名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山口ひろみ(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山口ひろみ(経営者)のプロフィール

山口ひろみ、やまぐち・ひろみ。日本の経営者。「ジャパンライフ」社長。東京出身。聖心女子大学文学部外国語外国文学科卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科前期博士課程修了。MBA取得。ジャパンライフに入社。マトリックスワールド(のちのジャパンライフのマトリックスワールド事業部)社長、ジャパンライフ経営企画室取締役室長などを経て社長に就任。

山口ひろみ(経営者)の名言 一覧

お客様のニーズに対応していくことで現在のビジネスモデルにたどり着いた。買ったら終わりのビジネスから、末永くお付き合いのできる事業の仕組みに変わっていった。


伸びる人は何事にも一生懸命に続けていける人。そして、自分の頭で考え、行動できる人。


地元に溶け込むのに5年はかかります。店舗を開設して地域にじっくり密着・定着することで、徐々にお客様からの信頼を得ることができるんです。


社員教育で工夫していることは、現場で仕事を任せるということ。どんな仕事もそうだと思いますけど、まずは仕事を任せて、その中で自ら考えていけばいい。


自助というのはやはり予防です。病気にならないように予防しようとか、風邪をひかないように気をつけようとか、それは基本中の基本ですよ。それなのに何かあったら誰かが助けてくれるだろう、守ってくれるだろうとの考えから、抜け切れていないように思います。


原材料以外、すべて自前で開発・製造・供給・販売を行っている当社では、いずれの部門も従来以上の機能を達成できなければ、成長はできないと考えているからです。どれかが欠けた状態では、きめ細かいサービスは実現できませんし、信頼や品質を損なうことになりかねませんから。


より優れたスペックを追求するため、新たな技術には常にアンテナを張り巡らせています。技術の進歩により、かつては不可能だった企画が実現できるようになったケースも少なくありません。


相手の気持ち、お客様の気持ちが分かる人。相手の気持ちを慮ることのできる人。そして、商品をお勧めするからには自分たちの商品に愛着を持ち、商品の効能や特性をよく理解する。そういう人たちは伸びています。


県庁所在地やその地域で働く若い人が集まる場所も立地条件の一つです。人手不足というのは全産業に共通の課題になっていますけど、常に人は不足しているので、社員の採用がしやすい地域を選んでいます。


必要以上に女性を持ち上げる必要はないと思いますし、やはり、男女の別なく一から育てていくことが大事であろうと。そうやって主任や係長、課長という立場になっていけば、実力に見合った仕事の内容になっていくわけですから、後は上がるも下がるも本人たちの努力次第です。


経営幹部というのは「育てます」といってすぐに育つものではありません。プロ経営者のような優秀な経歴・手腕を持った人が次々に出てくるわけではないし、やはり大事なことは一般の社員を下からきちんと育てていくということです。それに加え、本人たちもしっかりと自覚を持って育とうと思わないとダメ。


高齢者の方々は、社会とのつながりがとかく希薄になりがちである上、一人暮らしの方も増えてきています。そういう状況を鑑みて、ジャパンライフの店舗を地域のコミュニティーにしていきたいですね。気軽に立ち寄れる場所、知っている人たちがいつもいる場所、そして健康に関する情報が得られる場所でなければならないと考えています。


当社の店舗というのは高齢者の働き場所や居場所を提供する。言い換えると地域のコミュニケーションセンターのようなものなんです。だから、商品体験会だけでなくて、時にはゲートボール大会を開いたり、パットゴルフ大会をやってみたり、趣味のイベントのようなものもやっているんです。それこそ手芸でも絵画でもなんでもいいんですけど、お客様が気軽に集まって、何でも悩みを話し合えて、あそこに行けば何だか気持ちが楽しくなる、と思ってもらえる場所にしたいんですよ。


新規のお客様というのは、大抵お客様同士の口コミで広がっていくんですけど、例えば、Aという場所に行くのに、自分は15分くらいで行けるけど、友達は1時間近くかかってしまうと。そうすると自分は店舗に行けるけど、紹介したい友人はなかなか行くことができない。そういうケースが多々あって、こうした問題を解決するために、近くの公民館などを借りて体験会をやる。それで、一定のお客様が集まるような規模になってきたら、いよいよ店舗を出そうと。だから、その場所、場所のニーズを掘り起こしながら店舗を拡大していっているんです。


