名言DB

9412 人 / 110637 名言

尾崎健一(尾﨑健一、臨床心理士)の名言

twitter Facebook はてブ

尾崎健一(尾﨑健一、臨床心理士)のプロフィール

尾崎健一(尾﨑健一)、おざき・けんいち。日本の臨床心理士。コンピューターメーカーに勤務後、大学院に進学し、臨床心理士資格を取得。著書に『職場でうつの人と上手に接するヒント』『黒い社労士と白い心理士が教える問題社員50の対処術』『仕事の悩みを自信に変えるドラッカーの言葉』。

尾崎健一(尾﨑健一、臨床心理士)の名言 一覧

心がくじけそうになっている時は、自己肯定感が著しく落ちていることが多い。そんな時は、自分の仕事が「誰かの役に立っている(貢献している)」と思えると、自己肯定感がアップします。具体的には、自分が仕事をすることで、「何の役に立っているか」「誰が喜んでくれるか」を想像するといいでしょう。


何かの役に立っていない人はいません。ですから、何か不安を感じたら「貢献」に目を向けてみましょう。「貢献」に目を向ける方法は落ち込んでいる部下や後輩を励ます時にも役立ちます。


傾聴とは、「自分の知りたいこと」を聴くのではなく、「相手の話したいこと」を引き出して聴くこと。


出世欲は大きな成果を生み出すエネルギーになる一方で、欲の海に溺れてしまうと他人を傷つけたり、不正を犯したりと、問題行動につながります。そうならないためには、自分を見失わないこと。自分の異変にいち早く気づき、手を打つことが大事です。


努力の方向がズレていたら、どれだけ頑張っても評価されません。役割に応じた行動を取りましょう。


質問をする時は、相手の主観に立つことが重要。「私は~と思うけど?」といった自分を主語にした質問ではなく、相手を主語にした「○○さんは、どう思う?」という質問がいいでしょう。


傾聴では、「相手の気持ち」を聴くことが大切。ビジネスでは事柄を聴く癖がついているので、「相手の気持に焦点を当てよう」という偏った意識で考えでちょうどいい。


最終的に何かを提案するにせよ、相手の考えや要望を十分に聴いてからでないと独り善がりの提案になります。だからこそ、相手の話を積極的に聴く「傾聴」が重要になってくるわけです。「話す」が1割、「聴く」が9割と意識するといいでしょう。


誰かに評価してもらいたい(褒められたい)と考えて働くと、「人のため」に働くことになります。評価者である上司の顔色を常にうかがいながら仕事をしたいですか? 主体的に働くためにも、「自分の仕事」に目を向け、自分で自分の行動を評価しましょう。それで充実感を得られれば、「評価してもらいたい」という承認欲求は、自然と減ると思います。


正当に評価されていないと感じたら、まずは自分が会社に対して「評価に値する貢献」をしているかどうか、考えてみてください。組織に貢献していないのに、「上司の好き嫌いや評価能力」のせいにしている人が多いんです。


周囲の評価を高めるのに即効性が期待できるのが、「誰よりも、朝早く出社する」こと。真面目に仕事と向き合っている姿を、周囲に分かりやすく見せることができます。


自分を見失いそうになっている時の「異変の兆候」を知っておくことも大切。兆候に気づいたら、立ち止まって「今の自分の姿」を客観視するといい。長期的な視点や善悪の視点で物事を捉えると、偏った思考や判断をしていることに気づきやすい。「自分がやっていることを親や家族に胸を張って言えるか」と考えるのも欲に打ち勝つための手法の1つです。


傾聴でよくある失敗は、「君の話はしっかり聴いたよ。では、今度は私の番ね」と、話を聴いた後に言いたいことをストレートに話してしまうケースです。話の内容によっては、反対意見を言ったり、内容を訂正したりする必要も出てくると思いますが、伝え方を工夫する必要がありますね。


特に注意が必要なのは、負けず嫌いな人。「負けず嫌い」に加え、「早口で話す」「時間に厳しく、常に効率を求める」「イラつきやすい」という言動が散見される「タイプA」と呼ばれる性格傾向を持つ人が当てはまります。タイプAの特徴は競争心が強いこと。ビジネスの世界では、競争心は必要になりますが、度が過ぎると「勝つためには手段を選ばない」という思考に陥るために危険です。強引な手法を取るだけでなく、ひどいケースでは不正に手を染めることもあります。


