名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

尾崎健一(尾﨑健一・臨床心理士)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

尾崎健一(尾﨑健一・臨床心理士)のプロフィール

尾崎健一(尾﨑健一)、おざき・けんいち。日本の臨床心理士。コンピューターメーカーに勤務後、大学院に進学し、臨床心理士資格を取得。著書に『職場でうつの人と上手に接するヒント』『黒い社労士と白い心理士が教える問題社員50の対処術』『仕事の悩みを自信に変えるドラッカーの言葉』。

尾崎健一(尾﨑健一・臨床心理士)の名言 一覧

抱えている不安は、自分が思うほど大きくないということも少なくない。「失敗しても死ぬことはない」ぐらいに考え、開き直ってみてもいいでしょう。


心がくじけそうになっている時は、自己肯定感が著しく落ちていることが多い。そんな時は、自分の仕事が「誰かの役に立っている(貢献している)」と思えると、自己肯定感がアップします。具体的には、自分が仕事をすることで、「何の役に立っているか」「誰が喜んでくれるか」を想像するといいでしょう。


何かの役に立っていない人はいません。ですから、何か不安を感じたら「貢献」に目を向けてみましょう。「貢献」に目を向ける方法は落ち込んでいる部下や後輩を励ます時にも役立ちます。


傾聴とは、「自分の知りたいこと」を聴くのではなく、「相手の話したいこと」を引き出して聴くこと。


出世欲は大きな成果を生み出すエネルギーになる一方で、欲の海に溺れてしまうと他人を傷つけたり、不正を犯したりと、問題行動につながります。そうならないためには、自分を見失わないこと。自分の異変にいち早く気づき、手を打つことが大事です。


努力の方向がズレていたら、どれだけ頑張っても評価されません。役割に応じた行動を取りましょう。


傾聴は「自分の知りたいこと」ではなく、「相手の話したいこと」を引き出すことが大切。特に相手の言うことだけでなく、感情に着目することが有効です。


やらされ感をなくすには、「貢献」に目を向けるといい。具体的には、自分が何に役立っているか考えてみる。極端な話、「今の会社で働いているというだけで、実家にいるおばあちゃんが喜んでくれる」でもいい。何かに貢献していることを感じられれば、自然とやる気も出てきます。


質問をする時は、相手の主観に立つことが重要。「私は~と思うけど?」といった自分を主語にした質問ではなく、相手を主語にした「○○さんは、どう思う?」という質問がいいでしょう。


傾聴では、「相手の気持ち」を聴くことが大切。ビジネスでは事柄を聴く癖がついているので、「相手の気持に焦点を当てよう」という偏った意識で考えでちょうどいい。


最終的に何かを提案するにせよ、相手の考えや要望を十分に聴いてからでないと独り善がりの提案になります。だからこそ、相手の話を積極的に聴く「傾聴」が重要になってくるわけです。「話す」が1割、「聴く」が9割と意識するといいでしょう。


誰かに評価してもらいたい(褒められたい)と考えて働くと、「人のため」に働くことになります。評価者である上司の顔色を常にうかがいながら仕事をしたいですか? 主体的に働くためにも、「自分の仕事」に目を向け、自分で自分の行動を評価しましょう。それで充実感を得られれば、「評価してもらいたい」という承認欲求は、自然と減ると思います。


正当に評価されていないと感じたら、まずは自分が会社に対して「評価に値する貢献」をしているかどうか、考えてみてください。組織に貢献していないのに、「上司の好き嫌いや評価能力」のせいにしている人が多いんです。


周囲の評価を高めるのに即効性が期待できるのが、「誰よりも、朝早く出社する」こと。真面目に仕事と向き合っている姿を、周囲に分かりやすく見せることができます。


自分を見失いそうになっている時の「異変の兆候」を知っておくことも大切。兆候に気づいたら、立ち止まって「今の自分の姿」を客観視するといい。長期的な視点や善悪の視点で物事を捉えると、偏った思考や判断をしていることに気づきやすい。「自分がやっていることを親や家族に胸を張って言えるか」と考えるのも欲に打ち勝つための手法の1つです。


傾聴でよくある失敗は、「君の話はしっかり聴いたよ。では、今度は私の番ね」と、話を聴いた後に言いたいことをストレートに話してしまうケースです。話の内容によっては、反対意見を言ったり、内容を訂正したりする必要も出てくると思いますが、伝え方を工夫する必要がありますね。


