名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山内隆裕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山内隆裕のプロフィール

山内隆裕、やまうち・たかひろ。日本の経営者。スマートフォン・インターネット広告代理店「サイバーZ」社長。東京出身。立教大学経済学部卒業後、サイバーエージェントに入社。モバイルサイト制作会社サイバーX取締役などを経てモバイルマーケティング会社「サイバーZ」社長に就任。

山内隆裕の名言 一覧

たんに仕事の成果を上げるだけでなく、社会にどれだけ貢献できるかが最終目的。そのためには手を抜かない。


社長になってからは毎日考え事で眠れない日々。仕事を一瞬でも忘れるためにあえて趣味を持ち、オフは一切仕事を考えないようにしました。


スマートフォン市場はすごい勢いで日々変化しているので、常に新しいことに挑戦できる土俵づくりを意識しています。


先送り撲滅会議は、若手抜擢の場、実力があるのに埋もれている社員の発掘の場でもある。


会社が大きくなると、会社の経営課題について、なんとなく気づいていても深掘りせず先送りにしたり、言わずに済ましがちです。そうならないよう、社員全員に当事者意識が欲しい。


山内隆裕の経歴・略歴

山内隆裕、やまうち・たかひろ。日本の経営者。スマートフォン・インターネット広告代理店「サイバーZ」社長。東京出身。立教大学経済学部卒業後、サイバーエージェントに入社。モバイルサイト制作会社サイバーX取締役などを経てモバイルマーケティング会社「サイバーZ」社長に就任。

他の記事も読んでみる

川淵三郎

Jリーグが成功した最大の要因が何かと言えば、自分たちが実現したい理念を掲げ、目標設定が明確で、それらがまったく揺るがなかったことではないかと思います。


近藤太香巳

事業を成功させるためには会社が持つリソースのすべてを集中させて一点突破を図らなければなりません。そのためには、会社を率いるリーダーが必要なのです。


上妻英夫

掛け算や引き算、足し算で考えればアイデアは無尽蔵に出てくる。何もないところから新たに生むのは簡単ではありませんが、すでにあるものを掛けたり、引いたりするのはさほど難しくありません。思いつくままにやってみてはいかがでしょうか。


小宮山宏

高度成長期のような、わかりやすい時代は、頭の良い役人が考えて上意下達で物事を進めていけました。一方、今は様々なイノベーションが必要な時代です。様々な人がトライを重ね、その中で成功し、残ったイノベーションが普及していきます。


斎藤佑樹

打たれたシーンはあまり覚えてないんです。抑えたシーンの方を覚えています。たとえばホームランを打たれて負けたとしても、あの一発がなければ勝てたと考えるんです。別にそう思おうとしているわけではなくて、ホントにそう思っています。小さい頃からそうです。


一宮忠男

経営理念を引き継ぎ続ける会社にすることが大事なんです。我々がいなくなった後、どうなるか。永続性のある企業として育て上げていくことが大事なことだと思います。それがなくなったらダメですね。


檀れい

実は私も、成績が良くなくて……役がもらえない悔しさを悟られないよう、強がってばかりいました。私の場合は、阪神淡路大震災で劇場が閉鎖したことがきっかけでした。舞台に出たくて宝塚に入ったのに、自分は一体何をしてきたのか。寮の一室で自問するうちに、「できない自分をごまかすより、笑われてもやりたいことをやろう」。そう吹っ切れたんです。


笠井伸啓

技術的な優位性を維持するために、当社では売上高の15%以上を研究開発投資に回しています。比率こそほぼ一定ですが、事業の伸びに伴って投資の絶対額も伸びており、そうした圧倒的な技術開発力こそが他社に対する競争力の源泉になっています。


川又三智彦

僕は人の顔や名前を覚えるのが苦手で、人の顔だけでなく、その人に関係する仕事まで忘れてしまって、何度か失敗したんです。何とかしなくてはと思ったのですが、いちいちメモを取るのが面倒。だから最初はテープレコーダーを持ち歩いて、「何時何分、誰それに会った」などと録音していたんですが、機会が進化してビデオカメラになったわけです。ですが、続けていくうち別の効果があるとわかりました。自分の行動を振り返ると、知らなかった自分が見えてきたんです。


ハワード・シュルツ

幼いときの記憶で、「アメリカでは自分がやりたいことは何でもできるのだ」と母に言われ続けたのを覚えています。それが母の信念でした。


神谷正太郎

経営者には六段階の時期がある。

  1. 社長個人でお金を儲けようとする時期。
  2. 会社として利益を生み、蓄積を考える時期。
  3. 売上高や社員を含めて、会社全体を大きくしたいと願う時期。
  4. 人や組織作りに一生懸命になる時期。
  5. 業界や、世の為、人の為に尽くす時期。
  6. 死んだとき悪口をいわれないように努める時期

日覺昭廣

中国や東南アジアではこれまで半年先の注文を受けることが多かったが、顧客に在庫を減らしたいというニーズが生まれている。だから1~2カ月先の注文に機敏に反応できる体制に変え、利益を取れるようにしている。