名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山内宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山内宏のプロフィール

山内宏、やまうち・ひろし。日本の経営者、官僚(大蔵省)。大蔵省証券局長、大阪証券取引所理事長、北海道拓殖銀行頭取。

山内宏の名言 一覧

公にコンプレックスを持つ年代には期待はできません。日本再生には、新しい国家意識を身につけた若い世代、つまり、政治も行政も企業も終戦直後と同様に40代に任せる。そんな徹底した若返りしかないと思います。


戦後、経済では大成功したが、その影で進行していたのが政治の硬直化です。国で一番偉いのが国会でしょうが、同じ議員が何十年と居座ると、代変わりしても出て来るのはその息子、後援会が甘い汁を吸う。国家の未来図が描けず、既得権、無責任という澱(おり)がたまってしまったのが、いまの日本です。このままでは、前途はせいぜい「優雅な衰退」でしょう。


現在、籍を置くコナミで、トップの決断が何事に関しても速いのを見るにつけ、組織の若さの重要性を痛感します。


私がかつて大阪証券取引所で全国に先駆けて先物やオプション取引を導入し、一応の再生をはたせたのは、当時の大証は余計なことを考えていては生き残れなかったからです。古い組織だけれど、打ち続く経営不振で、先輩、老人どもにほとんど発言の力が失われていたことが幸いした。


かつての大蔵省が敗者復活があり、つまり組織が柔軟で、「国のため」という価値観を貫くことができたのは、終戦後のパージ(公職追放)などで、組織に様々なしがらみがなかったのも一因です。事務次官もほぼ毎年交代し、その人的影響力も長続きしないから、上司部下の間柄を引きずらなくても済んだ。ところが、組織ができてから時間がたち、同じ人間なりそのグループが何十年も権力を握り続けると、現役が先輩に遠慮したり、仕事や人事が人脈に左右されたりして、澱(おり)のようなものが組織にたまりがちで、大胆なことができなくなる。


かつての大蔵省では仕事の価値観も「国のためになるか」だけで十分でした。余計なことは考えなくてよかった。政治家や上司の機嫌が悪かろうが、自分が「国にとって良い」と考えれば、その仕事をやり遂げる。そんなことが許されたのです。
【覚書き|太平洋戦争敗戦直後の大蔵省での仕事について語った言葉】


狷介(けんかい。頑固)で人付き合いの悪い私にとって大蔵省は働きやすい場所でした。20代のころ、上司とのちょっとした言葉の行き違いが元で、一週間の間に3つの課をたらい回しにされたり、地方の出先で中央の徴税方針と違うことを強行したりした私でも、結局局長まで居させてくれた。敗者復活有の組織でした。


山内宏の経歴・略歴

山内宏、やまうち・ひろし。日本の経営者、官僚(大蔵省)。大蔵省証券局長、大阪証券取引所理事長、北海道拓殖銀行頭取。

他の記事も読んでみる

出雲充

東証一部に上場したことで、優秀な人材を集めやすくなったことが一番大きいです。特に、中途採用で大企業から優秀な方が来ていただけるようになりました。以前はどんなにご本人がミドリムシに魅力を感じても、ご家族の反対があったりしてなかなか人材が集まらないことがありましたが、今は本当に状況が変わりました。


白井一幸

時代が変われば、やり方、すなわち戦術や練習方法は進化するのが当たり前です。でも、チームとしてのあり方、ビジョンというものは変えるべきではありません。ファイターズのビジョン、それは「どんな時でも最後まで諦めずに全力で戦う」というものであり、「ファンに感動を与え続ける」というものです。


藤岡頼光

コピーしたら絶対に負け。とことん考えてこだわってやることがアイデアの出し方。


本田直之

3冊の参考書を1回ずつやるより、1冊の参考書を3回読んだほうが、レバレッジをかけた勉強ができます。


冨田和成

数多くの富裕層と公私ともに深く付き合ううちに、私は彼らに共通する点を見出した。それは「投資」という視点で、人生哲学から日々の暮らしまで、すべての物事を判断しているということだ。彼らは「洋服や靴を買う」「外食や旅行に行く」といった、あらゆる消費行動も投資と捉え、対価に見合う、もしくはそれを上回るリターンが得られるかどうかで判断する。億単位の商品でも価値を認めたら即決で買うが、逆に100円の商品でもムダと考えたら、びた一文出さない。


高橋興三(経営者)

大きな事業でなくていい。1事業で1兆円売り上げるよりも、100事業で100億円ずつ売り上げる方が強い。


高城幸司

挨拶は、「私はあなたのことを認識しています」というサインを送ること。逆に、挨拶をしないということは、「あなたは、私が相手にするほど重要な存在ではない」というサインを送っているのと同じ。つまり、敵をつくっているのと変わらないのです。敵をつくらないためにも、挨拶はまず自分から。


島田洋七

僕はどちらかというと、ひとつのことをじっくり続けるタイプではなく、すぐに飽きる性格。この性分、立ち位置によっては欠点になるかもしれないけど、自分が活かされる場所さえ見つかれば、それが長所になり、武器にもなると思う。


宮内義彦

ビジネスは「命をかけてやらない」こと。ただ、一生懸命にやる。私は過去に2度体調を崩しましたが、あの時は頑張りすぎて、体力が弱っていました。「これではダメだ、健康第一」と肝に銘じ、それ以降は大病とは無縁です。


オグ・マンディーノ

どうでもいい些細な仕事に明け暮れて、本当に挑戦すべき事柄に出会ったときそれに受けて立つ暇がない。そんなタイプの人をあなたはご存知かもしれません。あなた自身がそうかもしれません。彼らは見つけ出せる限りのありとあらゆるどうでもいい雑用や仕事に精力を使い果たすのです。この種の人が自分では気づくことなく行っているのは成功を避ける努力なのです。


木暮太一

日々ニュースをチェックしても、今日の売上げは上がらないでしょう。「こんなことをして、意味あるのだろうか?」と思うかもしれません。しかし、繰り返しているうちに、確実に風を読む力が養われていきます。その力は、近い将来、必ず、あなたの身を助けてくれるはずです。


村口和孝

激動の経済社会において、事前に人間様が想定した枠の中で経営が収まるわけがない。想定外の事を経営する事が出来るから、企業の経営者であり国のリーダーなのである。