名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山口勉(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山口勉(経営者)のプロフィール

山口勉、やまぐち・つとむ。日本の経営者。「でんかのヤマグチ」社長。東京出身。松下通信工業(のちのパナソニック モバイルコミュニケーションズ)勤務後、「でんかのヤマグチ」を創業。著書に『なぜこの店では、テレビが2倍の値段で売れるのか?』。

山口勉(経営者)の名言 一覧

会社を成長させるのには10年、20年という長い時間がかかりますが、潰れるのは一瞬です。ちょっと油断すれば、会社は倒産し、社員を路頭に迷わせてしまう。


大企業になることがヤマグチの目的ではありません。小さな会社であっても、小さな会社なりの商売や幸せというものがあるはず。


ヤマグチのやっている商売と量販店の商売は違うもの。ヤマグチはヤマグチなりに自分たちの商売をきちんとやっていけばいい。


「お客様のために働く社員のためのお店」と考えて社員を守り、社員たちとともにお客様の満足を追求したことが今につながっています。


商品の価値は、その値段だけで決まるものではない。素晴らしい付加価値があれば、高い商品でも買ってもらえる。


資金力がまるで違う量販店と商品の値段で争っても、小さな販売店が勝てるわけがない。


社員はみな、うちみたいな小さな会社に入ってくれた人財。こちらの都合でリストラなんてできません。


大手量販店が近所にできたとき、顧客を減らしたんですよ。増やすことをやめ、絞り込んだんですよ。顧客リストを3分の1に絞りました。確実性の高いお客様に絞り、つながりを持ってくり返し買っていただこうと。


社員がたった50名という規模であっても、始めたからには長く続けるべきでしょう。それが商売というものです。


不安を抱いているだけでは何もよくなりません。


ただ単に売り上げを上げるだとか、お客様の数を増やすということが目標であれば、それはとてもつらいことかもしれません。しかし、ヤマグチにおいては、粗利率の高さはお客様の満足の証。社員は、お客様に満足していただくためにも精一杯働こうと考えてくれるのです。


会社の状態を常に把握しておくことが日次決算の導入理由でしたが、社員にとってもいい影響を与えてくれました。日次決算だと、担当者ごとの成績が毎日分かります。「きのうの自分の粗利率は○○パーセントだけど、あの人のほうが××パーセントも高い」。そう、お客様への対応をしっかりやっている社員は、その働きぶりが粗利率に反映されています。粗利率が低い社員は、毎日の数字を見ながらもっと頑張ろうと思うことができるのです。


人間だと、調子が悪いとか、風邪ぎみで熱があるときには自分でも分かりますし、人に伝えることもできます。しかし、会社は放っておくと何もしゃべってはくれません。気づいたときには手遅れという事態を防ぐためにも日次決算は重要です。


掛け売りをやっていたころは、契約をして、商品を届けた時点で、会社にはまだ一銭も入ってきていないにもかかわらず、「よーし、売れたぞ」なんて喜んでいましたが、掛け売りを続けていると経営体質に甘さが残ります。


「これをやったら喜んでいただけるだろうな」と思うことを社員がみずから考えて実行しよう。お客様が困っていることがあれば、ヤマグチの商品でなくとも家電全般のトラブルを解決しよう。いや、家電に限らず、どんなことでもやろう。


どうするべきか悩んだ結果、私は粗利率を上げるという答えを見つけました。売り上げが減少しても、その分粗利率を上げれば、同じだけの利益を確保することができます。


近隣に大型家電量販店が続々と進出してきたことで経営難に陥ったとき、頭の中は、社員を守るということでいっぱいでした。彼らを路頭に迷わすことはできません。それに、社員一人を採用するのに、だいたい100万円以上のお金をかけていました。せっかく来てくれた優秀な人材をリストラすることになれば取り返しがつかない。そもそも規模の小さな会社ですから、うちに来たいと思ってくれる人が大勢いるわけではないという事情もあります。


一目見て分かるように営業車をシマウマ柄にしたのは35年ぐらい前のこと。また、お客様がお店に立ち寄る機会をつくるため、毎週末のイベントを30年以上続けています。小さな工夫を積み重ねた結果、ありがたいことに今年の5月、ヤマグチは創業50周年を迎えました。


周囲を6店の量販店に囲まれたとき、窮地に陥りました。売上げはさらに下がると予測できました。それなら粗利を上げるしかない。どうすれば値引きせずに買ってもらえるだろうかと考えた。そこで優良顧客に対して、訪問時に困りごとを聞き、無償で引き受けることにしました。その結果、他店と値段を比べられたり、「まけてよ」なんていわれなくなりました。


