名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山下茂(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山下茂(経営者)のプロフィール

山下茂、やました・しげる。日本の経営者。ベビー用品メーカー「ピジョン」社長。東京出身。立教大学社会学部卒業後、ピジョンに入社。執行役員海外事業本部長、取締役海外事業本部長、常務取締役人事総務本部兼海外事業本部兼中国事業本部担当、取締役常務執行役員海外事業本部担当などを経て社長に就任。

山下茂(経営者)の名言 一覧

工夫ひとつで活路は開ける。


人を動かすためには、それがいかに大切なことかを何度も伝えなければいけません。


タイでは、厳しい環境を生き抜くためには工夫が必要だと痛感しました。工場立ち上げ直後に事故が起きましたが、どうしたら改善できるか分からない。そこで、現場からアイデアを募集し、それに報酬を出しました。こうした取り組みの結果、タイ政府から表彰を受けるほどの安全な工場が誕生したのです。


自分が疲れていては、相手のことを思いやる余裕は持てません。心身ともに健康でいるために、前向きに考えることを心がけているほか、毎日30分エアロバイクを漕いでいます。


どんな言葉が相手の心に響くのか、新聞などを読んでは、印象的なフレーズをメモし、部下などに話す際の参考にしています。


周りの人と関係を構築するために、私が大切にしているのが「気」です。言い換えれば雰囲気、気配りです。いかにうまく接したつもりでも、嫌いな人と話していれば、相手に気づかれてしまう。逆に、相手のことを思って話せばちゃんと伝わります。


タイに赴任したとき生産や購買などの人の中で、周りを巻き込んでいくための関係作りこそ大事だと学びました。


1997年に新工場を立ち上げるためにタイに赴任した経験が、私の原点となっています。ビジョンとしては、過去最高の金額を投じる大型プロジェクトでした。ところが、私はそれまで海外営業畑を歩んでおり、生産管理なんかやったこともない。仕事のやり方をイチから見直す必要に迫られました。


社外取締役を入れるなら、株主の代表に来て欲しかった。投資家に「面白い」と言ってもらえる筋のいい戦略ストーリーを作るためだ。


山下茂(経営者)の経歴・略歴

山下茂、やました・しげる。日本の経営者。ベビー用品メーカー「ピジョン」社長。東京出身。立教大学社会学部卒業後、ピジョンに入社。執行役員海外事業本部長、取締役海外事業本部長、常務取締役人事総務本部兼海外事業本部兼中国事業本部担当、取締役常務執行役員海外事業本部担当などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

眞形隆之

注目度が低く、覚えてもいないようなことを詳細に語ると、事実だと信じ込ませやすい。自信満々に詳しく語ると、それが嘘でも聞いている側は検証のしようがないため、「そんなに細部を覚えているなら、本当なんだろう」と信じてしまう。


竹本吉輝

僕の問題意識は環境問題というより、持続可能な地域社会の在り方なんです。そのための資源として森があり、林業がある。でも日本の林業は行き詰っています。細く曲がった気は森に放置され、まっすぐで質の高い木は輸入木材との競争で価格が低迷している。地域が経済的に自立するには、森の恵みを残らず有効活用するしかないのに。そこで割り箸なんです。ほんの21cmのまっすぐな部分があれば、どんな木からもつくることができ、商品としても素晴らしい。


池谷裕二

脳の報酬系には「不定期な報酬」により喜びを覚える、という特徴もあります。サルになんらかの学習をさせるとき、うまくできたら「必ず」餌を与えるのではなく、確率を2分の1にしてランダムに与えたほうが、成績が遥かに高くなることが証明済みです。人間に応用すると、給与の振り込み回数を半分、振込額を2倍にしてランダムに振り込めばやる気が3~4倍になる、という理屈が成り立ちます。実行する企業は少ないでしょうが(笑)。とはいえ自分でそうしたシステムを作ることも可能です。「この仕事が終わったらサイコロを振って、偶数なら飲みに行く」などの仕掛けをしておくのも面白いですね。


磯崎功典

やはり主力ブランドにきちんと投資をしていかなければなりません。時間はかかりますが、ブランド力が高まればPB商品や低価格商品へのひとつの対抗策にもなってきます。


山本利行

経営環境は不透明さを増すばかりですが、ものづくりの会社という原点に立ち返って、世の中にない新製品の開発で市場を切り拓いていきたい。


後藤玄利

コンサルタント時代、「米国では本社の優秀なコンサルタントがレイオフされている」。そんな情報が届き、情報収集をしてみたら、「彼らはクビになったのではなく、自らスピンオフ(独立)してITベンチャーを立ち上げ、うまくやっている」と。


中原淳

よく小学校の校外活動で川や山に行くことがありますが、そこでは学校を離れ、山や川に行くこと自体が目的になってしまうことが多いように感じます。その川で何を学んだかという内省や省察を引き出すことがおざなりにされがちなのです。仕事も同じことで、人が成長するには経験のあとの内省が不可欠です。問われるべきは経験だけではありません。その後にどのような内省があるかが問題なのです。


山田淳

僕には「同期の飲み会には参加しない」という持論があります。仲間と愚痴や他愛もない話をする時間を過ごすよりも、自分を高めてくれる人と過ごしたいという思いが強い。


最上悠

上司が普段から、部下の価値観を把握しておけば地雷を踏まずに済みます。部下の価値観を知っていれば、的確に動機づけを与えられるでしょう。そういったことを無視し、自分の正当性だけを振りかざすような上司は管理職失格と言わざるを得ません。


山本亮(コンサルタント)

かつての僕はマイナス思考の人間関係の中に身を置き、失敗をしても慰め合える居心地のよさにどっぷりつかっていました。そんな生活を送るうちに、自分を変えたいという思いが強くなりましたが、そう簡単にはいきません。だったら、これまでのマイナス思考の人間関係から抜け出し、目標とする人や成功している人とつき合っていけばいいと思ったんです。


三宅久之

派閥に属してその内部の対立、合従連衡、派閥のせめぎあいの中で得る処世法はある種、外交スキルを磨く。


稲盛和夫

人間は、たとえ年を取っても考え方は変えられる。