名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

尾藤克之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

尾藤克之のプロフィール

尾藤克之、びとう・かつゆき。日本のコラムニスト、ノンフィクション作家、経営コンサルタント。埼玉大学大学院博士課程前期修了。衆議院議員秘書、大手コンサルティングファームIT系上場企業役員などを経て独立。著書に『ドロのかぶり方』。

尾藤克之の名言 一覧

昨日の敵は今日の友。どんなイヤなヤツでも、味方になる日が来るかもしれないことを頭に叩き込んでおきましょう。


企画書や稟議書を通すとき、つまり会社に大きなお願いをするときは、社内で発言力の大きい「実力者」を味方につけるのが一番の近道。


事業を成功させるための努力は大変だしライバルも多い。でも、敗戦処理なら簡単なのに誰もやらないので、評価も上がりやすい。トラブルの最終処理を仕上げることで、周りを助け、最後に自分の人望も集まる。こんな部下なら、上司は評価せざるを得ませんよね。


どうすれば仲良くもない相手と手を組めるのでしょうか。政治の世界ではいい方法が確立されてます。それは「仮想敵国」を作ること。あなたが大嫌いな相手ですから、おそらく向こうもあなたを大嫌いなはず。そんな相手でも、共通の敵を設けることで「あ、こいつ、味方なんだな」と思わせられるのです。いうなれば2人の世界の緊急事態宣言。「有事」は、好き嫌いを超越するのです。


政治の世界では「敵を作らないこと」が最も大事な生き残り術です。下手に禍根を残すと、局面が変わった場面での対処が難しくなります。「相手を徹底的にやりこめない。勝つとしても6対4で」というのが政治の世界での鉄則となっているほどです。これはビジネスの世界でも同じ。いつ大キライだったヤツが自分の上司になるかもわからない。仕事をムゲに断ったヤツから、仕事を教えてもらう日がくるかもしれない。そのとき、過去に禍根があれば、あなたに跳ね返ってきてしまうのです。


ゴマすりでいいんです。ゴマすりだって、やりたいことが通って評価も上がり、さらには会社の業績がよくなるのであれば万々歳ですよね。そもそも立場が上の人にただお願いするだけでは、うまくいくはずがありません。「自慢話をひたすら聞く」という普通の人がいやがることを徹底でき、いい気持ちにさせるから気に入られるのです。


企画書や稟議書が通った後に一つだけ、詰めの作業があります。それは他の実力者にひと言挨拶すること。なぜなら、あなたの稟議書に全員が賛成したとは限らないから。なかには「面倒な仕事が増える」「うちの部署の売上が下がる」などと思いつつ、しぶしぶ承認した人もいるでしょう。要は「稟議書が通った=敵を作った可能性もある」ということ。だからこそ、そんな人達にも「お力添え、ありがとうございました」「今後ともご指導をお願いします」とフォローする。そのひと言があるだけで、他の実力者を敵に回すどころか、新たな協力者になってもらえるかもしれません。


実力者を味方につけるやり方は、いたってシンプル。「相手の武勇伝を聞いてあげること」です。まずは相手の得意分野の話を振る。誰でも得意なことは人に話したいですから、「今度、昼ごはんでも」といって、向こうから武勇伝を聞かせてくれる機会を設けます。あとはそれを、「ほうほう」「なるほど~」「はい、○○ですね」など、いくつかの相づちを使い回しながらひたすら聞くだけ。さらに話の興が乗ってきたら、「とてもためになるので、書き残させてください!」とおもむろに手帳を出し、メモを取る。すると相手は自尊心をくすぐられ、あなたのことを「なかなか話のわかるやつだ」とすっかり気に入ります。これを、より人に語りたくなるお酒の席でできたら、一層効果的。取引先への接待でも活用できます。


ある会社に転職したときのことです。社内に赤字続きで資金が回収できず潰れそうなプロジェクトがありました。私は上司にこう言ったのです。「僕にやらせてください! やれるだけのことはやってみます」。あとは最低限のお金の回収や、顧客との関係調整など、撤退に向けての事務作業=敗戦処理に専心しました。プロジェクトを成功させようなどという努力はしなくてOK。なぜなら、これまでも八方手を尽くしてきたわけで、正直そんなもの誰がやろうと、業務改善なんてできないからです。そして実際に撤退となったのですが、私の評価は落ちるどころか、大きく上がったのです。そもそも瀕死状態ですから、最初から成果は求められてません。そしてやるのは事務処理や調整だけなので、少し頑張ればすぐ結果が出て、「火事場の処理がうまい人」という印象になったのです。加えて「火の中に飛び込む度胸のあるやつ」「器のでかい男」という評価も得られました。ワラをもつかむ思いだったプロジェクト内の人たちは、私に大きな恩義を感じてくれたはず。上司からは部の成績の下げ止まりの功労者として評価され、みんなにいいことだらけでした。そう、ポイントは、「プロジェクトが撤退する寸前で手を差し伸べる」ことです。


私は、過去に衆議院議員の秘書を務めていました。議員秘書の役割の一つは、トラブルを最小限にとどめること。もし上司である先生がトラブルに巻き込まれそうになったら、すぐさま「僕がやります」と飛び出していかなくてはなりません。当然リスクも伴いますが、逆にそうすることで先生からの信頼や評価が一気に高まります。私は「トラブル」を積極的に拾いにいくことで、自分の地位を確固たるものにしていったのです。転職後もあえて火中の栗を拾いに行くように努めました。人のトラブルを背負うことが後々は自分に大きく返ってくることを、議員秘書時代に身を持って学んでいたからです。