蛍光灯が切れたと連絡が入ればすぐ交換に行く。旅行中のペットの餌やり、植木の剪定、番組の予約録画……無料で行っている顧客サービスが「高売り」を成功させるカギ。なぜなら、うちの顧客の平均年齢は64歳。家族と別居の方も多いので、こうしたサービスは重宝されるんです。これが信頼になる。「困ったときに頼りになるから、やっぱりヤマグチで買うわ」という感じで。


山口勉(経営者)の経歴・略歴

山口勉、やまぐち・つとむ。日本の経営者。「でんかのヤマグチ」社長。東京出身。松下通信工業(のちのパナソニック モバイルコミュニケーションズ)勤務後、「でんかのヤマグチ」を創業。著書に『なぜこの店では、テレビが2倍の値段で売れるのか?』。

他の記事も読んでみる

杉本良明

まず大事なのは、攻撃に対して精神的に動揺しないこと。「こいつならいくら攻撃しても大丈夫だ」と相手に侮られると、攻撃はやみません。相手に「冷静だな」「タフだな」と思わせる対応をする。クレーム処理係になり切ったつもりで対応するといいでしょう。


土田雅人

私は仕事をするにあたって、「守破離」という言葉を大事にしています。まず大事なのは「守」で基本です。基本とは、徹底的に商品を語れるようになること、そして人と人のビジネスですから、髪型や服装など、相手に不快感を与えない気配りをする。お客さまとの出会いを大事にすることです。「破」はその上で自分に合った仕事のスタイルを確立し、ファンをつくっていく段階です。そして最後の「離」は、既存のものを破ること。言ってみれば「市場を創る」ということです。


廣瀬俊朗

一流の人とは、自分のことがしっかりできて、いつも進化し続けようとする人のことだ。


マイケル・ブルームバーグ

私はオプティミスティックで過去を振り返らないタチだから。今日が自分にとって最良の日であるといつも思ってやってきた。


臼井由妃

言いにくい内容を伝えるときは、言いにくそうにしないことがポイントです。人は自分が「言いにくい」と思っていると、いかにも言いにくそうに言ってしまいます。「言おうかどうしようか迷ったのですが……」といった枕詞がつくと相手は余計に身構えてしまいます。「ちょっとお時間よろしいですか。実は……」と単刀直入に伝えた方が、相手もすんなりと聞けるでしょう。


小飼弾

ビジネス書を読んで優れたビジネスマンに大化けする人というのは、逆説的な言い方をすれば、優れたビジネス書を選び出す能力に長けた人ではなく、むしろそこに書かれていることを素直に受け止めて実行する人です。


田中良和(GREE)

僕がラッキーだったのは、前職の楽天での経験があったことです。僕が楽天に入社したときは、まだ社員が数名でした。そこから会社がどんどん大きくなって、最終的には2000人を超え、プロ野球チームを保有するまでになった。そういう中で会社がどのように変わっていくかを、内部にいて逐一見てきたので、自分で会社を経営するようになっても、どれくらいの規模のときどんな問題が起こり、それはどうやって解決すればいいか、あらかじめわかっていました。それで初めての人よりも上手く対処できたと思っています。


岩瀬大輔

価値観は議論をしても意味がありません。価値観を形成する好みや立場は、人によって違うのが当然であり、それを無理に変えさせることはできないからです。価値観は共有できないからこそ、それ以外のインプット(前提となる事実や条件、目的)とロジック(論理)を共有することが、余計な争いの種を減らす最も有効な手段になります。意見調整の場に臨む際は、そのための準備を怠らないようにしましょう。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)

「機械化が進んでも人間の仕事は常に残る」という人もいる。だが、私は楽観主義者ではない。人間が機械の進化に追いつくのは困難で、両者が逆転する「転換点」はいずれ来る。


及川光博

私立の学校なので、高校受験、大学受験がなかったぶん、好きな演劇や音楽にとことん打ち込むことができたというのも、いまの僕をかたち作る大きな要因です。だって就職活動はもちろん、ほかのことは何にもしてないんですから。大学へ進むと、大手の俳優養成所へ通い、外の舞台にも立つようになって。音楽のほうも作詞作曲はもちろん、ライブで客を集めるようにまでなりました。


荻原博子

人間は他人から感謝されると自分の存在価値を確認することができ、生きるエネルギーになる。


津田純嗣

今ロボットの世界は、狭く深くなんです。これが横に広がる。ロボットを詳しくは知らないけれど、使ってみたい人はいると思います。そのギャップを埋めたい。