尾崎健一(尾﨑健一、臨床心理士)の経歴・略歴

尾崎健一(尾﨑健一)、おざき・けんいち。日本の臨床心理士。コンピューターメーカーに勤務後、大学院に進学し、臨床心理士資格を取得。著書に『職場でうつの人と上手に接するヒント』『黒い社労士と白い心理士が教える問題社員50の対処術』『仕事の悩みを自信に変えるドラッカーの言葉』。

他の記事も読んでみる

野村克也

謙虚さとともに必要なのは、やはり夢。己の未熟さを感じながらも、こうなりたい、ああなりたいと強く願っていくこと。2つが合わさった先に、成長がある。


中村天風

悲しいことやつらいことがあったら、いつにも増して、笑ってごらん。悲しいこと、つらいことのほうから逃げていくから。


伊藤嘉明(経営者)

ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントでマイケル・ジャクソンのDVD「THIS IS IT」の記録的セールスを達成したとき私がやったことの一つが、新たな販売ルートの開拓です。スポーツ用品店やスポーツジムなどは、その一例。これらの店舗や施設は間口が広く、レンタルショップやDVDの販売店などでは貼れない巨大ポスターも展示できる。私から見れば、こんなにメリットの大きい場所はありませんでした。そこで取引先に営業に行ってみると、相手は「いいですよ。うちに置きましょう」と言ってくれて、数万単位で数字が積み上がっていった。


森下洋一

部下だけではなく、お得意先からも意見をもらいました。相手に存分に話してもらうと、「よく問いてくれた」と溜飲を下げられる方もいる。聞く努力は本当にプラスになります。


牛場靖彦

勉強するほど、新しいことがわかる。楽しくて仕方がなかった。


星野佳路

最近は、海外のカンファレンスに参加しています。この夏も、サンフランシスコで開催されたインターネット関連のカンファレンスに出席しました。インターネットは私の専門ではありませんが、新しい情報に触れるのは刺激的で楽しく、また収穫もありました。


刈田範博

「セールスとは、お客様の利益を自分の人柄を通して売る行為である」。従って、売れない理由をお客様や会社に求める営業マンは、成長が期待できません。たとえ断られても、お客様のために自分は何ができるのかを考え続けられる人が、将来、トップ営業マンに育っていく人材。まさに、「フォー・ユー」の精神が求められるのです。


井上康生

私は統率力がリーダーにとって最も重要だと思っています。例えばカリスマ性があるとか、言葉に力があるとか。それらを含めて「白でも黒でもいいから、お前らこっちについてこい」と。ついてくれば必ず結果を出させてあげるという信頼感を与えることでしょうか。


経沢香保子

大事なのは事前準備です。会う前にできるだけ相手のことを調べ、この状況だともしかしたらこんな悩みを抱えているかもしれないという仮説をいくつか立てて、さらに、それぞれに対する解決策を用意しておく。そうすれば、会ってその話題が出たら、すかさず提案ができます。


村上龍

独創性、よく使われる言葉だ。「他人を真似ることなく、独自の考えでものごとを作り出す性質・能力」と辞書には記してある。だが、その定義はかなり曖昧だ。独自の考えで作り出した物事の、「価値」への言及がない。その価値を決めるのは誰かという問題もある。「物」や「事」の価値を決める基準は何なのだろうか。商品や製品の場合は「売れる」だけではなく、「社会を変えてしまうような革新性」ということだろうか。イノベーションという言葉が、そういった概念を象徴する。


川端克宜

当社の強みは何があっても諦めないこと。


飯塚恒生

建設業界にあって、作業所長や工事主任が現場を任されており、それぞれの立場で、その責務を精一杯全うしなければなりません。これは企業トップにも当てはまることでもあります。


渡辺淳一

人と接すればいやなことも、ぶつかることもあるけど、傷つかずに人間が成長するなんてこと自体あり得ないんだから。成長したいと願うのなら、みんなもっともっと「人好き」にならなくては。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

お客様はこんな商品・サービスが欲しいと思っていても、それがどんなものか明快に表現できません。つまり、お客様に「あなたの欲しかったものは、これですね」と明快にお見せできる立場になって初めて、お客様は私たちに自分の重要なものを預けてもいいということになるのです。


三森裕

生命保険の販売は、例えるなら「晴れの日に傘を売る」ようなもので、お客様にその必要性を理解していただくことから始めなくてはなりません。それには、金融全般に関する深い知識はもちろん、コミュニケーション能力においても人生経験においても、非常に高度なレベルが求められるのです。