名言DB

9425 人 / 110833 名言

尾藤峰男の名言

twitter Facebook はてブ

尾藤峰男のプロフィール

尾藤峰男、びとう・みねお。日本の資産運用アドバイザー。埼玉県出身。早稲田大学法学部卒業後、日興証券に21年間在籍。その後、「びとうファイナンシャルサービス」を設立。

尾藤峰男の名言 一覧

子供の教育や住まいにいくらでもお金をかければいいというものではなく、自分たちの老後も見据え、抑えるところは抑え、そのぶん老後の資産形成にまわしていくことが大切。


もちろん元本割れのリスクはありますが、長期運用することで元本が着実に増えていくことが期待できます。資産運用で最も大切なことは、一度始めたら止めずに続けること。


介護のための費用を用意するのはもちろん、自分が介護されなくてすむよう、今から健康維持に努めることが重要です。タバコの吸いすぎやお酒の飲みすぎは控え、適度な運動、歯の健康管理、十分な睡眠を心がけます。健康があってこそ、定年後の人生を豊かにすることができます。


安易に会社を辞めるべきではありません。会社内で築いたスキルは社外で通用しないことも多いもの。もし転職や起業を考えているなら、自分の力を過信せず、資格を取ったり、日頃から起業センスやネットワークを作っておくことが大切。


一度しかない人生を豊かに、お金の心配なく過ごせるようにするには、老後資金は多いに越したことはありません。最低でも五千万円、頑張って一億円を目標にしてみてはどうでしょうか。五千万円や一億円は途方もない目標に思えるかもしれませんが、四十代から始めればそれほど難しいことではありません。


尾藤峰男の経歴・略歴

尾藤峰男、びとう・みねお。日本の資産運用アドバイザー。埼玉県出身。早稲田大学法学部卒業後、日興証券に21年間在籍。その後、「びとうファイナンシャルサービス」を設立。

他の記事も読んでみる

ムーギー・キム(金武貴)

文章を書く力は、どんな仕事に就いても必要とされる基本スキルです。メールを書くのも、会議の議事録も書くのも、打ち合わせのメモを取るのも、プレゼン資料の作成も、すべて文章力が不可欠です。議事録一つとっても、世の中に会議のない会社なんて存在しませんから、もし皆さんが議論のポイントを的確に押さえた議事録を書くことができたら、それだけでどこの会社に行っても感謝される人物になります。


山本由樹

『STORY』の編集に携わる以前は16年間、週刊誌でニュース記事を作っていました。異動してショックだったのは、その経験が役に立たなかったこと。そこでロケ場所探しから撮影の助手まで、新入社員がするようなことから再出発しました。新しい分野に挑戦する時は、謙虚にならないといけない。それがファッション誌編集者としての最初の反省でした。


浦沢直樹

毎回白紙から違う絵を描くから、なんか毎回初心者みたいな気持ちになりますよね。


中山雅史

トレーナーから「ここを鍛えればこういう動きができる」と教えてもらうと、まだプレーできると思えてトレーニングします。それをグラウンドで生かそうとするけど、なかなかうまくいかない。今はその繰り返しです。諦めが悪いと思う人もいるでしょう。かっこ悪いと言う人もいるかもしれません。でも今はできないことをどうやったらできるかと考え、少しでも自分の思うようなプレーをできるかを求めています。


上野金太郎

僕自身、営業を皮切りに、広報やって、ドイツへ行って、社長のアシスタントやって……。とにかくいろいろなセクションを回されましたが、無駄になった仕事はひとつもありません。後になって必ず役に立つ場面があるのです。


葛西紀明

つらいときはもちろんありますが、「練習しなければ勝てない」「強い選手はもっと頑張っているぞ」と自分に言い聞かせながらやっています。でも、「つらいこと」も実は好きなんですよ。練習しながら「つらい」と思うと、「でも、これが成績に、勝利につながるんだ」と思えば嬉しくなるし、やる気も出ます。


加瀬豊

新興国は札束で頬を叩きながらイニシアチブをとろうとする相手を全面的には信用しません。ですから、資源国も自分のところの権益は残し、そのうちの何割かを相手に買ってもらってパードナーシップを組もうとします。搾取ではなく、我々もそれに応えてその国と一緒に産業を育てていく。そのベースにある信頼感が、欧米諸国とは違う日本人の強みであり、日本企業に期待されていることだと思います。


山田満(経営者)

人の真似は面白くない。誰も作らないような独創性のある製品を作った方が楽しい。


梶原しげる

相手を説得できないのは、話の内容や言葉遣いだけではありません。話す内容と声とのミスマッチも、説得できない原因の一つ。威圧的だったり、投げやりだったりする声を聞けば、誰しも嫌悪感を感じますよね。そうなると説得する以前に、聞く耳を持ってもらえない。声の印象が及ぼす影響は、皆さんが考える以上に大きい。


佐藤優

インテリジェンスの仕事は国益を背負い、お互い暗黙のルールの中で駆け引きをするもの。嘘をついたり、相手の感情を読み取れなかったりする人間は、普通の職場でもアウトでしょうが、外交の仕事ではとにかく致命的。