名言DB

9419 人 / 110788 名言

尾藤公の名言

twitter Facebook はてブ

尾藤公のプロフィール

尾藤公、びとう・ただし。和歌山県立箕島高校野球部監督。監督として甲子園に春夏合わせて14回出場、4回優勝という偉業を成し遂げた。79年には甲子園春夏連覇を達成。

尾藤公の名言 一覧

監督として一番いけないのは、変な先入観を持つことなんですよ。
【覚書き:箕島高校が甲子園出場常連校となった秘訣を問われてのコメント】


尾藤公の経歴・略歴

尾藤公、びとう・ただし。和歌山県立箕島高校野球部監督。監督として甲子園に春夏合わせて14回出場、4回優勝という偉業を成し遂げた。79年には甲子園春夏連覇を達成。

他の記事も読んでみる

夏野剛

インターネットの発達で、これまで単なる趣味にすぎなかったものがおカネになる例が出てきています。一生やりたいこと、死ぬまで働きたい仕事を見つけようというのが僕の提案。


内海哲也

個人の成績として09年シーズンは本当に苦しみました。コンディションは悪くないのに、なにかの歯車がかみ合ってなかった。その原因がわからなくて悩んでましたね。あの頃は、うつ状態だったかもしれません。なんでもないことで涙が出てきたり、自分じゃないような……。考えているだけだとさらに落ちていく。気持ち的にも、生活面にも悪影響が出てきます。そこで、迷ったら行動に移すように心がけました。下半身の使い方をこうしたほうがいいかなと思ったら、すぐにシャドーピッチングしてみたり……。そのあと、2軍で再調整したことで、変わりました。しっかり走りこんで、投げ込みもキッチリやって、土台の部分をもう1回、2軍の練習で作らせてもらったんです。そこから調子も成績も良くなりました。


稲本健一

時間は貴重。丸1日好きでないものに使いたくない。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

大学が東京芸大だったせいか、まわりには作家性の強い人がたくさんいて、早い時期から有名になるのはそういういわゆる個性的な人ばかりでした。僕にはなかなか作家性が見えなかったので焦りもしたけど、そのうち「まあ、全員が自己表現をする必要なんてないよな」と吹っ切れました。そう思えたのは、作家性がなくても仕事は現場でちゃんと機能してるじゃないかと気づけたからです。それに、仕事をしていれば、どうしたって個性は出てしまう。だから無理に個性的になろうとする必要はないと考えるようにもなりました。むしろ、企業との話しあいのプロセスの中にこそ仕事がある、と思えるようになっていったんです。


小倉昌男

部下に仕事を任せるのは非常に勇気のいることだ。安心して任せることのできる右腕的な部下がいればいいが、現実はそう甘くない。どの部下も頼りなく見えてしまい、つい自分ですべてをやってしまいたくなる人が大半だと思う。だが、それをやっていると、いつまでたっても部下は自分で考えるようにならない。気がつくと決められたことを黙々とこなすだけの人間ばかりが現場で働いていることになってしまう。


福田健(話し方)

自分が駄々をこねるタイプだと自覚したら、周囲の人に叱られたときの態度を改めたい。まず素直に謝るように努める。相手の指摘に耳を傾けて反論しない。これは子どもじみた自分が成長するチャンスだと考えるといいだろう。5年、10年と経過するうちに「あいつは変わった」と周囲の見る目が違ってくるはずだ。


本広克行

「踊る大捜査線THE MOVIE」はフリーで印税契約をしていたので、あとから「桁、間違ってないか?」「オレの生涯年収だ」というぐらいの額が振り込まれた。「やばい!」と思いました。それまでいろんな監督のことが書かれた本を読んできて、ある時期にドーンと当たった人はだいたい次に変なことになっていたからです。僕も、この金を生活の計算に入れたら、絶対にこのまま潰れていくと思って。映画の印税は見なかったことにして、コツコツやっていこう、と。逆に財布の紐は堅くなりました。


弘兼憲史

人を好きになり、親しくなりたいという思いは心身を活性化させ、生きるエネルギーになります。仕事の場合、相手に恋愛感情を持てとは言えませんし、ましてや好きな相手ばかりと仕事をするわけでもない。それでも、まずは相手に興味を持って接することが大前提。スキルよりも何よりも、仕事の基本は良好な人間関係を築く努力にあります。


高橋がなり

この世界は、人と同じことをしていては商売になりません。でも、人というのは、そんなに変わっているところなんてない。だから変わっているフリをするんです。凡人の僕が、いかに(テリー)伊藤の下でやっていくか、と考えたときにわかったのは、「俺は凡人なんだから、パッと思ったことは間違い。その逆をやればいいんだ」ということでした。


磯崎功典

失敗を恐れるな、加点主義でいこう。