尾藤公の名言

尾藤公のプロフィール

尾藤公、びとう・ただし。和歌山県立箕島高校野球部監督。監督として甲子園に春夏合わせて14回出場、4回優勝という偉業を成し遂げた。79年には甲子園春夏連覇を達成。

尾藤公の名言 一覧

監督として一番いけないのは、変な先入観を持つことなんですよ。
【覚書き:箕島高校が甲子園出場常連校となった秘訣を問われてのコメント】


尾藤公の経歴・略歴

尾藤公、びとう・ただし。和歌山県立箕島高校野球部監督。監督として甲子園に春夏合わせて14回出場、4回優勝という偉業を成し遂げた。79年には甲子園春夏連覇を達成。

他の記事も読んでみる

池谷裕二

「やる気」はそもそも、「行なわなくても死なない」ことをするときに求められるものです。猛獣に追われたら、どんなにやる気のない人も全力で逃げるでしょう。これに比べると、仕事や勉強にはそこまでの切迫性はない。その程度の対象に精力を傾けるのは、ある意味で不自然なことなのです。だからこそ、意識的に心をコントロールする工夫が必要。


佐藤紗耶子

ITを難しくしているのは多機能による操作性の悪さ。必要な機能を使いやすくデザインするだけでITはもっと身近なものになる。


石坂典子

父(創業者)は本当に即断即決の人で、物事を決めるのがとても早い。さらに、決めたことを実行できるというスピード感もあり、それが当社の強みだと思いましたし、中小企業の強みなんだと思うんですよ。役所や大手企業では決裁が遅いといった問題があるように、組織が大きくなると問題になることが、中小企業では社長の一言で雰囲気を変えられるわけですからね。そう思うと、社長次第で会社は変わるということを父の背中を見て学びましたね。ですから、会社に入って父親を見た最初の印象は、ある意味ですごいなというものでした。


橋下徹

改革に対しては当然、反対や批判が起きるが、それらはほとんど将来への不安を「完全に」解消するべきだという非現実的な主張に基づいている。結局、改革に反対するメディアや自称インテリは、目の前に横たわっている「現在の問題」には寛容なんだ。その半面、問題を解決するために一歩踏み出すことによる「将来への不安」には、驚くほど神経質。その将来への不安を完全に払拭することがない限り、現在の問題を容認してでも現状維持を選んでしまうのが改革反対派というものである。結局将来への不安を過度に意識しすぎて、現在の問題を放置してしまう。


大嶋利佳

気難しい人と交流することをお勧めします。粘着質の上司、短気な同僚、理不尽な取引先……。誰でも一人や二人は周囲につき合いづらい人がいるでしょう。多少は小競り合いが起きるはずです。そんな状況に身を置けば、言葉づかいは確実に磨かれます。


宋文洲

人脈作りにお金を使うと言っても、接待のように短期的で打算的な人脈ではない。投資するのは、長期的に活きてくる人材。だから、私は「絶対この人が欲しい!」と思ったら、自分より給料を高く払ってでも会社に来てもらいますね。


曳野孝

価格から原価を差し引いたものが利益ですが、価格競争が始まって価格が下がれば、原価を下げて利益を出すしかありません。競争的な市場でも、1社または複数社だけ大規模な設備投資を行えば、コストダウンは可能です。しかし、規模の経済が有利に働く産業ばかりではありません。たとえば養鶏農家では鶏舎を大規模化しても生産コストの削減には限界があります。もちろん価格を上げれば利益が増えますが、養鶏業ではイノベーションも難しく、実質的な値上げは不可能です。いやおうなく価格競争に巻き込まれ、利益を削れるだけ削って対応している農家が多いはずです。


栗原博

知っていることと、実践することは別。1回の経験は100回の座学を上回る。


有田浩之

数字を理解し、日々の仕事の中で活用していくために大事だと考えているポイントが3点ほどあります。

  1. 定量的な要素だけでなく、定性的な要素もできるだけ数値化する。
  2. 数字は必ず相対的な評価だということを覚えておく。
  3. 数字を時系列で比較する。

山中勧

高級珍味を買われる方は、ただ美味しいだけでなく、それを手に入れることによって得られる驚きや喜びを大切にされます。「モノ」以上に「コト(=体験)」を重視して消費者心理に働きかける「コトPOP」は、珍味を販売するうえで重要な武器となります。


越智仁

より強くするために切り出す事業もあります。JSRや宇部興産との新会社に移すABS樹脂事業がそうです。ウチのABSはしっかり稼いでいるけれど、よそさんと一緒になった方がいいと判断しました。


高見和徳

製造サイドの都合でこしらえた独りよがりの製品など絶対に売れない。


松橋良紀

商談での質問の狙いは、会話に参加してもらうことです。質問を投げかけられれば、誰でも自然とその話題について考えを巡らせるもの。そして、自分で出した答えには、人は自然と注意を惹きつけられますから、次に続く説明にも身を入れて聞いてもらえるようになるのです。


加藤智久

社員時代から「現役コンサルタントの日記」というテーマでブログを書いていて、読者がたくさんいたんです。そこで起業後の試行錯誤を書いていたら多くの方が面白がってくださり、評判が広がっていった。それがきっかけでフリーペーパーに記事が載り、一気に会員さんが増えました。


島田洋七

まずは自分を活かせる場所がどこなのかを吟味すること。自分の向き不向きがかわらないなら、同僚や友人、家族に聞けばいい。欠点ばかりを見て「自分は駄目だ!」と卑下する前に、ちょっと捉え方を変えたら、以外とそれが武器になるよ。


ページの先頭へ