名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山之内秀一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山之内秀一郎のプロフィール

山之内秀一郎、やまのうち・しゅういちろう。JR東日本初代副社長、のちに会長。宇宙開発事業団理事長

山之内秀一郎の名言 一覧

極論を言うと、私は技術の伝承は不可能なのではないかと思っています。技術とは自分で苦労して考えたり、困難を克服することで身につくものです。技術は自分で作るしかない。また、技術は刻々と変化します。技術は伝承するものではなく、変わっていくものなんです。


科学技術において、失敗は必ずあるもの。それを乗り越えてこそ、本当の技術だというのが私の技術者としての持論です。飛行機にしても、鉄道にしても、失敗の経験を生かし、技術を高めてきたからこそ今日の発展があります。


科学技術の世界では無茶をしてでもトライする時期と、慎重にふるまう時期を見極める必要がある。日本の宇宙ロケットは短期間に成功が続き、そのまま短期間で高い技術レベルに到達するものだという「イケイケドンドン」的体質になっていた。無理をするのが普通になってしまっていたんです。私は逆に、いまは慎重に舵を切ろうと考えました。だからH2A(国産ロケット)はトラブルが見つかった時点で、ただちに打ち上げ延期を決めました。


宇宙開発事業団の場合、二回連続で失敗する前、じつは29回連続で成功している。これは凄いことであると同時に、不幸なことでもあるんです。失敗体験の蓄積が少ないから、背伸びをしていたところもあったのではないかと思います。日本の宇宙開発技術は、歴史も浅ければ、失敗体験も浅い。これは大きなハンディキャップです。


山之内秀一郎の経歴・略歴

山之内秀一郎、やまのうち・しゅういちろう。JR東日本初代副社長、のちに会長。宇宙開発事業団理事長

他の記事も読んでみる

犬伏泰夫

ビジネス上のやり取りや交渉はむしろ、それが終わった後の方が大事なことが多いのではないでしょうか。何となく不満だけれども交渉で負けたのだから仕方がないというのでは、相互の関係を長期的に継続させることは難しい。相手も自分も納得できるようなやり取りにしなければなりません。


石川理紀之助

何事も明日、明日と伸ばしておくときは、千日たっても用は弁せず。事をなさんには、片っ端よりなすべし。


大嶋祥誉

最も重要なのは、最初に話す「結論」が短い言葉でわかりやすく、具体的にまとまっていることです。そうすれば、根拠が多少長くても、上司は話を聞いてくれるものです。


リチャード・ブランソン

ビジネスチャンスとはバスのようなものだ。逃してもまた次のが来る。とりあえずやってみて、失敗から学ぶべきだ。私はこのやり方が好きだ。何しろ毎日、新しいことを学べるのだから。やってみなければ、結局は失敗と同じ。


田中仁(経営者)

ヨーロッパで成功している「無印良品」さんの成功理由を考えた時、思うのは、企業のDNAや企業姿勢をきちんと消費者にコミュニケートできているのだと思います。我々のDNAは何で、どんなことをメッセージとして発信していくべきかという「ブランドビジョン」をあらためてブラッシュアップしなければならない時期にきていると思います。米国に進出し成功を収めるには、そこまで準備を整えることが必要です。


程近智

ネイティブじゃない人が英語を話すと、どうしても言葉数が多くなってしまうんですね。だから、端的にポイントとなる言葉を、パッパッパと短く突けるような練習をしたほうがいい。


大串亜由美

組織はチームで成果を上げています。それが分かれば、自分が折れても、仕事が成功すればいいと分かるはず。そこを評価してくれるのが会社。中途半端な自分目線はいりません。


下田進

人生は闘いであり、自分で工夫をしながらやり遂げていくもの。


大山健太郎

アイリスは製造業に分類されますが、ものをつくるだけの会社ではありません。これまでも、顧客に新たな価値を提供して、生活スタイルを変える商品を生み出すことで、会社の核となる分野を広げてきました。ここで重要なのは、ものをつくること以上に顧客のニーズをつかみ取ること。消費者の生活の変化を意識して開発することです。


坂根正弘

建設機械の需要の動向を見ると、いまどこにお金が集まっていて、これからどこに流れるのかということがよくわかります。たとえばリーマンショック後の半年間は、世界中で一回、お金の動きが止まりました。ただ、すべて止まるのは例外的で、どこかの地域が悪くても、お金は必ず他のどこかで動いています。その視点で言うと、日本も成熟の時代に入りましたが、成長のチャンスがないわけでもない。


井上礼之

2003年、欧州が記録的な猛暑に見舞われたとき、エアコンの注文が生産量の3倍くらいに増え続けました。大幅な増産をしたいのはやまやまですが、売れ残って在庫を抱えるリスクもある。私も現地を訪れ、目の前で起きた現象を驚きの目で見ていました。そのとき肌で感じたのが「欧州は空調の夜明けを迎えている」ということでした。それまでエアコンを全然知らなかった人々が、猛暑によって「エアコンってこんなに快適なものだったのか」と実感した。こうなったら彼らがエアコンを手放せなくなるのは必至です。私は増産に踏み切り、この決断の結果、いまでは欧州市場でトップシェアを誇るようになりました。


高橋誠(経営者)

「IoT世界基盤」という考え方は、トヨタさんと進めていたグローバルなネットワークづくりから始まった。お客様がIoTで海外進出する際、新たなネットワーク構築には大きな労力がいる。幸いにも、我々は多くの海外キャリアと良い関係にあり、我々と契約していただくことで、世界のネットワークと一挙に接続できる。