名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山口彰(日本深層心理研究会)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山口彰(日本深層心理研究会)のプロフィール

山口彰、やまぐち・あきら。神奈川県出身。日本深層心理研究会主幹。横浜出身。産業能率短期大学講師、産業能率大学経営研究所主任研究員、産業心理センター所長、経営コンサルタント、産業カウンセラーなどを経てNPO法人日本深層心理研究会主幹。主な著書に『究極の自己診断&改善術』『楽天的に生きる人間ほど成功できる』『失敗を苦にしない人間ほど大きくなれる』『自己変革の心理学』『ストレスに強くなるリラックス瞑想法』『男のスケールがグングンでっかくなる本』『でっかい強運がどんどんつかめる本』『ツキを呼び運が開けるちょっとすごい言い方』『人生成功のバイブル』など。

山口彰(日本深層心理研究会)の名言 一覧

ひとつの分野で成功体験を積むと、その成功体験がほかの分野にも波及していき、ふと気づくとイキイキした心理状態を獲得できている場合があります。そのイキイキとした心理が、さらに活動力を押し上げます。心理状態と活動力は車の両輪です。


高い目標設定は人生を向上させるのに役立ちます。しかし、到達不能な目標を設定してしまうと、達成できない自分を責める気持ちばかりが強くなり、精神の均衡を保つために責任転嫁をはじめてしまいます。


悲観症の人は、良くいえば堅実な人間です。常に将来を暗いものとしてとらえているため、備えをしっかり固めようとするからです。彼らが資格を取ったり、懸命に貯蓄をしたりするのはそのせいです。このタイプの人は大きく成功することはありません。悲観症の人が、多少なりとも楽観性を獲得して、精神を柔軟にするためには、自分の工夫やアイデアによって何かを成功させる経験を持つといいでしょう。そうやって人生は面白いものだと思えるようになれば、10回連続で失敗したときに11回目も必ず失敗だとは考えなくなるものです。


自分の弱点を知り、自分を変えられる可能性を信じ、こうありたいという人格像を描いてほしい。それを文章化し、目のつくところに貼っておくといいでしょう。


よく、人間の性格は変えられるか否かという議論がありますが、私は変えられる部分と変えられない部分があると考えています。人間の心は、タマネギのように重層的にできており、中心に近い感情は変えにくいですが、外側に近い態度・習慣は努力によって変えられます。自分を変えたいと思ったら、最も変えやすい心の外側の相から変えるのが得策です。外層が変われば、たとえ本質は変わらなくても、トータルで見たときの性格は変わります。


やらされ感の強い人は、与えられた仕事、役割の解釈の仕方に問題がある人です。ある仕事を与えられたとき、押し付けられた、強制されたと解釈するのではなく、その仕事の中に自分がチャレンジすべき目標や課題が含まれていると解釈できると、やらされ感を持たずに、主体的に仕事に取り組むことができます。


権威主義は、権威に従っていれば失敗を叱責されることがないから、生き方としては楽なのです。権威主義的性格の対極に位置するのは創造的な性格ですが、どちらを選択すればいい人生を送れるかは一概には言えません。ただし、権威主義的な傾向を捨てない限り、心の躍るような冒険や感動を体験できないことだけは確かです。


旺盛なチャレンジ精神は仕事をする上でも、成功をする上でも必要不可欠ですが、だからといってあらゆることにチャレンジ精神を発揮しようと試みても、逆に失敗を重ねて一層ひっこみ思案になるのがオチです。得意な分野からトライをして、徐々にチャレンジ精神を回復していくのが賢い方法です。


社会的成功者は一様に活動力が高いものですが、活動力のある人は、同時に心理状態もイキイキしているのが特徴です。一方、活動力の低い人は、自分に自信がなく、自分の可能性を信じられない人が多いのです。原因は幼いころからのマイナス体験の蓄積にあります。自分は結局何をやっても上手くいかないという思いが心の中で支配的になると、生活全般にわたって意欲が低下してしまいます。


山口彰(日本深層心理研究会)の経歴・略歴

山口彰、やまぐち・あきら。神奈川県出身。日本深層心理研究会主幹。横浜出身。産業能率短期大学講師、産業能率大学経営研究所主任研究員、産業心理センター所長、経営コンサルタント、産業カウンセラーなどを経てNPO法人日本深層心理研究会主幹。主な著書に『究極の自己診断&改善術』『楽天的に生きる人間ほど成功できる』『失敗を苦にしない人間ほど大きくなれる』『自己変革の心理学』『ストレスに強くなるリラックス瞑想法』『男のスケールがグングンでっかくなる本』『でっかい強運がどんどんつかめる本』『ツキを呼び運が開けるちょっとすごい言い方』『人生成功のバイブル』など。