会長は創業から電気を使う商品だと修理をしないといけないから、電気を使わない生地も素材もしっかりした、へたったりしない、寝具タイプの磁気治療器を開発したんです。ところが、商品が壊れれば買い替え需要が生まれますが、商品が壊れないので、コアなファンは増えても一度買ったら終わりになってしまう。せっかくお客様との信頼関係ができたのに一度だけのお付き合いで終わってしまっていたんです。それで、栄養補助食品や基礎化粧品、そして装着タイプの磁気商品のレンタルも始めたりして、商品ラインナップを充実させていきました。


山口ひろみ(経営者)の経歴・略歴

山口ひろみ、やまぐち・ひろみ。日本の経営者。「ジャパンライフ」社長。東京出身。聖心女子大学文学部外国語外国文学科卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科前期博士課程修了。MBA取得。ジャパンライフに入社。マトリックスワールド(のちのジャパンライフのマトリックスワールド事業部)社長、ジャパンライフ経営企画室取締役室長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

柳澤裕之

特別なエクササイズをしなくても、目的の駅の1駅前で降りて歩くなど、日常の運動量を増やすだけで、運動不足や疲れやすさは改善します。


田村潤

キリンが最もピンチを迎えていた1995年、私はキリンビール高知支店へと赴任しました。左遷みたいなものでした。何せ当時の高知支店は全国でも最下位ランクの売上げの低さのお荷物支店でした。しかし、私はここから支店を再生させました。全国的に負けまくっていたアサヒとのシェア争いを逆転。高知支店はキリンビールの県内トップシェアを奪い返しました。その後、本社副社長となって、全国での戦いにも勝利。2009年に、トップシェア奪還を果たしたのです。しかし、私は実のところ「奇跡」とまでは考えていないんです。当時の高知支店、そしてキリンビールが陥っていたダメな「行動」と「モノの考え方」をひとつずつ変えただけだからです。


麓幸子

ワークライフバランスとキャリア開発を両立させないことには女性活躍は進みません。そこで、上司に求められるのは「3つのK」。女性部下に「期待」し「機会」を与え、「鍛える」ことです。私も2人の子供を育てながら管理職として働いてきましたが、命より大事なわが子を預けて働くのですから、女性にはそれだけの覚悟と矜持がある。その意欲を活かさず人材を埋もれさせるのは、上司にとってももったいないことです。


堀之内九一郎

私は失敗をたくさんしました。だからこれをやったらまずい、という勘は鋭いですよ。その逆も然りですがね。


岡田正彦(医学博士)

本来、人間というのは自然に逆らわず「ほどほど」に生きているとき、最も疲れないようにできています。結局、「自然の摂理に逆らわず、ほどほどに」というのが、人間の健康のためには一番大事なのです。


和田裕美

不快なメールというのは、書き手本人にはわからないもの。たとえ読み手がガッカリしたり、カチンときたとしても、ほとんどの場合は書き手にそのことをわざわざ言ってきません。気づけば返事がなくなり、相手からの連絡も途絶える。結局、その原因が自分にあるとは気づかない。そんな怖さがあります。


森田敏宏

いつも時間に追われて過度な緊張状態にあるのは良くありませんが、集中力を発揮するにはある程度の緊張感が必要です。しかし、ずっと緊張感を維持するのは難しい。そこで私がお勧めするのは、時間を区切ることです。ストップウォッチなどを用いて、一定の時間の中で作業を終わらせるよう、自ら仕向けるのです。


橋下徹

政治家はきれいな言葉を吐く文学者や道徳家じゃない。目の前の課題を解決するために、泥臭く、もがきながら実行する実務家だ。


リチャード・ブランソン

何故私が航空業界にチャレンジしたか。それは、既成の航空会社が料金に見合ったサービスを提供していなかったからです。そこで、私たちが質の高い、コストに見合ったサービスを提供することで独占状態に風穴を開けられると考えたのです。私にとっては、「ヴァージン」とは、「チャレンジ精神」と同義語なのです。


高島宏平(髙島宏平)

採用の面接ではこれまでに一番つらかったこと、苦手な上司、モチベーションが下がる瞬間。そういうことを質問します。すると問題を解決するための実力や胆力がわかります。強みと弱みの両方を聞いたときに、強みしか出て来なくて、弱みについては「なんでしょう、思いつきません」などという人は、危ういなと思います。


アウエルバッハ

誰も信用しないものは、おのれ自身が信用されていないことを知っている。


野村克也

「どうせ俺は……」と諦め、くさるタイプのコンプレックス人間は、こう考えたらいい。「諦めた、ということは変わるチャンスだ!」と。諦めた、ということは、今のままではうまくいかない、ことに気づけたということ。それは幸運だよ。