名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

山中勧の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山中勧のプロフィール

山中勧、やまなか・かん。日本の経営者。おつまみメーカー「伍魚福(ごぎょふく)」社長。慶應義塾大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。阪神淡路大震災を機に、家業の伍魚福に入社。取締役社長室長、取締役営業部長、お客様繁盛推進本部長、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

山中勧の名言 一覧

経営内容を向上させるために様々な施策を講じています。とにかく常に新しいことに挑戦し、たとえわずかずつでも前に進むことが大切です。


15年ほど前に、当社の営業マンは名称を「お客様繁盛係」へと変更しました。当社の商品を扱ってくださる酒販店やスーパーマーケットといったお得意先様におおいに繁盛していただくようお手伝いするのが我々の仕事ということです。


当社の商品は、一般的な珍味商品と比べると、安価であるとはいえません。しかし、高いから売れないわけでも、安いから売れるわけでもない、というのが当社のポリシーです。手間とコストをかけてつくった「すばらしく美味しいもの」は、少々値段が高くても、美味しさの価値を考えるとリーズナブルで、だからこそお客様から求めていただけるのです。


伊藤忠商事に入社して最初に配属された法務部では、倒産した取引先の債権回収を行うこともありました。このとき、たとえ真面目な会社でも、過剰投資が負担となって倒産するケースが多いことを知りました。


商品開発に関しては、「ヒット商品提案制度」というものを設けました。新商品のアイデアや既存の商品の改善案を提出したら、どんな内容であっても1件につき100円を支給します。実際に商品化された場合、売れ行きに応じて最大30万円くらいまで賞金を出すこともあります。この制度をつくってから、よりたくさんの提案が集まるようになり、ヒヅト商品がいくつも生まれています。


社員には「提報(ていほう)」といって、1日1回、150字以内で、日々の情報や工夫、提案、対策などを専用のウェブブラウザに書き込むことを義務づけています。私はすべてに目を通してコメントし、よいものは採り入れたり、皆で検討したりするようにしています。社員から発せられる情報は、伍魚福にとって血液のようなものです。これが社長という心臓を通って全身を循環することで、常に改善し続ける姿勢が維持されているといえるでしょう。


伊藤忠商事に就職して7年ほどたったころ、あの阪神・淡路大震災が発生しました。当社の被害は大きくなかったものの、それでも物流センターがかなり傷んでしまいました。伊藤忠商事に私の代わりはいくらでもいますが、伍魚福の跡継ぎは私しかいません。これが戻るタイミングだと悟り、1995年4月に入社したのです。


高級珍味を買われる方は、ただ美味しいだけでなく、それを手に入れることによって得られる驚きや喜びを大切にされます。「モノ」以上に「コト(=体験)」を重視して消費者心理に働きかける「コトPOP」は、珍味を販売するうえで重要な武器となります。


売り場支援の一環として、「コトPOP」の提案・指導も行なっています。「コトPOP」とは、ふつうのPOPではなく、その商品を買うとどんな楽しいことが起きるかといった、モノではなく、コト(事・情報)を売るPOPのことです。小さなカードに、たとえば「ボジョレーヌーボーに合うおつまみを用意しました」とか、花見の季節に「おいしいものを持っていって桜より目立っちゃいましょう!」といった「買う理由」を提示することで、販売促進効果が生まれます。


当社では、酒販店に対してもスーパーマーケットに対しても、珍味を単品で売り込むのではなく、「売り場」単位で提案するという考え方を貫いています。つまり、伍魚福の商品群でひとつのコーナー、棚をつくっていただいて、その店に合った商品を選りすぐり、お客様に手に取っていただきやすい陳列方法のアドバイスまで行うのです。


「酒の肴」というカテゴリーで商品を発想すると、魚介類や肉類、練り物(かまぼこ等)類、ナッツ類、豆類、チーズ類、漬物類など、必然的に素材の種類が増えていきます。当然、各商品の製法や調理法はまったく異なります。それらすべてを自社工場でつくるのは非常にむずかしく、事業としても効率がよくありません。それよりも、協力工場に製造をお願いすることで、設備投資を抑えられるためリスクも少なく、経営を安定させられます。また、協力工場におのおのの得意分野で力を発揮していただくことで、商品の質も高まります。そのような考えのもと、当社では、1980年ごろまでに製造をすべて外注化し、数多くの協力工場と手を携えながら運営していくファブレス経営、つまり「工場なきメーカー」としての態勢を確立したのです。


