名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山口峰伺の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山口峰伺のプロフィール

山口峰伺、やまぐち・みねし。日本の経営者。「ネッツトヨタ東名古屋」社長。富士通勤務などを経てキリックスリース社長、ネッツトヨタ東名古屋社長などを務めた。

山口峰伺の名言 一覧

一番の課題は、創業者の精神をいかに継承し、次代にどう伝えるか。


開店するにあたり優秀なスタッフをそろえました。ところが、一人ひとりが優秀でも、上手くいくとは限らないのです。皆、自信があるだけに、各々のやり方でやろうとしてしまう。


不易流行の精神が大事だと思っています。守るべきものは守る。創業者の言う「本物の心」を育てていくため、従業員の人間修養にはこれからも真剣に取り組んでいかなければなりません。その一方で、常にブラッシュアップしていく姿勢が求められています。お客様の目線に立って、さらにいいサービスを追求していきます。


山口峰伺の経歴・略歴

山口峰伺、やまぐち・みねし。日本の経営者。「ネッツトヨタ東名古屋」社長。富士通勤務などを経てキリックスリース社長、ネッツトヨタ東名古屋社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

白井一幸

北海道日本ハムファイターズでは、選手の自主性を重んじる一方で、「意識すればできることをやらない選手」には厳しく指導します。すべての選手に求められるのが、「どんな時でも最後まで諦めずに全力で戦う」ことであり、それがチームにおける不変のビジョンでもあります。


杉村健一

TOEICの目標点数は低いところから始めた方がいいと思います。高い目標点では実力よりはるかに難しい勉強をする必要があるので、つらくなって続きません。「土日の時間を全部勉強に充てる」などと言い出して、2週間程度で挫折するのはこのタイプです。まずは簡単な目標で達成感を味わって勢いをつけましょう。


ケリー・マクゴニガル

悪循環を断ち切る方法の1つは、とにかく「何かをやってみる」ことです。落ち込みから抜け出す方法が分からないままでも、いいのです。問題をすぐに解決する必要もありません。大切なのは、どんな小さなことでもいいから「今できること」を1つ、見つけることです。


柿山丈博

「それはムリ」「疲れた」など、ネガティブなことは言わないことをルールにしている。口に出すだけでネガティブになるクセがつくし、周りまでネガティブにするから。


ナディーン・ヴェヒタ・モレノ

私はキッチンに立つことに幸せを感じているので、勤務時間が少し長くても、まったく「つらい」とは思いません。


佐藤達郎

提案に至るまでに何をどう考えたかの経緯を、1つずつ簡潔に説明します。相手に「なるほど、そんなプロセスもあって、最終的にこの提案になったのか」と一緒に流れを追ってもらえば、結論にも同意してもらいやすい。


宮永俊一

私たちは自分たちの分野で必要となる総合的なシステム機能を設計するのが得意なんです。実際のシステム開発は専門の会社にお願いしますが。たとえば、サイバーセキュリティーでは我々が防御装置のコンセプトを設定し、NTTデータにシステムソフトウエアを作ってもらっています。これが一つのモデルですね。ITが本業の企業と真っ向から戦う気はありません。パートナーシップを結び、上手にITを使いこなしたいと思っています。


小山佳延

8年前に、アンケートを基に旅行の質を数値化できるようなシステムを全社に導入しました。いくら売れても質が悪ければその旅行を評価しない方針にしたのです。結果、2~3年で成果が出てきました。


田崎真也(田崎眞也)

一人として同じお客様はいないように、一人一人にふさわしいサービスは異なります。いいサービスには、常に変化が必要とされます。目の前のお客様が何を求めていて、どうすれば喜んでくれるかが瞬時に分かるようになるには、茶人が歩きながらでももてなしについて思いを巡らしていたように、四六時中サービスについて考え続けるよりほかないと思います。


橋田壽賀子

私の希望は、原節子さんのように、人に知られずひっそりと死にたい。だから死んでも絶対に公表はしないで、葬式もしないでと言ってあります。葬式をしないのは、私が葬式に行くのが嫌いだから。盛大なご葬儀のたびに本当に偲んでいる方はどれくらいいるだろうと思ってしまう。忙しいのに義理で来ていただいてもうれしくないし、もう私に義理を感じることもないんだから、お葬式はいらないと思ってます。


井上弘

今後もテレビ業界が生き延びていくためには、いろいろな調査もして、お客様に納得していただけるだけの訴求力をつけることが大事。


張本邦雄

いま中国でもアメリカでもTOTOをご評価いただいていますけれど、米中への進出をジャッジしたのは、私の4、5代前の社長です。私がいまジャッジしてブラジルやロシアやインドなどの新興国に参入しているわけですが、つまり、これが経営に効いてくるのは私の3代、4代後ということになると思うんです。そのころになったら、あの張本がジャッジしたからとんでもないことになったなんてケチョンケチョンにいわれるかもしれませんが(笑)。