名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

尾平泰一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

尾平泰一のプロフィール

尾平泰一、おひら・やすかず。日本の経営者。カシオヒューマンシステムズ社長。カシオ計算機の営業部門、電算部門で実務経験を積んだのち、法人向けモバイルソリューションの企画に携わったことをきっかけに、カシオとドコモの合弁会社で電子決済サービスのCXDネクスト社長に就任。その後、人材活用システムのカシオヒューマンシステムズ社長に就任。

尾平泰一の名言 一覧

意思決定をすること。これが一番重要です。さらにその決定した方針を社員に示し、組織に浸透させることも重要です。


システムを万能選手みたいにとらえるのは危険です。あくまで意思決定をするのは経営者です。


部門長への昇進・昇格などの際も、客観性のある人物評価ではなく、経営トップの経験と勘で任命しているケースがあると思います。もちろん、経営者の眼力はあるでしょう。しかし、これだけ企業間の提携や買収・合併が常態化し、トップが事業のすべてを掌握することが難しくなってきたいま、客観的なツールが必要になってきます。


人と組織の見える化では時間軸の視点も重要です。人材も組織も、時間とともに変化します。入社時と幹部昇格時とでは、人は違う成長をしてきているはずです。新たな結びつき、組織の組み替えをするには、継続的かつ客観的に、潜在的な人物評価をする仕組みが必要です。


まだまだ競争優位の源泉を製品・サービスの差別化に置く企業が多いですが、中には人材、組織など「仕組みの差別化」に取り組んでいる企業もあります。そこでの意思決定の支援を、ITで実現することが私たちのミッションだと考えています。


組織の温度を上げるには、人と人とのつながりが重要です。つながることで私も会社も温度を上げていきます。


野球もエースだけではチームになりません。さらに選手と監督では求められる要素が違います。私は本田宗一郎氏もよく使われた「得手に帆をあげて」という言葉が好きで、個々人の得手(強み)を見出して活躍の場を与えるのが要諦と考えています。


人材・組織戦略については、社員の潜在能力を人事部門が見分けることができない問題もあります。それで人材が社内にいないからと、外から引っ張ってきて失敗するのです。やはり社内で継承されてきたノウハウやDNAは重要です。それを教え込みながら明示化し、多様な事業モデルに対応できるようにしていく必要があります。


多くの企業で中長期視点での人材戦略がなかったせいか、次代を担う人材の弱さが露呈し、それが世代交代のなかで新たな課題としていまクローズアップされています。経営者の方々とお話しすると、皆さんその点を非常に危惧しているようです。


最近、全員力経営が注目されています。これも部門が総がかりでないと成長できないという苦しい現状を反映しています。また、国内外に多様なプレイヤーがあらわれ、部門単位でも外のつながりが以前よりはるかに求められる時代となってきました。


近年は、グローバル化の進展やネットワークの進化で、事業の幅が広がり、いままでよりも多くのプレイヤーが参入してきています。経営トップが事業のすべてを掌握することが難しくなってきました。そこで求められているのが、部門ごとの迅速な対応能力です。今後はミドル層(中間管理職)の人材を強化しないと、成長を継続していくのは難しいと見ています。


尾平泰一の経歴・略歴

尾平泰一、おひら・やすかず。日本の経営者。カシオヒューマンシステムズ社長。カシオ計算機の営業部門、電算部門で実務経験を積んだのち、法人向けモバイルソリューションの企画に携わったことをきっかけに、カシオとドコモの合弁会社で電子決済サービスのCXDネクスト社長に就任。その後、人材活用システムのカシオヒューマンシステムズ社長に就任。

他の記事も読んでみる

井筒和幸(映画監督)

過程を大事にしないと達成感がない。過程が良くても、いい結果が出なかったら、再チャレンジしたらいい。諦めたらいかんよ。


山本正已

基本的に富士通は常にお客様起点なので、極端に言うと、お客様が望まれるシステムは何でも提供します。あくまでも富士通というテクノロジーをベースにした会社の芯が一つあって、それを維持したまま、いろいろなところと組んで全てのお客様に対応するというスタンスなんです。


倉岡寛

今後も世の中の不満・不便を解消できるようなサービスの提供を図っていきたい。


ピーター・ドラッカー

イノベーションを成功するためには、小さくスタートしなければならない。大がかりであってはならない。具体的なことだけに絞らなければならない。


設楽洋

ウチはいろんなジャンルに強い社員が多いんです。格闘技をやっていたり、プロ並みにフィギュアを作るのがうまかったり。彼らがプライベートで選手やアーティストとつき合う中で、「あの選手がこんなバッグを欲しがっている」という話を持ち込んでくるんですよ。そこで「じゃあ、その『あったらいいな』を形にしてみようよ」という流れになる。


小池百合子

環境大臣時代、私は「クールビズ」を提唱し、夏場の企業や官公庁において服装の軽装化を目指しました。高温多湿な日本の夏にスーツとネクタイで身を固め、反対にオフィスは冷房でキンキンに冷やす。そんなかつての状況は、地球温暖化対策に反する以上に、なにより快適ではありません。それでも社会通念上、我慢するしかないと思い込んできた人々の意識も、社会全体で取り組んだ結果、大きく変わりました。同様に、満員電車は仕方ないというコンセンサスも、工夫次第で十分に変えることができるのではないでしょうか。


森下篤史

会社に不満を持っている人へ、仕事が面白くない人へ。早く仕事を辞めなさい。辞める前に一つだけやれ。6ヶ月後に辞めるとしたら6ヶ月間で現在やっている仕事の目標を作ってみよ。客数を2倍にするとか売上を3割アップしてみるとか、会社のノルマとは関係無く自分で設定してみよ。その目標に到達出来た時は辞めようと決めておけ。達成した時は今までのなさけない自分ではなくなっている。上司が悪い、会社が悪い、認めてくれない等と思わなくなる。


石川康晴

アパレルは日本の小売業の中でも特に生産性が低い業界でもある。それなら生産性をアップすればいい。そのためには何をすべきか。それは人に投資することだと思うのです。


佐藤益弘

短期的には不透明な外部環境の動きも、中長期的にみると、ある程度予測がつく。


本間宗久

米の高下は天性自然の理にて高下するものなれば、極めて上がる下がると定め難きものなり。この道不案内の人は迂闊にこの商いすべからず。


深澤祐二

40代では投資・財務を行う部署に配属され、未来にどう繋げるかということを常に考える習慣がついた。先を見据えスパンの長い事業とどう向き合うか、それを考えるのが社長の仕事だと思っている。


筒香嘉智

よく「プレッシャーにどう対処しているんですか?」と聞かれることがあります。僕の答えはシンプルで、「プレッシャーを打席に持っていかない」ことです。じつは、プレッシャーって、自分で勝手に作っているストーリー。例えば、一打逆転の場面や、満塁で打順が回ってきた時など、責任を感じる打席はたしかにあります。そんな時、「三振したら……」とか、「打てなかったら負けてしまう」とストーリーが思い浮かぶことはあります。でも、それは自分の頭の中で作り上げたストーリーで、現実ではありません。なのに、自分が描いた重圧に負け、打ち急いで凡打に終わった苦い思い出が何度もあります。だから、いまはストーリーが浮かんできても、勝手に自分で作ったんだと言い聞かせて、頭から排除して、目の前の現実に戻ります。このルーティンを、打席に入る前にやるようにしていますね。これが「プレッシャーを打席に持っていかない」という意味です。