他の記事も読んでみる

小笹芳央

組織というのは「人間」が集まって構成されています。組織で何か問題が起こると、あいつが悪いとか、こいつが悪いというように、「人」のほうに問題の原因を持ってきてしまいます。しかし、そうではなくて「間」に原因があるのだという見方をするといいでしょう。たとえば、本部と支社、営業部署と企画部署、技術と営業、正社員と派遣などです。人が集まったどこかとどこかの「間」で問題が起きているのです。なぜ「間」に問題が起こるかというと、それは両者のコミュニケーション不全の問題からなのです。


吉田洸二

普段はレギュラーよりも控えの選手とコミュニケーションを多くとるように心がけています。


熊切直美

何か特別な方法や秘策があるわけではありません。当たり前のことを、まさに現場で実践できるかどうかが差になって現れるのです。


北山禎介

いま、社内でも社員同士ができるだけフェイス・トゥ・フェイスでコミュニケーションをとることを奨励しています。メールの文字だけではやはり不十分です。忙しくても顔を合わせ表情やしぐさを確認し合ってこそ本当の絆が生まれるのです。これは、国境や年代を超えた、普遍的な価値なのではないでしょうか。


大野裕

うつの症状が軽くて、本人が仕事をしたい意思があるなら、仕事を続けながら治療することも可能です。治療の面からもそれが望ましいこともあります。しかし、配置換えや仕事の変更などをしても改善しない場合、または本人の希望がある場合、仕事を休むことも視野に入れていきます。


平林実

お客様に支持していただける商売を見つけるコツは何かというと、常に現場に出て自分の目でマーケットを見ることです。そして、始めた商売のどんな部分をお客様が喜んでくださっているか、あるいは不満に思っているのか、改善点を常に探し続けることです。


横田雅俊

一回一回のアプローチが蓄積されて財産になる。案件ベースのアプローチでは、案件が不発に終わったり、案件が終了した時点で顧客との関係がいったん白紙になってしまう。顧客との関係性をゴールに継続アプローチをすれば、案件が取れても取れなくても、関係性が積みあがっていく。関係性の蓄積は大きな武器だ。初めてアプローチしてきた営業担当者より、過去に何度かやり取りして自社の課題を知っている営業担当者のほうが話は早い。


小林達夫(経営者)

当社はメーカーですから、技術も製造現場も技術の蓄積や技能の伝承は一朝一夕にはいきません。今でも創業者の「人間の促成栽培はできないぞ」という言葉が頭から離れません。


小池百合子

知事になっても24時間、何かを考えてます。次は何しようかなとか、ああしようかなとか(笑)。それが楽しいのです。


佐藤優

初歩的なミスや小さな嘘ほど致命傷になる。早いうちに仕事の悪い癖は直さなければならない。そのためにあえて上司は部下を怒鳴ることも必要。ただし本気で怒るのはできるだけ少ない方がいい。年に1回か2回。それ以上になると、たんにキレやすい人になってしまう。


吉山勇樹

打ち合わせや会議などのアポイントはスケジュールに記載するものの、会議資料の準備や報告書作成にとりかかる時間をまったく考慮していない人が意外に多いものです。「会議当日までにやればいい」と考えていると、結局、会議前日に徹夜で作成することになります。そうならないためにも、具体的なひとつひとつの作業について「いつやるのか」を明確にスケジュールに組み込んでいくことが段取り上手の基本です。


吉田たかよし

難しいタスクは、後回しにしがちだけれど、とりあえず着手は早くしたほうがいい。というのも、難解な仕事ほど脳で処理する作業が複雑で、どうやればよいのか答えが見つからない。でも脳は自分で意識していないときも無意識に問題を解決しようとするデフォルト・モード・ネットワークという働きがあります。すぐには終わらないのが難解な仕事。手を付けて行き詰まったらほかのことをすればいい。寝るのもいい。その間に自動的に脳が情報の処理、整理整頓といった複雑な作業をしてくれ、そこからアイデアが生まれるのです。その時間をキープするためにも、やはり早くスタートラインにつく必要がある。