名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

山之内秀一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山之内秀一郎のプロフィール

山之内秀一郎、やまのうち・しゅういちろう。JR東日本初代副社長、のちに会長。宇宙開発事業団理事長

山之内秀一郎の名言 一覧

極論を言うと、私は技術の伝承は不可能なのではないかと思っています。技術とは自分で苦労して考えたり、困難を克服することで身につくものです。技術は自分で作るしかない。また、技術は刻々と変化します。技術は伝承するものではなく、変わっていくものなんです。


科学技術において、失敗は必ずあるもの。それを乗り越えてこそ、本当の技術だというのが私の技術者としての持論です。飛行機にしても、鉄道にしても、失敗の経験を生かし、技術を高めてきたからこそ今日の発展があります。


科学技術の世界では無茶をしてでもトライする時期と、慎重にふるまう時期を見極める必要がある。日本の宇宙ロケットは短期間に成功が続き、そのまま短期間で高い技術レベルに到達するものだという「イケイケドンドン」的体質になっていた。無理をするのが普通になってしまっていたんです。私は逆に、いまは慎重に舵を切ろうと考えました。だからH2A(国産ロケット)はトラブルが見つかった時点で、ただちに打ち上げ延期を決めました。


宇宙開発事業団の場合、二回連続で失敗する前、じつは29回連続で成功している。これは凄いことであると同時に、不幸なことでもあるんです。失敗体験の蓄積が少ないから、背伸びをしていたところもあったのではないかと思います。日本の宇宙開発技術は、歴史も浅ければ、失敗体験も浅い。これは大きなハンディキャップです。


山之内秀一郎の経歴・略歴

山之内秀一郎、やまのうち・しゅういちろう。JR東日本初代副社長、のちに会長。宇宙開発事業団理事長

他の記事も読んでみる

武藤潤(経営者)

「この製油所は生産能力が大きすぎるから2割減らせ」といったふうに機械的に命令するだけでは継続性がない。一時的に効率化できたとしても、続かないでしょう。もっとソフトの部分というか、人の気持ちを考えて、納得感を持ってやってもらわないといけない。


木田宏

平等主義の思想は、個人個人はそれぞれ違うという前提があって成り立つ。ところが違ってはいかんという画一主義に走るから問題が起きる。人間にあまり等質性を要求しすぎて同じキャリア、メンタリティー、能力水準を持つ人間がいいとする。それがいまの人事制度、ひいては社会制度を窮屈にしている。


山口智充

僕も41歳になりました。受け入れる量が増した分、切り離しているものもたくさんあります。見切りをつけるのが早くなりましたね。20代、30代のときより、自分にあてはまらないものが見えてきて、これはいらない、これはオッケーという判断に迷いがなくなりました。


石川康晴

起業した頃、アパレル起業の新参者として、同業の先輩経営者に話を聞きに行くことがよくありました。その際に言われたのは「人は調整弁と思え。正社員なんて入れたら、切れないぞ」と。理論的には正しいのかもしれないですけど、「それ、社員の前で言えますか?」と思いました。それ以来、僕は「社員の前で言えないことはやらない」と決めました。創業してから20年間は100%正社員で賄ってきました。


山口隆祥(山口隆祥)

商売をしている以上、お客様に商品を買ってもらわなければいけないわけで、全然商品を買う気の無い人をいくら大事にしてもダメなのです。その辺のバランス感覚が大事なのです。正直言いますと、どんなお客様でも大事にするようにとは言いにくく、かといって大事にするなとも言えません。思いやりの心は必要ですが、むやみにお客様を大事にし過ぎても伸びないというのが難しいところです。


ジェイ・エイブラハム

お客様はモノではなく、結果を買っている。より良い結果に導くこと、より大きな成果を得ることに焦点を当ててください。「買ってもらうために何と言えばよいか」ではなく「どのような結果を届けるのか」と常に自問してください。


谷口祥子

これまでに人の役に立った経験を振り返り、その中でどういう喜びを感じたか考えてみましょう。例えば、「相談に乗って感謝された」「絵を描いて喜ばれた」など、何でも構いません。「こんなふうに役立ちたい」という想いを使命とし、独立そのものの目的を明確にしましょう。


所ジョージ

曲作りの期間は、ある程度のスケジュールを取って専念します。プラモデルなら設計図があるからラクですよ。作業の途中で何日か休んでも、次にどうすればいいのか悩まない。工程7でやめたら、次は工程8から再開できるから。でも、曲作りは設計図がないので、集中力が切れたら、次の歌詞やメロディが出てこないんです。一心不乱にやり続けなきゃダメ。短時間に自分が思い描いたところまで完成させますね。


山中伸弥

私が初めて研究室を持った時、立場はまだ准教授で、研究費もほとんどない。本当に弱小研究室でした。そんなところに学生が来てくれるわけがありません。そこで考えたのが、研究室のビジョン、理念を掲げることです。夢のある目標を立てたら学生が来てくれるのではないかと思い、iPS細胞をつくるというビジョンを掲げました。それに惹かれて来てくれた学生たちが、私と一緒にiPS細胞を生み出し、今や中心的存在となって活躍してくれています。


佐野恵一

私たちのやっていることは旅行業ですが、家族やデイサービス、老人ホームなどの限られた人間関係の中だけで生活している要介護者に対して、社会とのつながりという感覚や非日常性を与えるお手伝い、ひいては家族全体を幸せにするお手伝いをさせていただいているものと自負しています。


樋口武男

1994年に大和団地の社長となり、再建を任されたとき、「大量解雇はいつするのか?」新聞社5社が来て、5社が同じ質問でしたよ。んなアホな、と。確かに大和団地は不動産バブル崩壊の影響で、財務状態は最悪でした。誰の目にも危ない会社で「リストラする!」なんて言ったら、残った人材の中では「良いほう」から辞めていく。だから僕は「リストラはしない。むしろ採用を増やす。攻めに出て10年で復配。売上2000億円だ!」と、思い切り前向きな目標を掲げてやったんです。一方で支店の成績は厳格に見て、成績が悪い支店長は即座に替えた。ようはリストラする代わりに厳しさという、「熱湯」を注いだんです。効果は早かったね。まず120人の退職者が出ました。上から逃げた? 違う。下から逃げた。結果、筋肉質になった大和団地は2000年3月期には売上が1441億円と倍増した。


横田英毅

社員みんなが自分の成長を実感できるような組織をつくろうと思ったら、教えてはいけません。一所懸命知識を詰め込もうとすると、相手は受け身になり、むしろ人間的成長から遠ざかってしまいます。必要なのは、自分にどんな知識が足りないか、社員自身に自覚してもらうこと。自覚すれば、社員は勝手に勉強を始めます。みずから学ぶ姿勢を身につけることこそ人間的成長です。