名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

尾藤公の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

尾藤公のプロフィール

尾藤公、びとう・ただし。和歌山県立箕島高校野球部監督。監督として甲子園に春夏合わせて14回出場、4回優勝という偉業を成し遂げた。79年には甲子園春夏連覇を達成。

尾藤公の名言 一覧

監督として一番いけないのは、変な先入観を持つことなんですよ。
【覚書き:箕島高校が甲子園出場常連校となった秘訣を問われてのコメント】


尾藤公の経歴・略歴

尾藤公、びとう・ただし。和歌山県立箕島高校野球部監督。監督として甲子園に春夏合わせて14回出場、4回優勝という偉業を成し遂げた。79年には甲子園春夏連覇を達成。

他の記事も読んでみる

松本義弘

とらえどころがないものは、絶対に真似できないし、それゆえに強い。


西川利助

国で定められた法令については、全員が厳しく守ること。並びに規則や既定についても厳守すること。


樋野興夫

死を恐れる人たちに対して、私はいつも自分の死後の夢の話をします。私の夢は、尊敬する勝海舟と新島襄、内村鑑三、新渡戸稲造、南原繁、矢内原忠雄、そして吉田富三と私の8人で天国にカフェを開くこと。死後のことはわからないのだから、どんな夢を持つのも自由。信仰に頼らなくても、心を穏やかに保つ方法はあるのではないでしょうか。


上西京一郎

今をしっかりやっていくことが大切。


藤田聰

会社にどんどん提案していく姿勢が大切。社内でもっと改善できることはないか、自社の商品で世の中に役立つ方法はないか考え、提案する。変革できる人材を企業は求めていますし、提案するためには能力を伸ばす必要がある。目標ができれば、人間は努力できるはず。


入山章栄

多くの歴史ある企業では、創業者や中興の祖の掲げたビジョンが、歴史とともに風化してしまっていることが多い。しかし、それは「そもそもこの会社は何のためにあるのか」という会社のDNAそのものであり、それを咀嚼して現代風に蘇らせれば、周囲に「腹落ち感」を与え、組織やステーク・ホルダーからの求心力が高まる。


川越達也

テレビで発言するときは、そのときどきの自分の役割分担を考えますね。番組が放映される時間帯、視聴者層、自分のコメントが使われる長さなどを考慮したうえで、たとえば僕が食べた料理の味を観ている人にひと言で伝えるにはどうしたらいいか。自分が視聴者だとして、こんなコメント、こんなリアクション、こんな表情だったらわかりやすいだろうな、という表現を選ぶわけです。とはいえ、これはテレビにいつも出ているタレントの皆さんなら自然にできてしまうこと。それと比べると、自分は全然できていないな……と思い知らされてばかりです。


サマセット・モーム

老年の最大の報酬は精神の自由である。元気盛りの人々が重要だと考えることに、ある程度無頓着になれることである。もう一つの報酬は、羨望、憎しみ、憎悪から開放されることである。私は誰も羨ましいと想わない。私は与えられた才能を、出来る限り発揮した。


石破茂

地方にはそこでしか分からない発想や潜在力がある。中央では分からない。そうした地方の潜在力を発揮してこそ本当の地方創生になる。発想を変えていけば地方には伸びしろがたくさんある。


日下隆史

当社もリーマンショックで厳しい状況に陥り、再建計画を進めてきました。計画は昨年末に達成することができ、新たな成長に向けて動き出しています。市場の追い風もあったのでしょうが、社員の努力、情熱があったからこそ、市場も味方してくれたのだと思います。


氏家祥美

実は、節約に向いている男性は意外に多い。固定費では、各社のプランのサービス内容や料金を比較して、お得なプランに乗り換えるような節約が男の人は得意。反対に、節電には一生懸命になるのに基本料金は手付かず……というのが女性に多い。


稲盛和夫

人生は、心の中で強く思ったことが原因となり、その結果が現実となって表れる。だから考える内容が大切で、その思念に悪いものを混ぜてはいけない。