特に注意が必要なのは、負けず嫌いな人。「負けず嫌い」に加え、「早口で話す」「時間に厳しく、常に効率を求める」「イラつきやすい」という言動が散見される「タイプA」と呼ばれる性格傾向を持つ人が当てはまります。タイプAの特徴は競争心が強いこと。ビジネスの世界では、競争心は必要になりますが、度が過ぎると「勝つためには手段を選ばない」という思考に陥るために危険です。強引な手法を取るだけでなく、ひどいケースでは不正に手を染めることもあります。


尾崎健一(尾﨑健一・臨床心理士)の経歴・略歴

尾崎健一(尾﨑健一)、おざき・けんいち。日本の臨床心理士。コンピューターメーカーに勤務後、大学院に進学し、臨床心理士資格を取得。著書に『職場でうつの人と上手に接するヒント』『黒い社労士と白い心理士が教える問題社員50の対処術』『仕事の悩みを自信に変えるドラッカーの言葉』。

他の記事も読んでみる

野村博(経営者)

技術力には自信がありますが、大手のように手広くやるわけにはいきません。勝負するのは「がん」と「再生医療」の領域です。前社長時代から注力してきましたが、どちらも道半ば。私が社長として成功させなければならない課題です。社内では「グローバルスペシャライズドカンパニー」という目標を掲げ、発破をかけているところです。


桜井醜

せっかく個人が同意して、微に入り細に入りの顧客データを手にしたのだから、企業は顧客のライフステージにマッチした商品提案に活用しない手はありません。たとえば、開封率が高い請求書などの通知物に、販促的な要素を組み込むトランスプロモーションと呼ばれる手法にも活かすことができるのです。


菅原洋平

眠くなる時間は、起きた時間によって決まります。寝る時間だけ早めても、なかなか眠れません。早く眠りたいなら、その前の日に早起きする必要があるのです。早くベッドに入っても頭は起きているので、眠れない悪循環に陥ります。


ジョン・キム(法学者)

私は19歳で母国である韓国を離れたとき、「30代でやりたいことをするため、20代でやるべきことを徹底的にこなす」と決意しました。やりたいことを実現するには、まわりを巻き込んでいかねばなりません。人に動いてもらうには信頼を得ることが重要です。そこにはマジックは存在せず、ひとつひとつの結果を積み上げていくしかありません。そのためには不条理な仕事も徹底的にやっていくと覚悟を決めました。


佐藤航陽

やっているうちに目標は上がっていくので、また違うものを見ています。


三村明夫

人が少なくなれば需要が減る。問題の解決を誰かが助けてくれるわけではありませんから、地域地域で、再生のビジョンを考えるべき。


高橋滋

学校の勉強ができなくたって、人間として社会人として成功して生きていくことはできる。でも、学校の成績という物差しで測った時に、自分が何センチかということは知っていろよと言いたい。自分にできないことがあるということは恥ずかしくないんです。ただ、自分にできないことを知っていないと、無駄な時間とお金を使う。だから己を知ることは大事だと思います。


大竹伸一

我々はいま、転換点に立っています。今後は新しい領域に切り込んでいかないと、NTT西日本といえども十分な利益を確保することができません。必然的に仕事のやり方も変わってくるでしょう。


小宮一慶

仕事がデキる人は、一度うまくいかなくても、相手とのズレを認識して修正します。商品の機能に興味がないとわかれば、提案の仕方を変える。常に相手の気持ちがどこにあるか探っているのです。


稲盛和夫

日本経済が低迷した大きな理由の一つとして、不撓不屈の精神が欠けてきていたからではないか。


吉田松陰

死して不朽の見込みあらばいつでも死すべし、生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし。
【意訳:死んでも後世に残るだろうと考えるなら死んでもいい。生き延びて大きな仕事ができそうだと思うならどんな状況でも生き続けろ。】


中村天風

何事に対しても、現在感謝。ああ、ありがたい。何に対しても現在感謝。それより事態が悪くなっても、喧嘩にならないじゃないか。病になっても、ああ、ありがとうござんす。病になってもありがたいというのはおかしいじゃないかと思うかもしれない。しかし、死んじまわなかったんだろ。それで済んでいると思ったら、感謝したらいい。そういう気持ちを持っていると、どんなことがあっても、憂いとか辛いとかいうことがなくなるんだ。朝からしょっちゅうニコニコ、何事に対してもニコニコ。