経営理念の中の「すばらしく美味しいものを造り」という文言が、その後の当社の経営姿勢にとくに大きな影響を与え続けています。文字どおり、ただ美味しいだけでは伍魚福の製品にふさわしくありません。だれもが食べて感動するくらい、すばらしく美味しいものでなければ、市場に送り出してはならないということです。


経営理念を定める以前から、美味しいものをつくり、お得意様のための商売を心がけてきたはずです。しかし、これをあらためて明文化することにより、社長以下、全員の気持ちがひとつにまとまっていったのではないでしょうか。


私どもは、「神戸で一番おもしろい会社をつくろう」「珍味を極める」といったスローガンのもと、社員もパートさんも、協力工場の方々も全員一丸となって、すばらしく美味しい珍味づくりとその普及に全力を注いでいます。


山中勧の経歴・略歴

山中勧、やまなか・かん。日本の経営者。おつまみメーカー「伍魚福(ごぎょふく)」社長。慶應義塾大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。阪神淡路大震災を機に、家業の伍魚福に入社。取締役社長室長、取締役営業部長、お客様繁盛推進本部長、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

是川銀蔵

男がいったんとりかわした約束は例え口約束でも反故に出来ん。約束は守って当然や。わしは二枚舌を使った経験など一度もない。


梅原大吾

ゲームの世界では20代後半になると反射神経がピークアウトすると言われていますが、まだ僕自身は自分のことを最強のゲーマーだと思います。それくらい日々、努力していますから。


ムーター・ケント

顧客、従業員、取引先、社会、そして政府当局のどこか一つでも不満を抱えていては、株主も幸せにはなれない。


ハンス-ポール・バークナー

常に聞く耳を持つこと、目を開いていることが大事です。自分とは違う文化、風土から何を学び取ることができるか。自分のスタイル、流儀に固執すると、せっかくの学べる機会を失うことになります。


佐藤優

僕は普段家にいるときは猫とじゃれあうのでジャージ姿が多いんです。毛が目立たないように鼠色の(笑)。たとえばそんな格好で誰かにお金を借りに行ったら、貸してくれる人は少ないだろうなぁ。ジャージ姿だと相当お金に困っていて、返してくれなさそうに見えるでしょうから(笑)。実際、人は見た目で決めていることが多いと思います。


河合薫

もし、一人でも多くの人が「優しくする努力」を心掛けたならば、いじめは継続されるものではなく、一時的な人間関係のひとつとして処理できるのではないだろうか。部下に厳しくする上司が、厳しさと厳しさの隙間を、優しくする努力で埋めることができたら、部下に信頼される厳しい上司になれるだろう。いじめが無意識であっても、意識的であっても、優しくする努力を日々、重ねていくことが何よりも大切だと思う。


森田康

仕事がうまくいって成功した。これで完全だなどと思っては、それ以上の成長、発展はあり得ない。後は守るだけで、進歩の芽が育たなくなる。仮に完全無欠だと思っても、そこは大胆に切り捨てることが大切である。意識して切り捨てるのではなく、より完全無欠を目指して、試行錯誤を繰り返すことである。そのうちに、気付いてみたら初めのものはすっかり切り捨てて、まったく新しいものにすりかわっている。欠点を見つけては直しながら完全無欠を目指していくことが仕事であり、進歩への道でもある。


湯浅和夫

経営者に考えて欲しいのは、貸借対照表の棚卸資産(在庫)を削減すれば、投下資本の効率化につながるというメリット。また損益計算書の観点からも、無駄な供給をなくせば販売管理費の圧縮になり、利益は増大するということです。


畠山惠(塾経営者)

私が現場にいなくても回るシステムを、と考えて海外在住者向けのネットサービスを構想中です。保育士と英語塾とネット事業。いずれはこの3本柱で収入源を安定させていきたいですね。


三宅占二

1993年からの4年強、ハイネケン・ジャパンの営業担当副社長で出向させられました。ここの社長がオランダ人でね。もともと英語は嫌いじゃなかったです。片言の日常会話ぐらいはできるつもりでした。しかし、実際にオランダ人社長と会議室に入って話すと、マーケティング計画とか事業計画とか、とてもじゃないけど大変でした。でも、やっていくうちに聞こえてくるし、しゃべれるようになってくる。いまでも米国人の英語よりは、フランスやドイツの人がしゃべる英語の方が聞きやすいです。


佐藤航陽

私は、世界の軋轢は知識不足から生じていると見ており、世の中のパターンや仕組み、原理などすべてを知りたいと常に考えている。


溝口勇児

専門家のニーズは高いのに、育児や介護強どの事情で働けない専門家も多く、現在は供給が足りていない状況です。その需給ギャップをテクノロジーで埋めています。