名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山口京子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山口京子のプロフィール

山口京子、やまぐち・きょうこ。日本のファイナンシャルプランナー。愛知県出身。金城学院大学卒業。ファイナンシャルプランナーとして活躍。

山口京子の名言 一覧

節約、貯蓄で一番大切なのは、「始める」こと。まずは積立定期の口座を開設するなど、具体的な行動を起こしてみましょう。


自力で貯められないのなら、勝手にお金が貯まっていく仕組みを作ればいいんです。節約なら、携帯代や保険料の見直しがいちばん効く。いままでのムダが自動的に浮きますからね。貯蓄なら、積立定期や財形貯蓄を利用することで、毎月強制的に貯金をすることになるのでオススメですよ。


山口京子の経歴・略歴

山口京子、やまぐち・きょうこ。日本のファイナンシャルプランナー。愛知県出身。金城学院大学卒業。ファイナンシャルプランナーとして活躍。

他の記事も読んでみる

白岩直人

我々は「金融ソリューション」と事業内容を決めています。金融を通じて、企業の様々なニーズに対して、我々でなければ出せない答えを提供していこうと頑張っています。


岡田斗司夫

僕がノートにちょっとした思い付きから次に出す本の企画、仕事部屋の整理のアイデアまで何でも書き込みます。読んだ本も一字一句引き写すようなことはせず、印象に残った内容を自分の言葉で簡単に書いておけばいい。もし、しっかり引用しなければならなくなったら、そのときに本を見返せばいいのです。どこかに日付を入れておけばそれがインデックスになるので、あとから見返しても検索に困ることはありません。


永守重信

世界中で儲かっているどの会社を見ても、みんな状況変化に対する反応が速い。競争に勝つには、意思決定のスピードを上げるしかない。


竹内規彦

長期的なキャリア形成においては、初期の評価がとても重要です。戦略を見直すのであれば、できるだけ早いほうがいいでしょう。


藤沢武夫

私は思うのですが、輸出をするからには、やはり国内がしっかりしていないといけません。もし不安が残るままに輸出に手をつけたら、あんなに金を注ぎ込むこともできなかったし、現地も動揺して、その後の成功は望めなかったでしょう。


角山剛

長期目標では、途中で達成する自信が薄らぎ、不安を抱くようになります。その結果、新しいことにチャレンジしようとする意欲が弱くなり、現状維持志向が強まります。目標の分割は、このような不安を減らし、現状維持から一歩踏み出すきっかけを与えてくれるのです。


越智仁

航空機や自動車の部品、ゴルフクラブのシャフトなどに使われる炭素繊維は、単純化して言えばアクリル繊維を焼いて製造したものです。指1本分ほどの径に約2万4000本の繊維が入っています。繊維1本1本の精度が重要で、そのうちの1本でも切れたら性能が低下します。原料となる糸をどう作るか、いかに焼くかに技術とノウハウが詰まっています。これを製品として世に送り出せたのも、長年にわたり糸を扱い、糸を知り尽くしていたから。繊維事業で培った技術やノウハウなしでは新しい製品など生み出せず、今の三菱レイヨンは存在しなかったかもしれません。


荻野勲(経営者)

社員からのリアルな声も聞きたくて、「車座」という座談会を定期的に開催しています。10人前後の社員を集め、ざっくばらんに「ここがおかしい」「もっとこうすべき」などと言い合う場です。


松井忠三

確かに残業代も大きなコストですが、一番大きい目的は生産性を上げることです。ホワイトカラーの生産性を上げるのは一筋縄ではいきませんが、単に生産性を上げろといっても放っておくと通常のペースに戻ってしまいます。


堺屋太一

日本式経営を支えたのは三本の柱である。第一の柱は「閉鎖的雇用関係」、年功序列、終身雇用、企業内組合である。第二の柱は「先行投資型財務体制」である。企業は配当や賃金を低めに抑え、内部留保を厚くして先行投資を行った。第三の柱は「集団的意思決定方式」だ。意思決定に時間はかかるが不満はない。社長が決断を下すころには、全社員が内容を知っている。だから「決定は遅いが、実行は速い」という日本的特徴が生まれた。


隅田浩

僕は会社から定められたポジションの制限をたった一度だけ逸脱してしまったことがあります。会社からの大きな期待とロイヤリティーで、絶対に負 けてはいけないというプレッシャーの中でトレードしており、本来ならば冷静にカットしなくてはならない状況でポジションを積み上げてしまったのです。この失敗で学んだのは、自分の限界を知るということです。自分で対処できないリスクは絶対に取ってはいけないと肝に銘じました。僕のトレーダー人生の中で最大の勉強となっています。


俣野成敏

30歳の頃、勤めていた会社が50年ぶりの赤字転落。社内に「早期退職」を勧める告示が出たのですが、2度目の対象が「30歳以上」だった。そこで生き方のスイッチが切り替わった。会社という沈まない船に乗っていたつもりが、その安堵感は沈み欠けた船に乗っている危機感に変わった。同時にものの考え方をガラリと変えた。まず定年までどうやって、のらりくらりと生きていくか、という発想を捨て、社内ベンチャー事業の募集に手をあげた。