名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山下和美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山下和美のプロフィール

山下和美、やました・かずみ。日本の漫画家。北海道出身。少女漫画雑誌『週刊マーガレット』でデビュー。その後、青年誌『モーニング』に移りブレイク。代表作に『天才柳沢教授の生活』『不思議な少年』。

山下和美の名言 一覧

40歳を過ぎたら止まっちゃダメです。1日でも休んだら、下手になります。ここでも、崖っぷちの綱渡りですね。もうマンガを書くだけで、精一杯です。


何でもマンガに取り入れようとして、すごくジタバタしていますね。絵のレベルも、私の歳になると維持するのが大変なんです。20代の頃は、続けていれば自然に上手くなると思っていたんですよ。でも、全然そんなことなかった。毎日、意識して上を目指さないと。


漫画は、まだまだ分からないですね。まだまだこれから暗中模索で、その先どうなるのか分からないなっていう、なんとなく泳いでいる感じです。


チャレンジっていうよりも、なんかいつも崖っぷちに身を置いている。いつも(崖に)ぶら下がるので必死なんです、私も。


私はイエスかノーか、はっきり答えが出せない人間なので、マンガでもいろいろな方向から物事を見ようとするのかもしれません。そういう話ばかり描いてきた気がします。


私はいつもアイデアがバラバラと出てきて、まとめられない。打ち合わせの中で、担当編集さんがふと上手く言語化してくれるんです。その瞬間にサーッとすべてがつながって、ストーリーができる。


せっかく漫画家をやっているんだから、いろいろ違うこともチャレンジしてみないと。思いついたことは、ガンガンやっていかないとなとは思いますね。守りに入っちゃあかんなというのはありますね。


楽しいですよ、崖っぷちだけど。崖っぷちにいて、なんとか乗り越えないと面白くないかなというのはありますね。毎回それの繰り返しみたいな感じで。


脳梗塞で倒れた後、後遺症が残りました。でも、マンガをやめようとは一度も考えませんでした。むしろ「もうマンガしかないな」と思いましたね。体を動かす仕事は難しいでしょう。最初からマンガ一筋というよりは、そうやって自然に生き方がマンガに収斂されていったような気がします。


こうしたほうがいいかな、ああしたほうがいいかなっていうのは、いつも描きながら考えている。だから、とにかく描くんですよ、描きまくって描きまくって。失敗を恐れないでいいんで、どうせあがったものは、どんなにホワイト(修正液)が盛り上がっていようと(読者には)わからないから(笑)。


とにかく描くんですよ。描きまくって、描きまくって、違う違うって思いながら、いつも描いている感じですね。でもね、模索していた方が、突然何か降りてきたりするんですよ。意外なところに、何かが出てきたりするので、そういうときにポーンと飛躍できるときが、ふっとあるんで。


数寄屋を建てなければ、たぶん『ランド』は描けなかったですね。数寄屋は、手間的にも資金的にも大変でした。それによって自分を崖っぷちに追い詰めて、マンガ家として奮起しようという気持ちもありました。数寄屋のおかげで向上したとまでは思わないまでも、描かなきゃという気持ちは強くなりましたね。それもあって、『ランド』の新連載を始められたと思います。


考え事をするとき、頭の中で二人の自分が会話していませんか? それと私、4人姉妹の末っ子で姉が3人いるんです。子供の頃は姉からめちゃめちゃいじめられて(笑)、どうすれば彼女たちと対等になれるんだろうとずっと考えていました。だから、私の中に自分ではない3タイプの人格が刷り込まれているんです。それが、多面性という視点につながっているのかもしれません。


山下和美の経歴・略歴

山下和美、やました・かずみ。日本の漫画家。北海道出身。少女漫画雑誌『週刊マーガレット』でデビュー。その後、青年誌『モーニング』に移りブレイク。代表作に『天才柳沢教授の生活』『不思議な少年』。

