ですが、法律違反ではなくても、社会的良識で考えて不祥事と呼ばれるケースもあります。実際、神戸製鋼所のデータ改ざんも、顧客企業との契約違反ではあっても、国が決めた安全基準を下回るような法律違反ではありませんでした。このように、不祥事の定義や範囲には様々な見方があるといえます。ですが、不祥事が起き続けていることには変わりがありません。


村山昇

「どうしてうちの上司は○○してくれないのだろう」と不満を抱いている部下も多いと思いますが、厳しいことを言えば、それは一種の甘えなのです。不満をためこんだり、愚痴をこぼしたりしているだけでは、上司の態度は変わりません。それよりも、部下である自分の方から積極的に上司に働きかけてみてはどうでしょうか。