山下泰裕の名言

山下泰裕のプロフィール

山下泰裕、やました・やすひろ。日本の柔道家。熊本県出身。東海大学卒業。小学3年生から柔道を始める。高校生時代、インターハイ重量級では史上初の1年生優勝を果たす。数々の大会で優勝し、ロサンゼルス五輪無差別級で金メダルを獲得。引退後は東海大学体育学部教授、東海大学体育学部学部長、日本オリンピック委員会理事、全日本柔道男子強化ヘッドコーチ、神奈川県体育協会会長などを務めた。

山下泰裕の名言 一覧

ハンディを背負った人々は自分の能力を卑下するのでなく、その人独自の花を咲かせたらいい。ハンディは一つの個性だと気づいたら、随分楽になる。


人間は人と自分を比較して優越感を覚えたり、劣等感を抱いたりするもの。でも、自分独自の花を咲かせたらいいんだと気づいた時、喜々として努力するようになる。


人は誰でも自分の頑張りを評価してもらいたいと思っている。短所よりも長所を見ることを大事にすると、まわりの人との関係はかなりいい方向に変わる。


「念じ続ければ必ず結果が出る」というのは私の実感。私は「やれる!」と信じました。誰よりも努力しました。一戦一戦に全力を尽くし、どんな厳しい状況に立たされても、持てる力のすべてを出し切ろうと練習を積みました。その結果、目標を達成しました。


世界で勝とうと思ったら、まわりの人の協力を得て、衆知を結集して戦う必要がある。いろいろな分野の優れた方々の知恵をいただくのです。


私はまだまだ未熟な人間です。金メダルなんて四半世紀も前のことで、今はただのオッサン(笑)。慢心せずに、もっともっと自分を磨いていきたい。


私の生き方そのものは、今も現役当時も変わりません。常に理想を掲げる。過去を振り返らず、未来を見つめて、今をひたむきに生きる。


頑張った自分を、自分で認める。他人は、なかなか認めてくれないものですから。


後ろを振り向かなかったからこそできた。
【覚え書き|203連勝したことを振り返っての発言】


世の中で起きることに、もともと色はない。成功であれ失敗であれ、起きたことにどんな色をつけるか。それは、受け止める人の心一つ。


自信がない時は「なるようになれ!」と、迷いを断ち切り、ボーンとぶつかっていく。人生には、そんな開き直りも大事。


仕事はいろいろな人が関わってやっていくもの。そこに信頼関係が結ばれていて一緒にやっていくのと、そうでないのとでは、仕事の進み具合が全然違う。信頼関係がない中で仕事をやるのは「いばらの道」。


外国人と通訳なしで話して分かったのは、流暢に話せるかどうかはさておき、自分の口で話せば、相手との距離はグッと縮まるということ。


一生懸命努力しても、苦しい練習をしても、必ずしもそれで優勝できるとかメダルがとれるとは限らない。ですが、はっきりしていることは、誰よりも厳しい練習をし、自分に勝たなければ絶対に勝利はないということです。優勝とは結果であり、努力しなければ成し遂げられないものです。


私が人生で何より望むのは、充実した毎日を送ることです。だから、「人間としての自分を磨く時間」「心身の健康のための時間」「家庭のための時間」の3つを確保することを意識しています。


時間管理のポイントは「逆算」ですね。選手時代ならば、大事な大会に向けた準備を、まず手帳に書く。今なら、大事なプロジェクトの締め切りやプレゼンの日から逆算する。


山登りに例えれば、山頂には自分の理想とする柔道があった。それを言葉で表現すれば「常に冷静で隙がなく、素晴らしい技の切れを持つ柔道家」といったところでしょうか。オリンピックだって、その理想に至る道程に過ぎなかった。だから、金メダルを取っても「まだまだだ!」と思っていた。


出来事に喜びの色をつけるか、希望の色をつけるか、慢心の色をつけるか、不平不満か……。その選択肢は我々の側にあり、その色づけで人生は大きく変わります。だから前向きでありたい。


頭の中にある夢のイメージがリアルだと、それが現実なのか想像なのか、自分でも分からなくなってしまうのでしょう。夢に近づくためにする努力が、苦労ではなく、当たり前のことに感じられる。自分の内側から無限のエネルギーがわいてくるあの感覚は、多くの人に知ってほしいですね。


私は、中学2年生の時の作文に「僕の夢はオリンピックに出場し、メーンポールに日の丸を掲げ、君が代を聞くことだ」と書いています。そう書いた時に抱いた夢のイメージというのは、今も強烈に覚えているんですね。実際、オリンピックでの優勝を思い出す時に脳裏に浮かぶのは、ロサンゼルスで体験した現実の映像ではなく、それより10年以上も前に想像で思い描いたシーンの方なんです。そういう強烈な夢のイメージを持つと、頑張ろうと思わなくても、頑張れる。


重要なのは経験したことをどうとらえるか。よく「あの時の失敗が生きて、今の彼・彼女がある」などと他人を評論する人がいます。けれど、本当のところは「失敗が生きた」のではなく、その人が「失敗を生かした」ということではないでしょうか。同じ失敗をしても、生かせない人もいるはずです。


リーダーにとって一番大事なのは、人としての器、魅力。要するに「この人と一緒に行動したい、夢を追いかけたい」と、人に思わせる何かがあるか。


信頼関係さえあれば、自分と異なった意見も認めることができます。信頼関係を築いておけば、かなりの人はこちらの意見を聞いてくれます。あなたが本来果たすべき役割は……と本音で話をしても、自分のためにあえて言ってくれたんだと感謝されます。いい関係さえあれば、きついことも言えるようになるし、逆に相手に感謝されます。私はそういうところを大事にしてきました。


