山下俊彦の名言

山下俊彦のプロフィール

山下俊彦、やました・としひこ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」3代目社長。大阪市立泉尾工業高等学校卒業後、松下電器傘下のランプ工場に入社。その後、関連会社の常務取締役、松下電器冷機事業部長、取締役を経て社長に就任。高卒、現場叩き上げで松下の社長になった。

山下俊彦の名言 一覧

悲観的に考えて、それを言ったところで解決しないから、楽観的なほうがいい。社長業は楽観的でないと精神的にも参ってしまう。


仕事を任せると、皆やりますよ。そして、それができれば、当人にとっても感激が湧きますし、自信と実力が付いてきますから。


ただ教育だけしてもダメ。経験しないと力にならない。


ツキに見放された人はいくら人格が立派でも結局アカン。


人間をつくるということは、仕事を任せるということ。


(創業者に)気配りなんかしていたら、仕事にならんですよ。


一番気を付けなければならないのは報告ですね。それも、相談するという形で報告するのが、一番大切です。


厳しい状況にあるからこそ、社内が団結し、新社長の色が出せる。花道(はなみち)論などナンセンス。
【覚書き:プラザ合意後の円高での厳しい状況下で次の社長へ交代することに対し「いま退いては社長の花道を飾れないのではないか」と問われた時の返答。自分の経歴よりも社を優先させるべきという趣旨の発言】


社員全体が満足感を得るように仕事を与えることが大切。そのためには、やはり適度に難しい仕事を与えるなり、会社としても新たな分野にチャレンジすることです。


企業というのは1つの人間集団ですから、社長ひとりがたとえどんなに非の打ちどころがないくらい働いても、それだけではダメなんです。やっぱり、社員が動いてくれないと。


リーダーというものは、部下に誇れる何かがないといけません。それがないと結局は部下の機嫌を伺うことになる。中途半端なゼネラリストは駄目です。一芸に秀でたものがあれば申しぶんないが、そういうものがなくてもあの人には我々にできない何かがあるという面が必要でしょう。


山下俊彦の経歴・略歴

山下俊彦、やました・としひこ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」3代目社長。大阪市立泉尾工業高等学校卒業後、松下電器傘下のランプ工場に入社。その後、関連会社の常務取締役、松下電器冷機事業部長、取締役を経て社長に就任。高卒、現場叩き上げで松下の社長になった。

他の記事も読んでみる

竹田和平

自分を否定しようとする人が現れたら、そんなとき、これはきっと何か自分を発奮させるための意味があるんだろうと、僕は考えるようにしています。いまはまだその意味が分からなくても、いつか良い意味があったことに気がつくはずだと考えるのです。だから、どんなに嫌だと思ったことでも、自分の受け取り方を変えて、そのまま手を広げて受け入れようと努力する。世の中を変えることはできません。自分で変えることができるのは自分自身だけなのですからね。


作田久男

社員に対しても、どんな仕事をするときも「何のためにやるか」と自らの意志を持って、自らの頭で考え、自ら行動することが大切だと日ごろから話しています。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

受講者に満足度が高いと評判のセミナーに出席したとき、グループワークで他の受講生と話をしたら、8人中6人がそのセミナーの常連でした。いくら内容が抜群でも、一回受講すれば十分です。スクールやセミナーは学んだことを行動に落とし込み、自分の仕事に役立ててこそ価値があります。自己満足で終わるだけなら受けない方がいいでしょう。


稲盛和夫

忙しい毎日を送っている私たちは、つい自分を見失いがちである。そうならないためにも、意識して反省をする習慣をつけなければならない。反省ある人生を送ることにより自分の欠点を直すことができ、人格を高めることができる。


小池利和

他社さんがやっている言葉の肌触りがよくて、成長しているみたいなイメージだけでその事業に突っ込むのは、当社の場合は身の程知らずかなと思います。その分、競争が激しいわけだから、逆にダメだと思うんです。みんなが参入するから、結局は思ったほど儲からない世界です。


