山下亀三郎の名言

山下亀三郎のプロフィール

山下亀三郎、やました・かめさぶろう。日本の実業家。山下汽船(のちの商船三井)、山下財閥創業者。伊予国(のちの愛媛県)出身。庄屋の7人兄弟の末っ子として出生。その後、旧制中学校を中退し家出。京都で小学校の助教員となる。明治法律学校(のちの明治大学)で法律を学んだのち、製紙会社社員、貿易会社支配人などを経て、横浜に洋紙売買の山下商店を設立するも倒産。竹内兄弟商会石炭部に勤務したときにのちに大成功を収めた海運業と出会う。同商会から石炭部を譲り受け独立。その後、日本最大の傭船主となった。

山下亀三郎の名言 一覧

アクの強い、生意気な男こそ役に立つ。大いに使いこなせ。


山下亀三郎の経歴・略歴

山下亀三郎、やました・かめさぶろう。日本の実業家。山下汽船(のちの商船三井)、山下財閥創業者。伊予国(のちの愛媛県)出身。庄屋の7人兄弟の末っ子として出生。その後、旧制中学校を中退し家出。京都で小学校の助教員となる。明治法律学校(のちの明治大学)で法律を学んだのち、製紙会社社員、貿易会社支配人などを経て、横浜に洋紙売買の山下商店を設立するも倒産。竹内兄弟商会石炭部に勤務したときにのちに大成功を収めた海運業と出会う。同商会から石炭部を譲り受け独立。その後、日本最大の傭船主となった。

他の記事も読んでみる

ロバート・マートン

現代の投資はチェーンソーのようなものだ。木を切るには非常に効率的な道具だが、とても危険だ。使い方に習熟してから使用することが求められる。


村井満

経営改善のためには、現状を正しく理解することが前提。現状認識して、事業計画をしっかり立て、実行して修正する。


中村慶郎

ネット広告で先を走っているサイバーエージェントさんやオプトホールディングスさんに比べると、当社はかなり後発でした。ただ、日本ロレアルのように巨額な広告費を使っている会社でも、予算の中でネット広告に割いている割合はまだ少なかったので、チャンスがあると。


永瀬昭幸

英語を含め、学習の成果はモチベーションに大きく左右されます。モチベーションを高めるのは目的と、期限や目標設定です。急に海外赴任が決まったとすると、「3か月後にビジネス会話ができるようになっていないと、赴任先で活躍できずに昇進の道も閉ざされる」となれば、目的も期限や目標も明確です。いつ必要になるのかわからない状況でだらだら学習するより、モチベーションは極めて高くなり、上達もしやすいはずです。


小倉広

部下に仕事を任せるときには同時に、「何をやるか」「どのようにやるか」も確認しておかなくては、すれ違いが大きくなるばかりです。ただし、上司のやり方を押しつけてはいけません。上司と部下が二人でホワイトボードに向かいながら、共同作業で一緒に考えていくのです。


本田哲也(経営者)

PRクリエイティビティの真髄は「とんち」「機知性」にある。


柳川範之

同じ本を2回読むこと。1回目はざっと目を通し、そこに書かれていることをひととおり頭に入れます。それができたら今度は「逆のケースで考えたらどうだろうか」「この部分は前の記述と矛盾しないか」というように、内容を疑ったり批判したりしながら読むのです。本はそういうふうに読んで、はじめて理解が深まるのです。


堺美保

新しい市場、新しい需要をつくろうと思ったら、人真似なんかしていられない。


ジム・ロジャーズ

長く繁栄し続ければ、その間には失敗もあるものだ。米国は20世紀に最も成功した国だが、その間には大恐慌もあったし、恐ろしい戦争もあった。こういった混乱を経て、米国は大成功を収めたのだ。


國分文也(国分文也)

事業を通じて世界の発展に貢献できるのが商社の醍醐味。心のどこかに国を背負い、その次に丸紅を背負う。一人一人が国や会社の代表者なのだということを考えて仕事をしてほしい。


藤野祐美

学びを学びで終わらせないためには、実践あるのみ。実践機会の提供、実践のための仕組みづくりも含めて研修であると私は考えています。そして実践の中で得る成功機会。それが研修をイベントごとで終わらせないための、次へのモチベーションにつながります。


小松俊明

仕事が遅いけれど丁寧なタイプは「スピードを出すことに対する意欲の足りなさ」を、仕事の質の高さや正確さで補っているともいえる。しかしそれは決して褒められた話ではなく、そうするのが自分にとって一番楽だから、そのスタイルを貫いているだけだ。このような、遅くなったせいで周囲に迷惑をかけている自覚がないタイプには、上司がはっきりと、「いくら完成度が高くても、期日に間に合わなければ無意味だよ」と言わなければならない。


似鳥昭雄

仕事というものを突き詰めれば、お客さんの喜びを追求することであり、社員の喜びであり、株主も喜ぶという3つの喜びが実現できるかどうか。


知識賢治

事業再生には、社員や関係者のやる気や人間力が最も重要。


亀井忠夫

虎ノ門のJTビルや秋葉原にあるYKKの本社ビルの設計などを手掛けました。これらの設計は顧客企業の要望に応え、伝統や扱っている商品まで考慮しています。発注者にご満足いただくのは当然として、何より街に暮らす人々が快適に過ごせるための配慮は欠かせません。過度なデザインを主張するのではなく、周囲の環境と調和し、利用者の立場に立った建築が求められています。


ページの先頭へ