名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山口康寿の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山口康寿のプロフィール

山口康寿、やまぐち・こうじゅ。日本の経営者。百貨店や駅などで靴・鞄の修理、合鍵制作などを行うミスターミニットを展開するミニット・アジア・パシフィック社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、ユニーに入社。その後、南カリフォルニア大学経営学部大学院でMBA取得、イブ・サンローラン・パルファン社長、ゴディバ日本法人代表、カルバン・クライン日本法人代表などを経て、ミニット・ジャパン(のちのミニット・アジア・パシフィック)に移り、社長を務めた経営者。経営不振の同社の経営再建を成し遂げた。

山口康寿の名言 一覧

社長に就任した年、当社は業績低下が何年も続き、ついには赤字に陥っていました。不採算店のリストラを含む大改革が必要でした。リストラ対象を決める際、本来なら利益を基準にすべきですが、複雑になりがちです。私は誰にでもわかりやすい基準を設けることにしました。年商4000万円、2000万円、1000万円を区切りとして、直接指導する店、改装などの手を加える店、閉店もしくは業務委託に切り替える店に分類しました。それにより社員の納得を得ることができ、業績は急回復しました。


部下に指示を出すとき、結論を先に伝えるのが大前提です。表現もできるだけ平易にし、盛り込む要素も3つまでに絞る。さらに私の場合、3つのうち2つは、現場の従業員が見聞きしたことのある事柄と決めています。人は理解できないことには拒否反応を示します。号令、命令、訓令を届けるには、受け手の共感を得られるかどうかも計算に入れなくてはなりません。


社長に就任して間もないころ、英国本社から2か月ごとに上司が来日していました。上司は私に問題点と解決策の提示を求め、私の報告を聞いては内容をメモに書きつけました。次回の来日時に、メモをもとに一点ずつ確認するのです。それにいちいち「終わった」と答えていきました。半年ほどで口頭試験は終わり、チェーンストアの大事な戦略である出店に関しても事後承諾で済むようになりました。実力を認められたのです。


状況を見て勝てそうなときは攻めよというのが軍隊用語でいう「訓令」です。これは、訓令を与える相手に自主的な対応能力が必要で難しい。訓令を与える相手を見誤ると、組織に混乱をもたらしてしまいます。


百貨店や駅構内を中心に国内約300の靴修理スタンドを展開しています。各拠点の従業員は1から2名です。彼らを動かすために意識しているのは、軍隊用語でいう「号令」または「命令」型のコミュニケーションをとるということです。号令とは、準備を進めてきたことに対して最終的なゴーサインを与えることで、ある拠点を攻略せよというのが命令です。日常的に同じような仕事をこなしている人たちには、号令、命令がなじみます。


山口康寿の経歴・略歴

山口康寿、やまぐち・こうじゅ。日本の経営者。百貨店や駅などで靴・鞄の修理、合鍵制作などを行うミスターミニットを展開するミニット・アジア・パシフィック社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、ユニーに入社。その後、南カリフォルニア大学経営学部大学院でMBA取得、イブ・サンローラン・パルファン社長、ゴディバ日本法人代表、カルバン・クライン日本法人代表などを経て、ミニット・ジャパン(のちのミニット・アジア・パシフィック)に移り、社長を務めた経営者。経営不振の同社の経営再建を成し遂げた。

他の記事も読んでみる

唐池恒二

私はななつ星には、他の列車とは違うんだという特別感を漂わせたかった。そこであえて、事前情報の発信を制限しました。広告を出したのは、新聞1紙と月刊誌2誌だけ。駅貼りのポスターをはじめ、宣伝広告はほとんどしませんでした。隠されるとますます見たくなるのが人の心理ですよね。広告宣伝しないことが宣伝となり、注目度と期待値を上げることができました。


エリック・シュミット

重要なのは、グーグルの文化を維持すること。グーグルの文化とは、ユーザーを最優先し、製品の質と操作性を絶えず向上させること。


松浦正則

リーダーはバランスよく全体を見ることです。全体を大きくとらえて小さく実行することが必要ではないでしょうか。それから長期的な視点で物事を動かすには、常にトップと付き合い、ネットワークをつくっていくといった言わば情報戦略が重要になります。


辻庸介

著名な起業家の方と会うと、そのパッションに圧倒されます。「自分はまだまだ足元にも及ばない」と感じて、ショックを受けることもしばしばですね。


朝原宣治

短距離走はわずか10秒で終わります。けれど準備の冬期練習10か月前から始まる。裏を返せば、身体づくりも戦術も時間をかけ、じっくり積み上げなくてはなりません。本番直前にジタバタしたところで「勝負は決まっている」んです。


ルイス・ガースナー

危機は良き友。時間はライバル。
【覚書き|経営改革を成功させる秘訣とは何かと問われての言葉】


寺畠正道

今回の(ロシア4位ドンスコイ・タバックの)買収交渉は、足かけ3年かかりました。相手も我々の過去の取引内容を見ているので、回を重ねるごとに、いい方向に向かっていきました。「JTとだったら、一緒に仕事をしてもいい」と言ってくれた。ひとつひとつの信頼の積み重ねは本当に大事だと思います。


原田泳幸

私は上司と喧嘩をしたこともありましたが、やるべきことはちゃんとやって、その上で意見を言っていました。何もやらずに文句だけを言うのは一番駄目で、どうしようもないですね。私は失敗しても怒こらないけれど、やる気がない人に対しては怒ります。やる気というのはまわりの誰かがくれるものではない。自分自身の問題なんです。


山本昌(山本昌広)

ものすごく高い山の頂上に登った人たちって、この山を登るという強い気持ちを持った人たちであって、ふと気づいたらここに来ちゃったっていう人はいないんですよ。周りからやめておけ、冒険だと言われるかもしれませんが、夢を諦めず、あがきながらであっても前を向いて行動し続ければいいのです。


猪瀬直樹

わかっていないなら、わからせる。それが自分の評価を高める唯一の方法。評価は自分ではなく周りの人が決めるもの。自分にできるのは、周囲に認めてもらう工夫をすることです。その努力を放棄して、「上司は何もわかっていない」と不満を漏らしたところで、何の解決にもなりません。


冨田和成

株式投資は9連勝していても1つの大敗で全てが台無しになることがしばしば起こります。資産が少ないうちはリスクを取って高いリターンを狙う戦略もありますが、資産が増えた大富豪はわざわざ大勝負に出る必要がありません。むしろ「どれだけ確実に増えるか」という基準で、コツコツ10連勝、20連勝を目指します。これが大富豪の投資の特徴です。


岡本太郎

俗に「失敗は成功のもと」という。そんな功利的な計算ではなく、イバラの道に傷つくことが、また生きる喜びなのだ。通俗的な成功にいい気になってはならない。むしろ「成功は失敗のもと」と言いたい。その方が、この人生の面白さを正確に言い当てている。