山之内秀一郎の名言

山之内秀一郎のプロフィール

山之内秀一郎、やまのうち・しゅういちろう。JR東日本初代副社長、のちに会長。宇宙開発事業団理事長

山之内秀一郎の名言 一覧

極論を言うと、私は技術の伝承は不可能なのではないかと思っています。技術とは自分で苦労して考えたり、困難を克服することで身につくものです。技術は自分で作るしかない。また、技術は刻々と変化します。技術は伝承するものではなく、変わっていくものなんです。


科学技術において、失敗は必ずあるもの。それを乗り越えてこそ、本当の技術だというのが私の技術者としての持論です。飛行機にしても、鉄道にしても、失敗の経験を生かし、技術を高めてきたからこそ今日の発展があります。


科学技術の世界では無茶をしてでもトライする時期と、慎重にふるまう時期を見極める必要がある。日本の宇宙ロケットは短期間に成功が続き、そのまま短期間で高い技術レベルに到達するものだという「イケイケドンドン」的体質になっていた。無理をするのが普通になってしまっていたんです。私は逆に、いまは慎重に舵を切ろうと考えました。だからH2A(国産ロケット)はトラブルが見つかった時点で、ただちに打ち上げ延期を決めました。


宇宙開発事業団の場合、二回連続で失敗する前、じつは29回連続で成功している。これは凄いことであると同時に、不幸なことでもあるんです。失敗体験の蓄積が少ないから、背伸びをしていたところもあったのではないかと思います。日本の宇宙開発技術は、歴史も浅ければ、失敗体験も浅い。これは大きなハンディキャップです。


山之内秀一郎の経歴・略歴

山之内秀一郎、やまのうち・しゅういちろう。JR東日本初代副社長、のちに会長。宇宙開発事業団理事長

他の記事も読んでみる

松田譲

人は短所ばかりに目が行きますが、ひとつくらいは長所があるものです。その長所を活用するよう良いところだけを見ていくと、結局、個性ある人を尊重することになります。


伊集院静

一文字一文字を埋める。書き上げる責任を果たす。これには地道さと無縁ではいられない。


南壮一郎

いま支払われている給料は、本当に自分の実力で稼いだものなのか、自分の市場価値に見合うものなのか、それとも年功や社歴が長いだけでもらっているのか、それを知るには転職活動をしてみるのが一番。転職活動を通じて、自分の現時点での市場価値がわかる。


中田卓也

企業理念の「感動を・ともに・創る」が表すように、お客様が主役となる価値ある商品を生み出し、200年、300年と続く企業へと成長を続けたい。


井上陽介

過去からの大きなトレンドや根底の変化をとらえることは不可能ではありません。そのためには一にも二にも「ファクト」。すなわち過去、実際にあった事実のみを頼りに、その積み重ねに基づいて、どういう変化が起こっているのかを考える姿勢や読み解く能力が必要。


嶋浩一郎

予備知識があまりない人でも分かるように考えてから、プレゼンに臨む。話が伝わらなくて悩んでいる人は、ここから始めるといいでしょう。


大場智康

BtoCのビジネスをやっているなら、SNSも有用な公開データのひとつです。SNSを分析すると、広告の訴求範囲や商品に関する評価がわかります。商品の苦情や評判などの定性的な情報については、テキストマイニングという技術を使います。たとえば「高い」というつぶやきが、品質が高いというポジティブ液評価なのか、価格が高いというネガティブな評価なのか、テキストマイニングで分析が可能です。こういった専門的な分析は外部に委託されることが多くなります。


太田肇

海外の企業を見ていると「個人をうまく生かしているな」と感じることがよくある。その理由を探ってみたところ、個人の仕事の分担・範囲がはっきりと定められ、その範囲において、末端の社員まで権限が委譲されていることが分かった。個人の仕事の範囲が明確であることから、個人の責任の範囲も明確となる。同時に、たとえば予算を使うような案件でも、認められた範囲内において、個人の裁量で判断できる。


羽鳥兼市

何ごとも基本は体力。体力がなくなると、マイナス思考になる。


三津原博

財務面での我々のコストが他社に比べて重いのは確かです。それは、たとえ赤字でも、将来を見込んで投資を続けてきたからなんです。事業の急拡大に備え、今後3~5年の設備投資を、前倒しで実行してきました。


田澤由利

大きな池に小さな石を投げ込む程度のことだとわかっています。でも、それがきっかけで何かが変わるかもしれません。それを信じて頑張るのです。


今森光彦

写真家としていちばん大切なのはメッセージ性だと思っています。伝えたいことがあるか。それを写真で展開できているのかが問われる仕事ですので。つまり、表現として写真をやるのか、クライアントのいる世界で生きるのか、は大きな分岐点になるでしょう。表現でやるなら、人に流されず、普段から自分で感じていることを信じられるかどうかの勝負ですので。


池田千恵

出社前にカフェに行きます。4~7時まで頭の中で考えていたことを、コーヒーを飲みながら手帳に書き出します。何をどう行なうか考え、出勤後は実行するだけの状態にします。いわば、エンジンをかける時間ですね。


塚本勲

会社がしんどいときは、給与の減額は仕方がないとしても、人減らしはできるだけ避ける。そうして、社員全員で耐えきることが大切です。いずれ景気は回復します。そのときに、時間をかけて育てた人材がいるのといないのとでは、成長力が違ってきます。ここは踏ん張りどころではないでしょうか。


ソクラテス

知らないことを知っていると思い込んでいる人々よりは、知らないことを知らないと自覚している自分の方が賢く、知恵の上で少しばかり優っている。


ページの先頭へ