他の記事も読んでみる

勝海舟

そやつが後先のことを考えてみているうちに、二・三百年も前に、ちょうど自分の意見と同じ意見を持っていた人を見出すのだ。そこでそやつが驚いて、なるほど偉い人間がいたな。二・三百年も前に、いま自分が抱いている意見と同じ意見を抱いていたな、これは感心な人物だと騒ぎ出すようになって、それで世に知れてくるのだよ。知己を千載の下に待つというのはこのことさ。
【覚書き|本当の大人物は2・300年後の未来にならないと本当の評価は得られないという趣旨の発言】


楠木建

グローバル人材を端的に言えば、慣れ親しんでいない場所に行って、自分で商売を丸ごと動かせる「経営人材」のこと。外国語でのコミュニケーション能力や国際的な専門知識をもつことなどではない。それらは単なるスキル。


本田秀夫

実はかくいう僕もADHD(注意欠如・多動性障害)とASD(自閉症スペクトラム障害)の特性があります。予定を立てるのも苦手だし、夢中になると寝食を忘れてのめりこんでしまう。職業を間違っていたら、確実にダメだったでしょうね。でも医者や研究者のほとんどはASDタイプです。こだわりの強さが強みにつながった例です。


諏訪貴子

社長に就任してからは、そのときどきに生じた悩みや知りたいことの答えを、本に求めて読むようになりました。たとえば、社長業で壁にぶつかったときは、シェイクスピアの「世の中には幸も不幸もない。考え方次第だ」という一節を読み、自分を奮い立たせたことがありました。最近読んでいる本は『超訳 論語「人生巧者」はみな孔子に学ぶ』。経営者としてのあるべき姿を、再度自分の中に入れ込むことが目的です。


樋口武男

伸びる人材に必要な条件は、まず意欲。それが、行動につながってくる。


江上治

ロードマップのない人生は、自分がどこに向かっているか分からない。これはつまり、どこに向かって進んでいるかが、さっぱり分からない難破船のようなものである。危険な人生と言っていい。


板東英二

プロスポーツの世界にいた僕からみれば、トップアスリートの身体能力というのは、もって生まれた要素が大きいと思います。オリンピックの金メダリストと普通の人とでは、努力では埋められない圧倒的な差があるでしょう。でも、頭のなかの知恵については、それほど人によって違わないと僕は思うんです。知識不足は勉強によって補えますから。


村上太一

経営をしていると、売上げやコストなどの数字を見て判断を迫られる機会が多くあります。そのときに、さまざまな数字が頭に入っていれば、いちいち調べることなく、バッと見で「こんなに利益があるなんておかしいぞ」「本当にそれだけの市場があるのだろうか?」といった違和感を覚えるようになる。それができれば、経営判断を誤ることが減るわけです。


小林喜光

開発競争はマラソンではありません。全速力で走り続けないとあっという間に追いつかれます。開発に20年以上かかるとしても、100m走の繰り返しなのです。


和田裕美

私はよく講演で、「500円と1300円のお弁当があって、1300円のお弁当がすごく食べたいと思ったら、迷わず買ってください」といっています。いつもお昼を500円に抑えているお父さんは、「1300円の弁当買っちゃったよ」と、蓋を開ける瞬間からワクワクして、その美味しさやお肉の厚さに感動すると思うんです。そういう体験はすごく大事。その積み重ねで人間の幅が大きく違ってくると思うんです。


藤井佐和子

安定して高いモチベーションを保つためには、ストレスのない環境が絶対に必要です。その環境も自分の働きかけ次第でつくることができます。相手が気持ちいい、あるいは安心する伝え方を心がけることで、あなたは間違いなく職場で尊重され、自分も周りの人のモチベーションも、グンと高めることができるでしょう。


小倉広

人間というのは、「信頼」で動きます。信頼している相手がいうことなら、多少納得がいかなくても、「君がいうならやってみようか」と考える。逆に、信頼していない相手がどんなに正論をいっても、「君の話は聞きたくない」と思うものです。上司に認められたいなら、日ごろから信頼を蓄積することが必要です。