名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山口瞳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山口瞳のプロフィール

山口瞳、やまぐち・ひとみ。日本の男性作家、エッセイスト。東京市出身。鎌倉アカデミア在学中から同人誌に作品を発表し始める。国土社勤務を経て國學院大學文学部に入学・卒業。河出書房、知性社などを経て壽屋(のちのサントリー)に入社。PR雑誌「洋酒天国」の編集者、コピーライターとして活躍。『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞を受賞。

山口瞳の名言 一覧

行儀のいい社員は、最初は少しも目立たないけれど、ある時期になると、ボーンと飛躍的に伸びる。


いい店であるところの最大の条件は、従業員の感じがいいかわるいかにかかっている。


上等な店に行くこと、そこで失敗すること。その失敗から学ぶこと。
【覚え書き|「テーブルマナーを身につけるにはどうしたらいいか」と問われて】


会社のものであるからといって乱暴に扱っていいという法はない。もっと丁寧に扱いたまえ。


(結婚式などの)出欠を求められたら、できればその日のうちに返辞をしたほうがいい。相手の身になって考えることが大切なのではあるまいか。


サラリーマンの余興だけは「負けるが勝ち」が適用されると思う。決してあんなもので勝っちゃいけませんよ。


エチケットとは形骸であるに過ぎない。そのことにあまり意味はない。しかし、それを知ることによって、社交上のイザコザが起きないのだとしたら、知っておいたほうが便利である。


時には破目を外すことがあってもいいから、ともかく行儀よくやれよ。
【覚え書き|新入社員への激励の言葉】


いつでも上等の背広を着ていないと気がすまない人がある。会社へ行っても、同僚よりも汚い机をあてがわれたといって怒る人がいる。その机の配置を妙に気にする人がいる。私はそういう人を野暮ったいと思う。どちらかというと、そういう人が嫌いだ。


絶対に遅れないようにするには、午後6時に集合というときは、5時半に集合だというように30分ずらせて思いこんでしまうことである。これを3回ぐらいやってみると、それが癖になって絶対に遅れないようになる。


マナーで大事なのは他人に迷惑をかけないこと。これを突きつめてゆけば、あるいは、その最大なるものは「健康」ではないかと思われる。健康であることは、自分のためであり、他人のためである。


山口瞳の経歴・略歴

山口瞳、やまぐち・ひとみ。日本の男性作家、エッセイスト。東京市出身。鎌倉アカデミア在学中から同人誌に作品を発表し始める。国土社勤務を経て國學院大學文学部に入学・卒業。河出書房、知性社などを経て壽屋(のちのサントリー)に入社。PR雑誌「洋酒天国」の編集者、コピーライターとして活躍。『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞を受賞。

他の記事も読んでみる

荒川勉

自分の夢を実現させてくれる企業を作っていく。そして私だけでなく次への夢を応援する会社でありたい。


徳光正子

初代伊助のころから、花外楼に受け継がれてきた料亭の理念。それは「誠実」というひと言に尽きると思います。伊助はとても実直な人で、ごひいきの政治家の方が「これ、お前にやろう」と戦利品を譲ってくださろうとしても、いっさい受け取らなかったといいます。そんな物をいただいたら遺恨が残るだろうと。ふつう権力を持つ人と知り合ったら、それを利用し、便宜を図ってもらおうとするものですが、伊助はそれが嫌いだったのです。反骨精神もあったかと思うのですが、とにかく潔癖で誠実。そうであったから、維新の志士たちも心を許し、ここなら大丈夫と、花外楼を常宿にしてくださったのでしょう。


安田隆夫

私は社員に相手の立場で発想するように説いている。具体的には「どうしたら顧客に喜んでもらえるか?」「滞在時間を長くしてもらえるか?」「来店頻度を増やしてもらえるか?」「買い得だと思ってもらえるか?」を徹底して考えていくのである。


後藤亘

私は今後、中世の都市国家じゃないですが、都市間交流が活発になるのではないと思っています。欧州であればロンドンやパリ、ミュンヘンなどが、北米ですとニューヨークなど3、4か所くらいでしょうか、そして日本であれば東京でしょう。そういった大都市のエネルギーが拡大していく時代を想定すれば、国際都市東京でのテレビジョンの視点、座標軸が見えてくるのではないだろうかと思うのです。逆にそういった視点を持たなければ埋もれてしまう、そう考えています。


鶴光太郎

あえて苦手意識のある仕事に挑戦してみる。得意なことより苦手な分野の方が、ハードルが高くなり、自身を追い込んで成長しやすくなる。


宗次徳二

私は口下手です。話し上手な人なら、お客様を思う気持ちやサービスの在り方を研修などで社員に的確に伝えられるかもしれません。しかし、私はどうもそれが得意ではない。もちろん自分なりに伝える努力はしていますが、それでも伝えきれない感じが残ります。そこで考えた私なりの最良の方法が、現場に入って実際に自分で指導することなのです。


加賀見俊夫

川崎(千春・初代社長)さんが高橋(政知・2代目社長)さんを信用し、高橋さんが私を信用してくれました。ですから、私は2人の意思をつないでいかなければなりません。いくら経営がバトンタッチされても、意思がつながっていかないとおかしくなってしまいますからね。


川端裕

自分の提案を上司に受け入れてもらうためには、日ごろのコミュニケーションがいかに大事かということです。上司がどんな仕事を抱え、何を重要視し、何を一番求めているのかを知る必要があるからです。


箭内道彦

フジテレビの仕事のときは、競合他社がすでにかなり入り込んでいたので、「どんな小さな仕事でもいいので、ぜひやらせてください!」と、クライアントにアピールしました。相手も、「バカだけど、かわいい奴だな」と思ってくれたのかもしれません。ドラマのポスターの仕事をいただきました。それが数年後、「きっかけは、フジテレビ」のキャンペーンの仕事につながっていったんです。


高橋一生(俳優)

脚本は小説と違って、自分の役が決まっている状態で読むので、ファーストインプレッションがとても大事なんです。「よし、この役だ」と覚悟を決めて本を開くので、その時点ですでにカロリーを使っている(笑)。それは楽しい作業ではあるんですけれど。


荻田伍

私がアサヒ飲料の副社長になったのは2002年です。同社はそれまで3年続けて当期利益が赤字で、給料も下がり、先が見えない状況でした。ビール本体からの出向ですから、プロパー(その分野の専門知識)を全く知らない。地方に行っては人を集めて一緒に飲みながら、とにかく情報開示とコミュニケーションに努めました。「このままでは会社は消滅し、上場廃止になってアサヒビールの傘下に入る。飲料事業は縮小になるから社員は辞めざるを得ない。そうなる前に自立していこう」と危機感を植えつけました。


藤原和博

アクティブラーニングを一言で言うと、児童生徒が「寝ない授業」だと言っているの。つまり生徒が主体的にそのテーマについて考えて関わっているということ。