名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

尾崎行雄(政治家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

尾崎行雄(政治家)のプロフィール

尾崎行雄、おざき・ゆきお。日本の政治家。相模国(のちの神奈川県)出身。日本の議会政治の黎明期から戦後に至るまで衆議院議員を務め、当選回数・議員勤続年数・最高齢議員記録と複数の日本記録を有することから「憲政の神様」「議会政治の父」と呼ばれた政治家。様々な要職を歴任した。

尾崎行雄(政治家)の名言 一覧

人生の本舞台は常に将来に在り。


尾崎行雄(政治家)の経歴・略歴

尾崎行雄、おざき・ゆきお。日本の政治家。相模国(のちの神奈川県)出身。日本の議会政治の黎明期から戦後に至るまで衆議院議員を務め、当選回数・議員勤続年数・最高齢議員記録と複数の日本記録を有することから「憲政の神様」「議会政治の父」と呼ばれた政治家。様々な要職を歴任した。

他の記事も読んでみる

松井秀喜

いいことも、悪いことも、すべてが財産です。前を見据えるという意味ではね。すべてを検証して、次の目標を立てる。それがオフシーズンの作業のひとつです。


冨山和彦

自社の特徴を「カネ」にする上で足りない機能、例えば自らの真の価値を「正当な価格」で世界の顧客に売り込む機能がないなら、人材スカウトやM&Aを含め、あらゆる手立てを尽くして補わねばならない。


ジョルジョ・ヴァザーリ

修道院長はレオナルドに休まずに絵筆を持ち続けて仕事を完成させるように頼んだ。彼にしてみれば、レオナルドが時には半日も思索にふけったりするのが不思議に思えたのだ。彼は、レオナルドに庭を耕す労働者のように、絵筆を離さず仕事をしてもらいたかったに違いない。【覚書き:修道院長=ダ・ヴィンチに最後の晩餐を依頼したサンタマリア・デル・グラーツィエの修道院長。上記は最後の晩餐制作中のダ・ヴィンチが急に休みを取った時のエピソード】


渡部肇史

会社としての環境適応力向上と社員一人一人の成長は表裏一体。環境変化に先んじて会社が新たな取り組みを実施するには、それを担う人財の力が不可欠。


大山健太郎

私が会社を継いだばかりの頃は、基本的に優秀な人材もいませんし、常に中核人材が不足している人材不足型企業でした。逆にいえば、人材が不足しているということは、結果として、会社が成長している証拠でもあります。そこで、マネージメントスタイルを明確にして、「用いて任せる」形で人材を育成してきました。どの大学を出ているかではなく、実際に用いて任せる。それで、結果が良ければどんどん任せる。そのためにも、我々は幹部研修を徹底的にやっています。


冨安徳久

子供は親の言動をよく見ていますから、そこから多大な影響を受けて育ちます。例えば、仕事の愚痴ばかり言っていては、子供は「大人になりたくない」と思うに決まっています。そうではなくて、業務の中で学んだことや、仕事のやりがいについて話をする。子供の心の器を広げることこそ親の務めだと考えています。


江崎勝久

当社も昭和40年代から菓子やアイスクリームで数えきれないぐらい商品を投入してきて、成功より失敗の方がはるかに多いですよ。


藤重貞慶

不将不逆應而不蔵(おくらず、むかえず、応じて、しかしておさめず)。経営者として迷うことはよくあるのですが、そんなとき、いつもこの言葉を噛みしめています。この言葉は、中国の古典、荘子の内篇にあり、「道をわきまえる人は、去るものは去るにまかせ、ものごとの去来に応じて心に留めるようなことをしない。その心が虚であるから、どんな変化にも対応することができて、我が身を損なうことがない」という意味です。平たく言えば、過去や未来に執着しすぎるなと説いているのです。


田中角栄

どんな話でも、ポイントは結局ひとつだ。そこを見抜ければ、物事は3分あれば片付く。


森本貴義

ルーチンをつくるときに大事なのは、漠然と同じことを繰り返すのではなく、目的達成に必要なことを無意識に実行できるようにすること。無意識で準備できればストレスはかからず、平常心でプレーに臨みやすい。


山田昇(ヤマダ電機)

調査機関が重視するCS(顧客満足度)評価項目は、接客じゃないですか。でも、実際のお客さんに聞くと、購入時に接客を重視する割合って、どれぐらいだと思います?たった6%ですよ。トップは何かというと「立地」で25%。二番目が「価格」で19%。次が「品揃え」。その次が「ポイントサービス」や「無料長期保証」。「接客」はその後です。これで納得できるでしょう。なぜヤマダにたくさんのお客さんがくるのかが。ビジネス誌の調査では、そこが分からなかった。そんなにCSが低いのに、なぜヤマダに買いにくるのかが。


水野仁輔

小学1年生の頃に、地元浜松の「ボンベイ」というカレー屋に出会ったのが、カレーにハマるきっかけでした。高校卒業まで通いつめ、大学進学で上京した後もボンベイの味を求め、インド料理店でのバイトと食べ歩きをする日々。さらにカレーが好きになり、就職後も「東京カリ~番長」という出張料理集団を作って、公園やクラブで出張カレーイベントをしていました。これが注目され、料理教室の講師やレシピ本の執筆など想定外の展開に。とことんハマると、声がかかるのですね。