名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山下良則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山下良則のプロフィール

山下良則、やました・よしのり。日本の経営者。「リコー」社長。兵庫県出身。広島大学工学部卒業後、リコーに入社。常務、総合経営企画室長、専務、ビジネスソリューション事業本部長、副社長などを経て社長に就任。

山下良則の名言 一覧

顧客のデータと業務の流れを詳細に理解すると商機は広がる。複合機以外にも様々なビジネスチャンスがある。


相当あちこち動き回っています。これは昔からの私の性分です。現場感がなければデータはただの数字になってしまう。逆に、現場が分かっていれば、意思決定も速くなるのです。


人間は感情の動物。フィードバックがあればやる気になる。社員のやる気こそ企業の宝。誰もが働きやすく、仕事にやる気を持てる環境を作り、明るく元気な会社にしたい。


社長就任直後に「リコー再起動」と題した中期経営計画を発表しました。リコーの特徴だったシェア追求や、開発・生産の自前主義などをやめ、利益重視の企業に変革するためです。強いメッセージを出したのは、複合機市場が横ばいで価格が低下する中では、体質を強めなければ勝てないからです。


これまでの開発が自前主義だったことへの反省はあります。ミネベアミツミとベッドセンサーシステムの共同開発を始めました。若手や中堅の社員が他社とのプロジェクトに入って、一緒に商品やサービスを作り上げる。規模にこだわらず、プロジェクトをどんどん立ち上げて経験を積ませ、社風を変えていきたい。


山下良則の経歴・略歴

山下良則、やました・よしのり。日本の経営者。「リコー」社長。兵庫県出身。広島大学工学部卒業後、リコーに入社。常務、総合経営企画室長、専務、ビジネスソリューション事業本部長、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

塚越寛

私の場合、会社の目的は「人を幸せにすること」だと考えている。幸せという言葉を使わずに経営などできない。人間が生きる目的はどんな場合も、突き詰めれば幸せになることであるからだ。


小形真訓

他人の欠点に目が行ったときは、自分と他人を比べるのではなく、自分とキリストを比べるのです。自分はキリストに何ひとつかなうところはない。キリストに比べれば何もかも不完全だと気がつけば、少しは謙虚になれるし、他人に対する期待過剰もなくなるのではないでしょうか。


吉永泰之

何をする時も根っこには、「我々は自動車産業の中で非常に小さな会社である」ということがあります。今年、年間販売台数100万台を突破しましたが、それでもグローバル市場全体から見ればわずか1%にすぎません。世界シェアがたった1%の会社ですからね。とんがっていた方がいいんです。


平井伯昌

良い点を探そうとする習慣が身につけば、どんな境遇に立たされても前向きに捉えられる。


箭内道彦

思考の枠を決めているのは自分自身。僕も靴をわざと左右逆に履いて外出したり、わざと左手で文字を書いたりする。周囲をびっくりさせれば、自分からも周囲からも、また違うアイデアが出てくるもの。


弘兼憲史

昇進は半分以上、「運」です。そう言い切ると、身も蓋もロマンもありませんが、現実だから仕方ない。しかし間違えないでほしいのは、運とは決して偶然ではなく、日頃の努力からなる「実力」と「タイミング」が作用すると僕は思います。


鮎川義介

親を楽にするため、自分は何とかしなくてはいけない、こうした思想の芽生えが私をして一途に立身出世の曙光(しょこう)に向かって脇目も振らず足も早めさせたものと思われる。


豊島逸夫

金は、儲けようと思うと我々でも難しい。8勝7敗で御の字の世界です。金は貯めるもの、将来を見据えて、平時のときからコツコツと蓄えていくものです。私は、金は投資とは認めていません。では、何か。金は保険、何かあった時に頼りになるものなんです。そして、これが役立たないのが実は一番いい。


小谷和朗

人の上に立つ者は、「仕事はオープン・フェア・オネストで」という気持ちが無ければついてくる人もついてきません。逆に言えば、それさえ守っていれば、間違いなく部下は心を開いてくれるはずです。


リチャード・ドッブス

まずは都市化の拡大に伴う新興国市場の成長を考慮して、経営資源の配分が適切かどうかをチェックすることが求められる。日本企業はこれまで東南アジアや中国に経営資源をうまく配分してきたと思うが、その日本企業でも、今後30年の人口増加の4分の3が新興国市場で起きることを考えれば、今の経営資源の配分は適切ではないだろう。


満尾正

体は衰えてきているのに、頭の中は30代のまま。若い頃と同じ感覚で暴飲暴食をしたり、睡眠を削って無理をする40代が少なくありません。しかし、いまは何とかやっていけたとしても、不摂生を続けると10年後にツケを払わされることになります。とくに40代になって尿路結石ができたり痛風になった人は、生活習慣を見直す警鐘だと考えてください。まだ軽症だと笑い話で済ませているかもしれませんが、軽い病気は小手試し。そのままの生活を続けると、心筋梗塞や脳梗塞、または大腸がんなどの大波がやってきます。生活を見直すなら今です。


井川幸広

世間に名の通った有名な人のアイデアは表に出やすいものですが、そうではない人たちであっても面白いアイデアを持っていらっしゃいます。彼らのアイデアを世の中に浸透させる仕組みを構築し、表に出せるようなビジネスモデルを作ることが重要なのです。