森稔

私は東京を世界に誇る環境共生都市にしたいのです。理想を実現するためには、またいくつもの困難を乗り越えなくてはいけませんが、諦めるつもりはありません。志を忘れなければ、きっとつかめるはずです。


津田晃

売れない営業マンは、自分の売りたいものをアピールしたいからといって、焦って自分の話ばかりしてしまいがちです。すぐに商談を始めたのでは、ほとんどの場合、相手は警戒心を強めてしまいます。ですから、初対面では自分のことや商品の説明ではなく、まずは、相手のことを話題にするとよいですね。


藤山勇司

難易度が高く、勉強の負担は少なくないですが、本業でも副業でも、不動産投資をするなら宅建(宅地建物取引士)はおさえておきたい資格です。宅建を取得すると不動産業者から、不動産のプロとして一目おかれる。自分は宅建の資格があると明示すれば、業者から変な提案を受けたり、騙されたり、舐められたりすることもなく、交渉もスムーズに進むでしょう。激安の指値をしてもバカにされることはなく、なぜその値段なのか、こちらの話を聞いてくれます。


迫俊亮

大学在学中は社会学者となって世の中に貢献したいと考えていました。そういう夢を抱えながらインドに向かい、バックパッカーとなって長期にわたり放浪する経験などもしました。貧困や教育など、世界各地が抱える様々な問題をどうすれば解決できるのか考える日々が続く中、あるときふと思ったんです。「世の中を変えているのは誰なんだ?」と。もちろん多様な人々が関わり、それぞれが重要な役割を果たしています。しかし、実際に足を運び、手を動かし、社会の仕組みを現実的に変えているのは「学者ではなく、企業なのではないか」と気づき始めてからは急激にビジネスの世界への関心が高まっていきました。そして「世界各地を飛び回り、主体となって動ける仕事に就こう」と思うようになったんです。


ジェローム・シュシャン

正しいプロセスかどうかの判断基準は、顧客が望んでいるものが提供できているかどうか。顧客が望んでいなければ、どんなに努力をしたところで、売上げや利益には結びつかない。その努力は、正しいプロセスではない。


角野卓造

私が何度も通いたくなる居酒屋に共通項があるとすれば、店の主人に哲学があるか。筋という言葉にも置き換えられるでしょう。それは店の看板や内装、カウンターの様子などに、にじみ出ています。いい居酒屋は客質もよく、どんな常連がついているかでも分かります。いい居酒屋といい関係をつくるのは、自分次第でもあるんです。


佐野真之

アスミック・エースでは約130人の従業員が働いており、従来は映画製作、配給、動画配信などの業務が縦割りになっていました。最近はその環境を刷新し、全組織のトップを集めて横断的に打ち合わせを行うことで、様々なシナジーを生み出しています。その取組みの結果、作品に「新しい価値」を付加することにつながり、今まではあまり世の中から受け入れられていなかったジャンルの作品を大ヒットさせることができました。


須藤敬志(たかし)

僕は高校を卒業してNSC(吉本総合芸能学院)に入ったので、25歳の斎藤(司)さんを初めて見たときは、7つの年の差以上におじさんだな~、と思いました。ハゲてたし。でも、誰かと組まなくちやと思って、僕から「組みませんか」って。なんとなく組んだのにM-1で優勝できるなんて運がいい。ハゲネタで優勝ですからね。


高岡浩三

より大きな仕組みやルールを変えたいときは、焦らずに力を蓄えて、「ここぞ」というタイミングで動くという戦略も必要になる。


森郁夫

飛行機をつくりたいと入社したのに、計数課にまわされ、はじめはガッカリしたんですけれど、書類やモノの流れなど、会社の全体像がよく分かったので、後から考えると最初に計数課に配属されてよかったと思います。


ページの先頭へ