名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

山口勉(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山口勉(経営者)のプロフィール

山口勉、やまぐち・つとむ。日本の経営者。「でんかのヤマグチ」社長。東京出身。松下通信工業(のちのパナソニック モバイルコミュニケーションズ)勤務後、「でんかのヤマグチ」を創業。著書に『なぜこの店では、テレビが2倍の値段で売れるのか?』。

山口勉(経営者)の名言 一覧

会社を成長させるのには10年、20年という長い時間がかかりますが、潰れるのは一瞬です。ちょっと油断すれば、会社は倒産し、社員を路頭に迷わせてしまう。


大企業になることがヤマグチの目的ではありません。小さな会社であっても、小さな会社なりの商売や幸せというものがあるはず。


ヤマグチのやっている商売と量販店の商売は違うもの。ヤマグチはヤマグチなりに自分たちの商売をきちんとやっていけばいい。


「お客様のために働く社員のためのお店」と考えて社員を守り、社員たちとともにお客様の満足を追求したことが今につながっています。


商品の価値は、その値段だけで決まるものではない。素晴らしい付加価値があれば、高い商品でも買ってもらえる。


資金力がまるで違う量販店と商品の値段で争っても、小さな販売店が勝てるわけがない。


社員はみな、うちみたいな小さな会社に入ってくれた人財。こちらの都合でリストラなんてできません。


大手量販店が近所にできたとき、顧客を減らしたんですよ。増やすことをやめ、絞り込んだんですよ。顧客リストを3分の1に絞りました。確実性の高いお客様に絞り、つながりを持ってくり返し買っていただこうと。


社員がたった50名という規模であっても、始めたからには長く続けるべきでしょう。それが商売というものです。


不安を抱いているだけでは何もよくなりません。


ただ単に売り上げを上げるだとか、お客様の数を増やすということが目標であれば、それはとてもつらいことかもしれません。しかし、ヤマグチにおいては、粗利率の高さはお客様の満足の証。社員は、お客様に満足していただくためにも精一杯働こうと考えてくれるのです。


会社の状態を常に把握しておくことが日次決算の導入理由でしたが、社員にとってもいい影響を与えてくれました。日次決算だと、担当者ごとの成績が毎日分かります。「きのうの自分の粗利率は○○パーセントだけど、あの人のほうが××パーセントも高い」。そう、お客様への対応をしっかりやっている社員は、その働きぶりが粗利率に反映されています。粗利率が低い社員は、毎日の数字を見ながらもっと頑張ろうと思うことができるのです。


人間だと、調子が悪いとか、風邪ぎみで熱があるときには自分でも分かりますし、人に伝えることもできます。しかし、会社は放っておくと何もしゃべってはくれません。気づいたときには手遅れという事態を防ぐためにも日次決算は重要です。


掛け売りをやっていたころは、契約をして、商品を届けた時点で、会社にはまだ一銭も入ってきていないにもかかわらず、「よーし、売れたぞ」なんて喜んでいましたが、掛け売りを続けていると経営体質に甘さが残ります。


「これをやったら喜んでいただけるだろうな」と思うことを社員がみずから考えて実行しよう。お客様が困っていることがあれば、ヤマグチの商品でなくとも家電全般のトラブルを解決しよう。いや、家電に限らず、どんなことでもやろう。


どうするべきか悩んだ結果、私は粗利率を上げるという答えを見つけました。売り上げが減少しても、その分粗利率を上げれば、同じだけの利益を確保することができます。


近隣に大型家電量販店が続々と進出してきたことで経営難に陥ったとき、頭の中は、社員を守るということでいっぱいでした。彼らを路頭に迷わすことはできません。それに、社員一人を採用するのに、だいたい100万円以上のお金をかけていました。せっかく来てくれた優秀な人材をリストラすることになれば取り返しがつかない。そもそも規模の小さな会社ですから、うちに来たいと思ってくれる人が大勢いるわけではないという事情もあります。


一目見て分かるように営業車をシマウマ柄にしたのは35年ぐらい前のこと。また、お客様がお店に立ち寄る機会をつくるため、毎週末のイベントを30年以上続けています。小さな工夫を積み重ねた結果、ありがたいことに今年の5月、ヤマグチは創業50周年を迎えました。