私の心の目を開いてくれたのは、自閉症の次男でした。私は外では柔道の指導に明け暮れていましたが、一歩家庭に入ると、家内が次男の子育てに奮闘していました。思いやり、理解し、共感し、支え合わなければ、一日だって生きていけないのです。強いだけでは全く通用しません。私は家内に誘われてボランティアに参加するようになり、ハンディキャップを背負った人たちの立場でものを考えることの大事さを教えられました。家内と次男がいなければ、私は自信過剰な、鼻持ちならない人間になっていたでしょう。


山下泰裕の経歴・略歴

山下泰裕、やました・やすひろ。日本の柔道家。熊本県出身。東海大学卒業。小学3年生から柔道を始める。高校生時代、インターハイ重量級では史上初の1年生優勝を果たす。数々の大会で優勝し、ロサンゼルス五輪無差別級で金メダルを獲得。引退後は東海大学体育学部教授、東海大学体育学部学部長、日本オリンピック委員会理事、全日本柔道男子強化ヘッドコーチ、神奈川県体育協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

桜井一紀

部下の信頼を得るのは簡単ではありません。心がけたいのは、質より量。週1回の会議より、毎日の何気ない会話が大切です。相手のことを知らなければ、相手にとって適切な質問は浮かびません。部下の何を知っているのか。まずは自分に問いかけるところから始めてみましょう。


一川誠

自分の能力で時間通りにできる範囲で計画を組むと、仕事の内容を取捨選択せざるをえなくなる。その結果、仕事にムダがなくなる。


大橋洋治

古いものを崩して、新しいものに変えていこうというエネルギーが若い社員に満ちていた。私はそれに懸けたいと思った。ただ、あまりに急激すぎる変化はよくない。そこでうまく調整しなければとは思っていた。


長谷川和廣

会社側は、「怠惰・ルーズな人」「信用がない人」「弱い者に高圧的に接する人」「チャンスを目の前にしても行動を起こさない人」のようなタイプの人を嫌がります。部下の手本にならないどころか、部署全体のモチベーションも下げてしまう危険性があるからです。対外的にも評判が悪いし、利益を会社にもたらすようなチャレンジをしないわけですから。


五十嵐茂樹

最後に重要になるのはヒトの問題です。我々はピープルビジネスですから最後は、人間力でいかに他店に差をつけていくのかが課題になります。


江幡哲也

ネット上の情報は、すべてをカバーするわけではないため、情報の仕入れ先は目的に応じて変えなくてはならない。


依田宣夫

多くの企業がそうしているように、経営戦略は短期、中期、長期というように、いくつかのバリエーションで立てていくものだ。当然、長期計画ほど当初の予測から外れやすい。しかし外れたからといって嘆く必要はない。予測がはずれたら、原因を分析し問題があればそれを改善すればよい。


石坂茂

私は、この会社が成長し続けるために、目標に向けて自分たちを駆り立てていく集団にしたかった。その一番初めの目標として設定したのが、上場でした。


梅原勝彦

どうやって経営者と社員の信頼関係を築けばいいのか。答えは極めてシンプルです。私はいつでも「まず自分のほうから先に社員を好きになる」ことを心掛けてきました。社員が私のほうに近づいてくるのを待つのではなく、自分から先に胸襟をひらいて社員に接近するようにする。こうすれば、少しずつ警戒心が和らいでお互いの溝を埋めることができます。


ショーンK

ファシリテーターは単なる「一致」ではなく、「互換性」を目指すことが大切です。一人の意見に合わせるのではなく、全員が受け入れ可能な、新しい結論をつくることを目標としましょう。人の価値観はそれぞれ違います。ひとつに合わせるために誰かが折れるのは、よい話し合いとはいえません。対して、個々の思いや細かな差異を超え、本質的な部分の共通性を見つけられたら、それが互換性のある結論であり、実りある合意です。ファシリテーターは、その地点へ皆を導く「通訳」です。「あなたのいいたいことは、こういうことですか?」と、わかりやすい表現へと翻訳を行ないながら、共通項を抽出し、提示していくことが必要なのです。


ショーペンハウエル

我々の視野、活動範囲、交際範囲が狭いほど、我々の幸福は大きくなる。それらが広いほど、我々は煩わしく、また不安に感じる度合いが大きくなる。なぜなら、それらは心配、願望、恐怖が増大し広がるからである。


ウィリアム・ウェルドン

75年連続という長期にわたって業績を伸ばしてこられたのは、当社の製品や社員が優秀であるからにほかなりません。しかし、それだけではなく、当社が守り続けてきた「クレド(信条)」という経営哲学の存在が大きいと私は考えています。


篠原ともえ

「シノラー」と呼ばれて、テレビにたくさん出て、ブームになったのは16歳の頃。あれから20年が経ちました。「あの頃はムリをして、ああいうキャラを演じていたの?」と聞かれることが多いんですが、それは違います。テレビの世界に飛び込むという夢が叶い、完全に舞い上がっている少女の姿がそのまま画面に映し出されていた感じ。喜びを抑えきれなくて、グフグフになっちゃいました(笑)。だから、計算も演出もゼロでした。


山田昇(ヤマダ電機)

当社の経営理念は「創造と挑戦」である。挑戦して失敗したらそれはしかたない。何もやらないより、挑戦することで問題を発見したほうがいい、というのが当社の社風である。だから、誰もが目標や課題には積極的に取り組んでくれる。


出原洋三

グローバルな経営力があるかどうかは、経験させないとわかりません。「かわいい子には旅をさせよ」です。これからの日本のリーダーは、海外拠点で鍛えていきたい。日本の中でスーッと出世させてはいけません。


ページの先頭へ