名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

山下亀三郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山下亀三郎のプロフィール

山下亀三郎、やました・かめさぶろう。日本の実業家。山下汽船(のちの商船三井)、山下財閥創業者。伊予国(のちの愛媛県)出身。庄屋の7人兄弟の末っ子として出生。その後、旧制中学校を中退し家出。京都で小学校の助教員となる。明治法律学校(のちの明治大学)で法律を学んだのち、製紙会社社員、貿易会社支配人などを経て、横浜に洋紙売買の山下商店を設立するも倒産。竹内兄弟商会石炭部に勤務したときにのちに大成功を収めた海運業と出会う。同商会から石炭部を譲り受け独立。その後、日本最大の傭船主となった。

山下亀三郎の名言 一覧

アクの強い、生意気な男こそ役に立つ。大いに使いこなせ。


山下亀三郎の経歴・略歴

山下亀三郎、やました・かめさぶろう。日本の実業家。山下汽船(のちの商船三井)、山下財閥創業者。伊予国(のちの愛媛県)出身。庄屋の7人兄弟の末っ子として出生。その後、旧制中学校を中退し家出。京都で小学校の助教員となる。明治法律学校(のちの明治大学)で法律を学んだのち、製紙会社社員、貿易会社支配人などを経て、横浜に洋紙売買の山下商店を設立するも倒産。竹内兄弟商会石炭部に勤務したときにのちに大成功を収めた海運業と出会う。同商会から石炭部を譲り受け独立。その後、日本最大の傭船主となった。

他の記事も読んでみる

山崎敦彦

建機はどの会社も同じような機械を作っているというふうに、皆さんご覧になると思うんだけども、メーカーさんの開発・設計に行くとそれぞれに方針があって、フィルターに対する要求も違うんです。オーダーメードのスーツを作るがごとく、「そう、これだよ」と言っていただける、ろ材をお客様に供給できる。これは強み。


佐々木常夫

これ以上の昇進がないと思った時点で、部下から成長を諦めた人間と思われて当然。悔しかったら、組織や人事のせいにしないで、昇進のための努力を続けなさい。


鑄方貞了(鋳方貞了)

社長は日頃から可能な限り、決断を下すための時間を多く割かなければなりません。お得意先や仕入先を訪問していろいろな情報を仕入れたり、業界の展示会などに行って今後の業界の動向や方向性を確認しておくといった地道な努力が大切です。また、部下に任せられる仕事はどんどん委譲し、決断を下すことに集中できる体制をつくりましょう。


吉岡知哉

どれだけ役に立つかわからないにしても、ある事柄をギリギリまで考える、やってみる経験が必要。


山田進一

その場の機転はもちろん大事ですが、プレゼンの質疑応答において、事前準備はとても重要です。


森川亮

何パターンも仮説を立てて、一番可能性の高いところからやっていく。すると何かに当たる可能性が高い。


午堂登紀雄

やる気のない人はできない理由を探すことに躍起で、行動しなくていい理由ばかりを見つけようとする。だから行動できないんです。そうやって自分をストップさせず、実際にやってみることが必要です。FXなら10万円でもいいから口座を開いて、5000円分でもポジションを取ってみる。アフィリエイトだって10分あればブログなんてできます。年収300万円の人と3000万円の差はズバリ、行動力。世の中には儲かることがいっぱいあります。やってみないともったいない。


西田厚聰

開発技術者なら、良い仕事を出したときの達成感、充実感は長く続くと思います。しかし営業マンは毎月毎月の予算を達成しなければいけないので、達成したと思ったら翌日から次の高いバーが待っています。いわば瞬間の達成感に満足する人でなければいけません。


タモリ(森田一義)

緊張できるような仕事ができるっていうことを幸せに思うことですね。

【覚え書き|「緊張しないための秘訣」を問われて】


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

米シリコンバレーにラボを作り、エンジニアを大量採用し、シリコンバレーのカルチャーを積極的に導入している。産業の変化に対応するには最適な実行者が不可欠。同時に、より素早く、よりインタラクティブな文化を身につける必要がある。そういったものが、GEを変化させる基礎になる。


塚越寛

クルマで通勤する社員には、本社の施設に入るときに右折するなとも言っています。朝の通勤時間の渋滞というのは、右折車があることが大きな原因ですから、遠回りになっても左折して会社にたどり着けと。こんなふうですから、みんな正義感は強いと思います。「溝にタイヤがはまったら、親切に助けてもらった」などという礼状が時折私宛に届くからわかるんです。自分が誉められるよりも嬉しいですね。


村木厚子

ゆっくり歩いても、時間が経てば、案外距離は稼げているものです。少しずつできることを積み重ねていくと、前に進んでいる自分を自覚できます。ゆっくり進めば周囲にある様々な景色も見える。そうしているうちに、また元気になれたりします。