名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山中俊治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山中俊治のプロフィール

山中俊治、なかやま・しゅんじ。日本の産業デザイナー。愛媛県出身。東京大学工学部産業機械工学科卒業後、日産自動車でエクステリアデザイナーとして働く。その後独立し、様々な製品のデザインを行った。そのほか、慶應義塾大学教授、東京大学生産技術研究所教授などを務めた。

山中俊治の名言 一覧

機能面と美しさのどちらをも満足できるものを作るのが、デザイナーの本来の仕事。


山中俊治の経歴・略歴

山中俊治、なかやま・しゅんじ。日本の産業デザイナー。愛媛県出身。東京大学工学部産業機械工学科卒業後、日産自動車でエクステリアデザイナーとして働く。その後独立し、様々な製品のデザインを行った。そのほか、慶應義塾大学教授、東京大学生産技術研究所教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

田原総一朗

私は自分のことを「情報の交差点」だと称しています。しかも、「動く交差点」だと。私は嫌いな人がいないし好奇心が強いから、堀江貴文や鈴木宗男など拘置所に入ったような人とも、いまも付き合っています。だから、様々な人が私という交差点を通るのでしょう。


曽山哲人

面接で過去の経験について聞く場合は、「何を成し遂げたか」よりも、「そこから何を学習したか」に注目します。研究であろうと、アルバイトや部活であろうと何でもいいのですが、そこから何を学び、どう成長したのかが重要です。成長は学習の積み重ねによってもたらされますので、大きな夢を語れて、学習能力があれば、将来の大きな成長が見込めると考えています。


羽入佐和子

既成概念にとらわれない、思考の柔軟性が哲学の基本。考え方は無限と言えるほど多様にあります。行き詰まったときには、「何か別の見方があるかもしれない」と考えるように心がけてきました。


平井嘉朗

私は今年の3月に社長に就任したばかりですが、経営者になって「分刻みで動いて決断すること」も多くなりました。それだけに、様々な業務をスピードアップさせるためには、「物理的な整理」だけでなく、頭の中もしっかり整理された状態を作っていかなければと実感しています。


東英弥

事業構想に取り組んでいますと「社会の一翼を担う」という理念がなければならないということを痛感します。企業は理念に基づき広報活動を行う必要があります。


鈴井貴之

3・11以降、「絆」という言葉をみんなが大切にするようになりましたよね。でも、人と人の繋がり方を深めていこうという流れがある一方で、年間3万人以上の方が孤独死をされている。こうした対極ともいえる問題がいまの日本にはあり、しかもそれは自分にも起こりうることなんだという事実を伝えていきたいと思ったんです。ただ、それをまっすぐ見せるだけでは重い話になってしまう。かといってエンタメ要素を入れてドラマや映画でやろうとしても、そんな企画通るはずがない。だからこそ演劇なんです。世間的にタブーとされることでも堂々とやれる。それが演劇の醍醐味ですから。


北村龍平

高校2年生になると周りがみんな受験勉強を始めたんですが、勉強する理由は、いい大学に行くため、いい就職先に行くためであって、人生のテーマやゴールは特になかったりする。やりたいことがあって、それに対して死ぬほど努力するのは当たり前だと思いますが、何となく受験勉強を始めることがどうしても理解できなかった。じゃあ、自分がなりたいものは何かと言えば、映画監督というのが一番現実味があって、なれるんじゃないかと思えたんです。


冨田英揮

ピンチだと思った時、正面から見たらそうかもしれないが、角度を変えて見てみるとチャンスだったということがよくあります。私もそのような経験をたくさんしました。ピンチだと思った時は、チャンスになる可能性があるという意識を持って、自分自身でピンチをチャンスに変えていってください。


鈴木茂晴

能力やスキルに個人差はあれど、男女差はない。女性の活躍を支援しないことは人材という経営資源の損失。


井戸美枝

親と自分の終活をセットで考える発想も重要です。親世代の多くは持ち家があり、亡くなったあとそこに自分が住むのか。空き家になってしまうのか。有料老人ホームに入るのか。終の住処のことも含めて、親が元気なうちに話しておくほうがいいでしょう。


樋口廣太郎

村井(勉)が私に「これから頭ひとつ、足は四つでいこう」と言ったんです。私はそれで賛成だが、「口はひとつ、耳は四つでいこう」と提案したんです。


戸塚隆将

グローバルエリートたちは朝を情報交換の場として積極活用します。ランチ・ミーティングの場合は前後の移動時間を含めると、昼間のど真ん中に2時間程度を必要とすることもあります。夜の時間は顧客との会食の約束が入ることもあるでしょう。また、ディナーの約束をする際は、相手の食事の好みを考慮し、レストラン選びにはそれなりの時間がかかります。その点、実は、ブレックファースト・ミーティングはとても気軽なものです。中でも、お互いの出張に絡めて設定する光景をよく目にします。ミーティングをするどちらかが宿泊しているホテルのラウンジで待ち合わせをし、そのままホテル内で朝食をとる。あるいは、お互い軽めの朝食を好むのならば、近隣のカフェでコーヒーを飲みながら情報交換します。このように、ブレックファースト・ミーティングでは、少し早起きさえすれば、待ち合わせ場所、レストラン選びに手間取ることなく、気軽に人と会えるのです。また、忙しい相手でも、比較的アポを取りやすいというメリットがあります。