周囲を6店の量販店に囲まれたとき、窮地に陥りました。売上げはさらに下がると予測できました。それなら粗利を上げるしかない。どうすれば値引きせずに買ってもらえるだろうかと考えた。そこで優良顧客に対して、訪問時に困りごとを聞き、無償で引き受けることにしました。その結果、他店と値段を比べられたり、「まけてよ」なんていわれなくなりました。


蛍光灯が切れたと連絡が入ればすぐ交換に行く。旅行中のペットの餌やり、植木の剪定、番組の予約録画……無料で行っている顧客サービスが「高売り」を成功させるカギ。なぜなら、うちの顧客の平均年齢は64歳。家族と別居の方も多いので、こうしたサービスは重宝されるんです。これが信頼になる。「困ったときに頼りになるから、やっぱりヤマグチで買うわ」という感じで。


山口勉(経営者)の経歴・略歴

山口勉、やまぐち・つとむ。日本の経営者。「でんかのヤマグチ」社長。東京出身。松下通信工業(のちのパナソニック モバイルコミュニケーションズ)勤務後、「でんかのヤマグチ」を創業。著書に『なぜこの店では、テレビが2倍の値段で売れるのか?』。

他の記事も読んでみる

A・S・ニール(ニイル)

最も良い教師とは子供とともに笑う教師である。
最も良くない教師とは子供を笑う教師である。


山本強(経営者)

当社の経営理念は「生活者の不利益解消」。創業当時、地盤調査会社は山ほどあり、後発の我々が勝つには、反対の側に立つしかないと考えた。つまり生活者のほうを向こうと思ったのです。


須藤元気

前向きに楽しんでいこう。勝ちも負けも、どちらも自分にとって意味があると肯定的に捉えれば、たとえ今日の試合は負けても次にもっと大きな試合で勝てるよ。実際、人生は何が負けで何が勝ちか分からないわけですし。


佐藤孝幸

目標に長期・短期があるなら、意識すべきは短期目標です。人間は、遠い目標によって自分の行動を律することができるほど強くありません。長期で取り組む必要がある場合も、今日は何をすべきか、一週間後まで何を終わらせるべきかといった短期目標に落とし込み、そこに神経を集中させます。


松村誠一(経営者)

語学はまったくできませんでしたが、若かったからまったく不安はありませんでした。行けば行ったで、なんとかなるだろうとおもっていました。
【覚書き|30歳のころ、シンガポールへ海外駐在員第一号として単身で送り出されたときを振り返っての発言】


森辺一樹

消費財メーカーにとって、アジア新興国で最も重要なターゲットは中間層であり、全ての戦略軸は中間層になくてはならない。どうしたら彼らに買ってもらえるのかを突き詰めていくことこそが、唯一の成功の近道。


安部泰洋

世の中を変える。起業はあくまでも手段です。自らの信念を実現するためにも、このビジネスでさらなる成長を図っていきたい。


マックス・シュティルナー

私は人を愛するが、それは利己心からの自覚があって愛するのだ。つまり、人を愛することが気持ちよく、自分を幸福にするからだ。


杉浦克典

持てる力を尽くしてもうまくいかないような難しい職務を与えられ、必死にもがく中で学んできました。一人でここまで来られたわけでは決してなく、その時々で周囲にいた師と呼べる人に導いてもらいました。


安永竜夫

一つの案件をまとめるには、まずしっかりと自分たちのやりたい形を定め、どう実現するかをプランニングする。我々はそれを「ゲームプラン」と呼びますが、どこでどういう交渉をすればやりたい形が実現できるのか計画を立てるわけです。あとは計画に基づいて、一つずつ交渉を進めていく。


バーニー・エクレストン

これは金儲けのビジネスではなく、大損をするもの。私は(FOMの)理事会から叱責を受けるだろう。(覚書き|トルコGPが行われるサーキット場イスタンブールパークを買収した時の言葉)


鈴木敏文

ありがちなのは、お客のときは不満があっても、仕事となると会社の都合で考えてしまうことです。どんなときも変わらない視点を持てば、悩んだり、迷ったりせず、判断できる。