名言DB

9425 人 / 110833 名言

山口瞳の名言

twitter Facebook はてブ

山口瞳のプロフィール

山口瞳、やまぐち・ひとみ。日本の男性作家、エッセイスト。東京市出身。鎌倉アカデミア在学中から同人誌に作品を発表し始める。国土社勤務を経て國學院大學文学部に入学・卒業。河出書房、知性社などを経て壽屋(のちのサントリー)に入社。PR雑誌「洋酒天国」の編集者、コピーライターとして活躍。『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞を受賞。

山口瞳の名言 一覧

行儀のいい社員は、最初は少しも目立たないけれど、ある時期になると、ボーンと飛躍的に伸びる。


いい店であるところの最大の条件は、従業員の感じがいいかわるいかにかかっている。


上等な店に行くこと、そこで失敗すること。その失敗から学ぶこと。
【覚え書き|「テーブルマナーを身につけるにはどうしたらいいか」と問われて】


会社のものであるからといって乱暴に扱っていいという法はない。もっと丁寧に扱いたまえ。


(結婚式などの)出欠を求められたら、できればその日のうちに返辞をしたほうがいい。相手の身になって考えることが大切なのではあるまいか。


サラリーマンの余興だけは「負けるが勝ち」が適用されると思う。決してあんなもので勝っちゃいけませんよ。


エチケットとは形骸であるに過ぎない。そのことにあまり意味はない。しかし、それを知ることによって、社交上のイザコザが起きないのだとしたら、知っておいたほうが便利である。


時には破目を外すことがあってもいいから、ともかく行儀よくやれよ。
【覚え書き|新入社員への激励の言葉】


いつでも上等の背広を着ていないと気がすまない人がある。会社へ行っても、同僚よりも汚い机をあてがわれたといって怒る人がいる。その机の配置を妙に気にする人がいる。私はそういう人を野暮ったいと思う。どちらかというと、そういう人が嫌いだ。


絶対に遅れないようにするには、午後6時に集合というときは、5時半に集合だというように30分ずらせて思いこんでしまうことである。これを3回ぐらいやってみると、それが癖になって絶対に遅れないようになる。


マナーで大事なのは他人に迷惑をかけないこと。これを突きつめてゆけば、あるいは、その最大なるものは「健康」ではないかと思われる。健康であることは、自分のためであり、他人のためである。


山口瞳の経歴・略歴

山口瞳、やまぐち・ひとみ。日本の男性作家、エッセイスト。東京市出身。鎌倉アカデミア在学中から同人誌に作品を発表し始める。国土社勤務を経て國學院大學文学部に入学・卒業。河出書房、知性社などを経て壽屋(のちのサントリー)に入社。PR雑誌「洋酒天国」の編集者、コピーライターとして活躍。『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞を受賞。

他の記事も読んでみる

松尾康史

相手と自分との間に「愛と感謝の海を作る」ことができたからこそ、お客様の心にスムーズに近づくことができた。


横山光昭

お金を貯められる人、貯められない人を分けるポイントは、お金のコントロール力、つまり普段のお金と正しく付き合う力です。この力があれば、収入が少なくても貯金は可能です。


北川登士彦

本当に欲しい情報を得たいと思ったら、本を読むよりも直接会って話を聞いたほうがいい。手間がかかっても、必ずそれ以上のものを得ることができる。


清田瞭

自らに厳しい会社は業績が上がっている。


永井浩二(経営者)

「大人数を相手に一斉に話しているから伝わらないんじゃないか」と、これまでの反省を踏まえ、100人の支店に行っても、まず課長を10人ほど集めて話をし、さらに、若手と中堅の代表者を10人ほど集めて話すというツーセッション制にしました。人数を絞ったことで、一人一人に対し「いまどうなっていますか」「どんな悩みがありますか」と私から投げかけることができるようになりました。相手もリラックスしてきて、質問や意見が出てくる。それに対して私が答えると、社内のイントラネットで見たことと一緒だとみんなが理解し、私の本気さを感じてくれます。


吉越浩一郎

社員と話すときはジョーク連発、ランチに誘っては面白い話をしていました。人は笑うと気持ちが切り替わります。どんなに大変でも、笑うとまたやる気が出る。ついでに、笑わせることで「社長、厳しすぎるぞ」という不満も消えてくれれば万々歳。仕事に必要なのは、厳しさと明るさ。その双方を醸成することが大事なのです。


庄野直之

改革をするということは、今までやってきたやり方を否定するわけですから、時に設備も人も整理する必要が出てくる。だからこそ難しい。このイノベーションをやり切るには、ブーイングを浴びる覚悟があるかどうか。


山田哲矢

下請けではなく、いっそのこと元請けになったらどうかと考えた。プロフェッショナルぞろいの防水工事業者と違って、元請けの社員は専門知識もないし、営業力もあるようには見えない。防水のやつらと喧嘩するより、元請けと顧客を奪い合うよう環境を変えた方が勝つ機会は増えると。


吉越浩一郎

頭の回転自体を早めることは難しいかもしれませんが、思考や仕事のスピードは、工夫次第でいくらでもあがります。


安渕聖司

脳も身体の一部ですから、体調が悪いと新しいことを考えるだけのパワーも生まれません。体調が良いと、発想やアイデアも生まれやすくなります。