名言DB

9412 人 / 110637 名言

山下和美の名言

twitter Facebook はてブ

山下和美のプロフィール

山下和美、やました・かずみ。日本の漫画家。北海道出身。少女漫画雑誌『週刊マーガレット』でデビュー。その後、青年誌『モーニング』に移りブレイク。代表作に『天才柳沢教授の生活』『不思議な少年』。

山下和美の名言 一覧

40歳を過ぎたら止まっちゃダメです。1日でも休んだら、下手になります。ここでも、崖っぷちの綱渡りですね。もうマンガを書くだけで、精一杯です。


何でもマンガに取り入れようとして、すごくジタバタしていますね。絵のレベルも、私の歳になると維持するのが大変なんです。20代の頃は、続けていれば自然に上手くなると思っていたんですよ。でも、全然そんなことなかった。毎日、意識して上を目指さないと。


漫画は、まだまだ分からないですね。まだまだこれから暗中模索で、その先どうなるのか分からないなっていう、なんとなく泳いでいる感じです。


チャレンジっていうよりも、なんかいつも崖っぷちに身を置いている。いつも(崖に)ぶら下がるので必死なんです、私も。


私はイエスかノーか、はっきり答えが出せない人間なので、マンガでもいろいろな方向から物事を見ようとするのかもしれません。そういう話ばかり描いてきた気がします。


私はいつもアイデアがバラバラと出てきて、まとめられない。打ち合わせの中で、担当編集さんがふと上手く言語化してくれるんです。その瞬間にサーッとすべてがつながって、ストーリーができる。


せっかく漫画家をやっているんだから、いろいろ違うこともチャレンジしてみないと。思いついたことは、ガンガンやっていかないとなとは思いますね。守りに入っちゃあかんなというのはありますね。


楽しいですよ、崖っぷちだけど。崖っぷちにいて、なんとか乗り越えないと面白くないかなというのはありますね。毎回それの繰り返しみたいな感じで。


脳梗塞で倒れた後、後遺症が残りました。でも、マンガをやめようとは一度も考えませんでした。むしろ「もうマンガしかないな」と思いましたね。体を動かす仕事は難しいでしょう。最初からマンガ一筋というよりは、そうやって自然に生き方がマンガに収斂されていったような気がします。


こうしたほうがいいかな、ああしたほうがいいかなっていうのは、いつも描きながら考えている。だから、とにかく描くんですよ、描きまくって描きまくって。失敗を恐れないでいいんで、どうせあがったものは、どんなにホワイト(修正液)が盛り上がっていようと(読者には)わからないから(笑)。


とにかく描くんですよ。描きまくって、描きまくって、違う違うって思いながら、いつも描いている感じですね。でもね、模索していた方が、突然何か降りてきたりするんですよ。意外なところに、何かが出てきたりするので、そういうときにポーンと飛躍できるときが、ふっとあるんで。


数寄屋を建てなければ、たぶん『ランド』は描けなかったですね。数寄屋は、手間的にも資金的にも大変でした。それによって自分を崖っぷちに追い詰めて、マンガ家として奮起しようという気持ちもありました。数寄屋のおかげで向上したとまでは思わないまでも、描かなきゃという気持ちは強くなりましたね。それもあって、『ランド』の新連載を始められたと思います。


考え事をするとき、頭の中で二人の自分が会話していませんか? それと私、4人姉妹の末っ子で姉が3人いるんです。子供の頃は姉からめちゃめちゃいじめられて(笑)、どうすれば彼女たちと対等になれるんだろうとずっと考えていました。だから、私の中に自分ではない3タイプの人格が刷り込まれているんです。それが、多面性という視点につながっているのかもしれません。


山下和美の経歴・略歴

山下和美、やました・かずみ。日本の漫画家。北海道出身。少女漫画雑誌『週刊マーガレット』でデビュー。その後、青年誌『モーニング』に移りブレイク。代表作に『天才柳沢教授の生活』『不思議な少年』。

他の記事も読んでみる

平強

古い秩序が崩壊し始めたことは、日本のビジネスマンにとって苦しみではありません。大企業にとらわれていた優秀な人材が世の中に出て自らの実力を問うチャンスの到来です。


天野周一

「ありがとう」はまず形から。ありがとうと言うことが大事で、気持ちは後からついてきます。心を込めなきゃ、などと思っているから言えなくなる。


吉越浩一郎

ダメな会社は、社員の働き方にも大きな問題があります。それは重要度のあまり高くない仕事をたくさん抱えていること。たとえば旅費精算。これを未だに手書きでやっているようなところは、ハッキリ言ってどうしようもない会社。そんなものはソフトを使えば提出から上司の確認、支払いまでパソコン上で全て完結できます。往々にして日本の会社には「こんな仕事をしている場合じゃない」という感覚がない。むしろ低レベルの仕事を「こんなに一生懸命やってます」と思ってやっている。これでは会社が上向くはずがありません。


