名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山口拓己の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山口拓己のプロフィール

山口拓己、やまぐち・たくみ。日本の経営者。プレスリリース・ニュースリリース配信サービス「PR TIMES」社長。愛知県出身。東京理科大学卒業後、山一証券、コンサルティングファームを経てベクトルに入社。ベクトル取締役などを経てPR TIMES社長を務めた。

山口拓己の名言 一覧

効率という言葉はあまり好きではありません。効率よりも、価値を認めてもらうことが大切。


親会社ベクトルの上場を後押ししてくれた方から「魚は頭から腐るものなんだよ」と言われ、ハッとしました。組織はトップから腐る。上場ゴールが起きるのもトップの責任だと改めて考えさせられました。


当社が成長してこられたのは、ベクトルグループにいたからでした。けれども、情報の「インフラ」になるためには、特定の親会社のもとでは成長に限界が生まれてしまう。そのためにも「脱ベクトル」を進め、他社とのシナジーで成長しようと決めました。そしてIPOを果たし、常に成長を目指す環境に身を置こうと決めました。


山口拓己の経歴・略歴

山口拓己、やまぐち・たくみ。日本の経営者。プレスリリース・ニュースリリース配信サービス「PR TIMES」社長。愛知県出身。東京理科大学卒業後、山一証券、コンサルティングファームを経てベクトルに入社。ベクトル取締役などを経てPR TIMES社長を務めた。

他の記事も読んでみる

クリスチャン・ディオール

情熱はすべての美の鍵です。情熱なしで魅力的な美など存在しません。


藤沢武夫

私は思うのですが、輸出をするからには、やはり国内がしっかりしていないといけません。もし不安が残るままに輸出に手をつけたら、あんなに金を注ぎ込むこともできなかったし、現地も動揺して、その後の成功は望めなかったでしょう。


吉越浩一郎

トリンプ時代に大きな成果をあげることができたのは、オーナーが日本の経営を私に思い切って任せてくれたことが最大の成功の要因だったと思います。オーナー企業のよさは、最近日本でも見直されていると聞く。株式を公開したことにより、無数にいる株主のさまざまな要求に応えるより、少数のオーナーのほうが、経営者もリーダーシップを発揮しやすいからです。私はそうした好運にも恵まれ、効率のよい経営ができたと自負しています。


伊藤羊一

右脳と左脳を刺激する話し方を意識することが大切。人は、ロジカルに考える左脳と、イメージや感情を司る右脳の両方を揺さぶられて初めて興味を持つ生き物。まずは、自分が感動できるアイデアをイメージし、話の核を形成します。聞き手は、はじめに伝える側の情熱を感じられなければ、興味を示しません。それを、伝わるようにロジカルに整理する。最後に、聞き手の感情を盛り上げる要素を加えるのです。右脳→左脳→右脳の順にストーリーを作れば、聞き手も耳を傾けるようになり、自ずと行動を起こします。


吉山勇樹

周囲の協力を上手に得るのも大事な段取り力です。多すぎる仕事は周囲と分担。未知の分野は先輩に聞く。取引先のキーパーソンについては前任者に教えてもらう。このように、上手に頼みごとをして、負荷を減らしましょう。それには、頼む相手の得意分野を把握しておくことが大切です。日ごろから観察して、それぞれの長所を見つけ出しておきましょう。


奥田陽一

自分の考えを内外に明確に示すために何か良い手はないものかと考え、年度ごとに漢字2文字のキーワードを考え、毛筆で書をしたためました。半紙に40枚ほど、社長室にこもって書くのが毎年の恒例行事でした。


寺島実郎

日本人が持つ宗教観で世界で際立って特徴的なのが、宗教に対する寛容性と対応性です。日本人は葬式は仏教、結婚式はキリスト教、新年は神社にお参りするという人もいますが、良く言えば、宗教に対する寛大さを持っていることが日本人の特色だと思えばいいんです。


武藤正幸

メンバーの中で、志願でなくやっているのは僕ぐらいです。でも今になってみると、それが逆によかったのかもしれないと思っています。そんな人間でも7年間本気でやっていれば好きになれることが分かったからです。


野部剛

当社が展開している「プロセスマネジメント」とは、製造業では以前から取り入れられているもの。目指すべき結果に至るためには、然るべきプロセスがあります。結果だけを管理するのではなく、営業活動を分解し、そのプロセスを見える化し、標準化する必要があります。その上で、営業活動を計画・実行・計測・分析・改善することができるのです。「プロセスマネジメント」は、業種業態を問わず、あらゆる営業スタイルに応用されています。


亀山敬司

社内を見渡せば死屍累々ですよ。失敗ばっかり。でもうちは未公開企業だから、ある意味赤字の方がいい。どっかの大企業みたいに粉飾する必要もない。ちょっとくらいの赤字なら構わない。


本木雅弘

31歳で主演を務めた『徳川慶喜』では、大河ドラマを1年間責任を背負うことの苦しさと、事実が残る歴史上の人物を演じることの難しさなど、心身共々、勉強させてもらいました。あの1年間の体験があるから、今回の『坂の上の雲』の秋山真之役も受けることができたんです。きっとなんの経験もないままでは、不安で急に3年間という長期の仕事には挑めなかった。


ホルスト・シュルツ

不況を言い訳にしてはいけません。それでは「我々は経済の調子がいいときだけビジネスが上手くいく」と言っているようなものです。