尾藤克之の経歴・略歴

尾藤克之、びとう・かつゆき。日本のコラムニスト、ノンフィクション作家、経営コンサルタント。埼玉大学大学院博士課程前期修了。衆議院議員秘書、大手コンサルティングファームIT系上場企業役員などを経て独立。著書に『ドロのかぶり方』。

他の記事も読んでみる

岸見一郎

よく「お前はやればできるのに」という言い方をするでしょう。そう言われても子供は勉強しません。可能性の中に生きる方が、頑張って勉強したのにできないという現実に直面するよりはいいのです。頑張らない限りは「できるかもしれない」人間で居続けることができます。会社で「上司に恵まれないから、いい仕事ができない」というのも、「上司にさえ恵まれていれば」という可能性の中に生きているに過ぎないのです。本気で上司に意見しようとしたら、多少の摩擦が起きることも覚悟しなければいけない。会議で上司に気に入られることばかり考えている部下は、斬新なアイデアがあっても言おうとしません。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

優しさにしても、単に温和で親切なだけでは不充分です。「なぜ、自分は優しくしているのか」と考える理性を持って、「本当の優しさとは何か」ということを理解していく必要があります。


矢野博丈

私と話したことがある人はよく知っていると思うけれど、私はダジャレやジョークが大好きで、隙があればどんどん会話の中に挟み込む。休憩時間や食事のときの会話だけじゃなく、仕事中でもジョークを思いついたら、すかさず口にする。なぜ私がジョークを言うかというと、それは場を明るくしたいから。もちろん、仕事は真剣にやるもの。かといって、しかめっ面でやっていても上手くいくというものでもない。どうせやるなら、楽しく明るくやった方がいいに決まっている。


高橋興三(経営者)

シャープでは毎日、朝礼で創業者の「経営信条」を全社員が唱えているんですよ。理念自体は正しいんです。実際、稲盛さんにお会いした際に、「経営信条」と「経営理念」の書かれたカードを見ていただいたんですよ。しばらく見はってから、「正しいことばっかり書いてある。そやけど高橋さん、一番初めに書いてある『いたずらに規模のみを追わず』、これ守ってなかったよな」って言われた。「はい、守ってませんでした」。つまり、理念は正しくても、行動には何も結びついていなかった。これでは朝の唱和も意味のない念仏ですわ。


林修

勝ちやすい場所で、やられない準備をする。もしやられても負けを認めて、敗因を分析して次の戦いに挑む。これを繰り返して、自分の実力を積み重ねることが、結果的には、やられた相手にやり返したことになる。


数土文夫(數土文夫)

本来、中間管理職は下に対しては指導し、勇気づけ、技術を伝承し、上に対してはへつらうことなくインテリジェンスあるアイデアを提言できる組織のキーマンです。健全な中間管理職層が日本式経営の魅力のひとつでした。とくに製造業において、新米とマネジメントだけでは技術の発掘も改革もなしえません。世界の中で日本流の新しい強みを獲得するために、ミドル層の復権は欠かせません。


青栁幸利(青柳幸利)

40代こそ、そろそろジョギングからウォーキングへの切り替えを考えたほうが良い時期です。年齢を重ねると血管の修復力が低下し、激しい運動をしている最中に動脈硬化を起こして突然死するケースが増えるからです。また、ハードなトレーニングを続けると、免疫力が低下して病気になりやすくなります。さらに見逃せないのが関節への負担です。年齢とともに自然と関節がすり減るうえに、激しい運動でさらに負荷をかけると、近い将来、膝や腰を痛めることになります。そうなれば、ウォーキングさえできなくなり、身体を動かす機会が減って、一気に体力が衰えるリスクがあります。


高木茂知

高度成長期には、効率的な成長が求められ、それぞれの分野において「部分最適」の解を導き出すことで貢献してきました。しかし時代は変わりました。日本は成熟社会を迎えると共に、少子高齢化、地方創生といった課題も抱えるようになり、地球温暖化問題など、持続可能な成長が世界的な課題です。専門領域が細分化され、高い専門性も必要となっていますが、物事を複合的な視点で解決する「全体最適」の解が求められるようになったのです。


姜尚中

もしも、出世した同期と仲が悪かった場合は、同期の第三者、つまり自分と相手の両方を知っている人に、その人なりの見方、考え方を素直に聞いてみるのがいいでしょう。


小笹芳央

若い人はまだ視野が狭く、仕事本来の目的を忘れ、自分の興味がある部分に目を奪われがちです。「人に報告する」という意識を持って働くことは、必要に応じて視野を広げたり、絞り込んだりすることに役立ちます。これは仕事の基礎力を高める、絶好のトレーニングなのです。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

商売や経営について学ぶのは、歴史に教訓を求める気持ちを持ちつつ、本当に、実際に自分でやってみて経験しながら会得するしかありません。


小宮一慶

人はそれぞれみんな違います。だから「違う」と断られるのが当たり前。一回で理解されないのは当然と思っておいたほうがいい。一度の失敗で気持ちが沈んで何もしないのはもったいない。