井岡一翔

人って、誰でも自分の将来を思い描きながら生きていくと思うんですよ。でも思うようにはいかないじゃないですか。結局、オリンピックという目標が消えてしまったので、大学は中退し、プロデビューをすることになりました。ただ「世界チャンピオンになる」という思いにブレはなかったので、「あのオリンピックに出られなかったという挫折があったから、井岡は世界チャンピオンになれたんだ」といつか言われるようになろうと、毎日の練習を集中してやりました。


川口順子

新しいものに出合い、それを改革につなげる――。私が初めてこれを体験したのは、高校2年生です。機会を得て、米国のフィラデルフィアに1年間留学した時、それまで当たり前と思っていたことが通らない、という経験をたくさんしました。私が夜の11時を過ぎて勉強をしていると、アメリカのお母さんが早く寝るように強いるのです。「あなたの健康の方が大事。これが我が家のやり方です」と。日本では子供が勉強していて文句を言う母親はあまりいないでしょう。私は「勉強がすべてではないんだなあ」と考えるようになりました。


宮田玲(経営者)

やはり私は「企業は人」だと思います。大半の時間を会社で過ごすのですから、「人」が楽しさとか生きがいを感じられないと、結局は企業の力にもなりません。だからフレンドリーでチームワークのいい、厳しくても根底に愛情を持った組織でありたいと思っています。


鈴木健(スマートニュース)

わかったことは「パーソナライズされたニュース」というコンセプトは多くのユーザーにとって興味を引かれるものではなかったということ。実際にサービスを出してみると、そっちが好きな人は1%くらいしかいなかった。ほとんどの人は個人的な関心より、世間のみんなが関心を持っているニュースを知りたいようです。


村田諒太

2011年の世界選手権では、2連覇している相手と当たったんですが、「勝っても負けても実力を出そう」という持ちでやったら、勝てたんですよ。その勢いで、一気に決勝へ進出して銀メダルまで獲得できました。


佐藤正午

最近とても面白い小説を読んだんですよ。とある作家さんによる文庫本の上下巻。体力の衰えてきた最近では一冊読み切るのも時間がかかるのに、興奮のあまり2日で全部読み終えてしまった。そのなかに並木道が登場するんですが、それが欅なのか銀杏なのか、詳細は一切書かれていなかったんです。作中の重要なシーンとして何度も描かれるので、それが少し気になって。というのも、きっと僕なら並木の種類や葉の色づきなど、情景を細かく描写するだろうなと思った。もちろん並木道がどんなものであろうと重要なのはそこで起きる出来事だから、関係ありません。現にその小説は描写がなくても十分に面白いし、その点が物語の質をなんら損ねるものではなかった。だとしたら、僕が積み重ねてきた描写にはなんの意味があったのだろう、もしかして僕の書き方はくどいだけで間違っていたのだろうかなどという思いがふとよぎりました。もちろん正解なんてないんでしょうが、今後も小説を書き続けていくうえで、考えさせられる一件でした。


泉谷しげる

「よく働いた」なんて言えてるうちは本当に疲れてないよ。俺なんか今もバタンキューだから(笑)。


伊本貴士

私たちが持つべきものは、何より「危機感」なんです。それがあれば、自然と学びのスタート地点に立つようになると思います。


越智啓太

企業犯罪の大半は、自分の職場で自分の仕事の延長で行われますが、それは慣れた場所で慣れたことをやるのだから絶対にバレないだろうと考えるからです。とくに、お飾りの上司が1、2年でかわっていくような職場は犯罪が起こりやすい。腰掛けの上司は仕事のチェックが甘いので不正や横領が露見しにくく、バレる可能性が低くなりがちなのです。


ビクター・ルイス(経営者)

消費者には古いイメージが固定されていますから、それを変えるには、リーダーが新しいイメージのストーリーを語らなくてはなりません。同時に常に新鮮味を打ち出し、古いイメージではなく、新しいイメージが消費者の頭に残るよう工夫するのです。


冨安徳久

欧米型の経営理論が「目標追求型」ならば、日本人は「天命追求型」でなければなりません。社長1人が出来ることはたかがしれているので、社長の想いは誰でも巻き込める「志」にならなければいけません。その事業が「夢」から「志」となった時、初めて会社は発展します。葬儀業界の改革が自分の夢ではなく志になった時点で、人が集まりだしました。


柳井正

経営者は自分が仕事をするのは当然として、社員に仕事をしてもらわないといけない。社風とか、価値観とかを組織に根づかせるのも、経営者の仕事です。