名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

山口瞳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山口瞳のプロフィール

山口瞳、やまぐち・ひとみ。日本の男性作家、エッセイスト。東京市出身。鎌倉アカデミア在学中から同人誌に作品を発表し始める。国土社勤務を経て國學院大學文学部に入学・卒業。河出書房、知性社などを経て壽屋(のちのサントリー)に入社。PR雑誌「洋酒天国」の編集者、コピーライターとして活躍。『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞を受賞。

山口瞳の名言 一覧

行儀のいい社員は、最初は少しも目立たないけれど、ある時期になると、ボーンと飛躍的に伸びる。


いい店であるところの最大の条件は、従業員の感じがいいかわるいかにかかっている。


上等な店に行くこと、そこで失敗すること。その失敗から学ぶこと。
【覚え書き|「テーブルマナーを身につけるにはどうしたらいいか」と問われて】


会社のものであるからといって乱暴に扱っていいという法はない。もっと丁寧に扱いたまえ。


(結婚式などの)出欠を求められたら、できればその日のうちに返辞をしたほうがいい。相手の身になって考えることが大切なのではあるまいか。


サラリーマンの余興だけは「負けるが勝ち」が適用されると思う。決してあんなもので勝っちゃいけませんよ。


エチケットとは形骸であるに過ぎない。そのことにあまり意味はない。しかし、それを知ることによって、社交上のイザコザが起きないのだとしたら、知っておいたほうが便利である。


時には破目を外すことがあってもいいから、ともかく行儀よくやれよ。
【覚え書き|新入社員への激励の言葉】


いつでも上等の背広を着ていないと気がすまない人がある。会社へ行っても、同僚よりも汚い机をあてがわれたといって怒る人がいる。その机の配置を妙に気にする人がいる。私はそういう人を野暮ったいと思う。どちらかというと、そういう人が嫌いだ。


絶対に遅れないようにするには、午後6時に集合というときは、5時半に集合だというように30分ずらせて思いこんでしまうことである。これを3回ぐらいやってみると、それが癖になって絶対に遅れないようになる。


マナーで大事なのは他人に迷惑をかけないこと。これを突きつめてゆけば、あるいは、その最大なるものは「健康」ではないかと思われる。健康であることは、自分のためであり、他人のためである。


山口瞳の経歴・略歴

山口瞳、やまぐち・ひとみ。日本の男性作家、エッセイスト。東京市出身。鎌倉アカデミア在学中から同人誌に作品を発表し始める。国土社勤務を経て國學院大學文学部に入学・卒業。河出書房、知性社などを経て壽屋(のちのサントリー)に入社。PR雑誌「洋酒天国」の編集者、コピーライターとして活躍。『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞を受賞。

他の記事も読んでみる

堀場雅夫

人間は死ぬまで働ける。むしろ働いている方が元気や。定年後、すぐに老け込む人が何と多いことか。中小企業のおっさんなんて、ずっと仕事しよるから高齢でも皆生き生きしとる。


山内奏人

レシート買い取りのサービスは1日経たずに止めざるを得なくなりました。買い取り資金が圧倒的に足りなくなってしまったからです。僕たちが買い取るレシート画像は1枚10円で、1人1日10枚まで。せいぜい100円なので大丈夫だと思っていました。ところが、想像以上に反響がありまして。そこで、ビジネスモデルを見直して再開しました。レシートを買い取るのは同じですが、次は広告を流すモデルです。レシートを買ったあとの画面に、企業からの広告を出します。たとえば先日発表したのは、ガソリンスタンドのレシートを買い取るときに中古車買い取り会社の広告を出すというもの。ガソリンスタンドを使う人は車を持っているので、広告をクリックしてくれる率は高いと思いまして。


伊藤有壱

インスピレーションは常にどんな所からでも受けることができると思う。日常の何気ない会話、風景、テレビのニュースにもたくさんヒントがあります。モノそのものをジッと見て、「なんでこんな形してるのかな」などと考える。動物も建物もみな形には意味がある。それを読み解いたり、真逆に眺めると新しい発想につながったりします。


高島郁夫

僕の場合、ひらめきが得られるのは、体を動かしているときと、さまざまな職業や年代の人と会話しているときです。


都築冨士男

私を育ててくれた中内(功)さんは地価が上がり続けるものいう「土地神話」を信奉し、多額の借金をして店舗用地の先行取得を続けました。しかし、バブル崩壊で地価は急落し経営危機に陥りました。ダイエーは再建途上でローソンを売却し、総合スーパーのダイエーを残しましたが、むしろダイエーを売却し、成長の可能性を秘めたローソンを残せば経営再建できたのではないかと思っています。経営者にとって先見力がいかに重要かを示す象徴的事例です。


清水勝彦

経営者が1つ1つの「関所」をきちんと考え抜き、責任を持って任せることができれば、うまくいかなかった場合でも、どこが間違っていたのかをしっかりと振り返り、そこから学べることがあるはず。


瀬戸健

常に危機感があります。足元の管理は意外とうまく回っています。ただ(売上高が)3倍に増えたときを考えて、経営しています。次のステップにいけるかどうかの危機感です。


井深大

他人がやらないことに全力を注げ。


榎本まみ

督促の電話をするのがあんなに嫌だったのに、いまではむしろ楽しいです。「クレーム来ないかな~」とワクワクして。「仕事をなぜつらく感じるのか」を理解できてからは、ストレスがなくなりました。


長谷川穂積

自分に勝たずして、相手に勝つことなんてできませんよ。


齊藤多可志

独立当初は誰も理解してくれず、後輩と4畳半の事務所に寝泊まりする貧乏暮らしを2年続けました。「多くの人に広めていきたい」と夢を語り合ったから、一切迷いはなかった。


柏本湊

男性が節約をしたがらないのは、「せこい」「みみっちい」という感覚があるからでしょう。確かにかつては「男がお金を稼いで家に入れ、あとは口出ししない」という感覚でよかったかもしれません。でも、定期的なベアもなければ雇用も不安定な今のような時代に、同じ金銭感覚でいいわけがありません。