名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

尾堂真一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

尾堂真一のプロフィール

尾堂真一、おどう・しんいち。日本の経営者。「日本特殊陶業」社長・会長。鹿児島県出身。専修大学商学部卒業後、日本特殊陶業に入社。海外市場販売部長、米国法人社長、本社取締役、常務取締役などを経て社長に就任。

尾堂真一の名言 一覧

日米の違いはいろいろあるけれども、人間の基本的な部分は同じ。


スピード感を持って新分野にチャレンジしていくことが大事。


恐れずリスクに挑む、つまりリスクテークする人でないと、少なくとも当社のリーダーにはなれません。


今のリーダーには、メッセージ力が欠かせません。海外でさまざまなリーダーをみてきて、ほんとうにそう感じました。


現実のグローバル競争の世界においては、果敢にリスクテークしていくなど、いい意味での野心が求められてきます。失敗を恐れて、「なるべく危ない橋は渡らない」という守りの姿勢では、会社の発展は望めない。


日本企業は一般的に、これまであうんの呼吸でうまく回してきたかもしれませんが、これだけグローバル化が進むと、そうはいかなくなってきます。やはり、外国人にもクリアに分かるようなかたちにしていかなければならない。


権限を委譲すれば、確実に事業のスピードが高まる。それで失敗が増えたとしても、私はスピードの速いほうがいいと考えています。そのためには、口だけで権限委譲を言うのではなく、ルール化するべきでしょう。


今後、内燃機関がなくなれば、当社の主力製品は不要になる。そうなったらもはや手遅れだ。稼いでいる今のうちに新製品を開発しなければならない。失敗してもいいから、チャレンジすることが必要だ。


期待して部長に上げたのに、なぜかパッとしなくなる人がいる。ホッと安心して、守りの姿勢に入ってしまうようです。役員も同じ。失敗するかもしれない言動は避け、安全運転に終始する。


尾堂真一の経歴・略歴

尾堂真一、おどう・しんいち。日本の経営者。「日本特殊陶業」社長・会長。鹿児島県出身。専修大学商学部卒業後、日本特殊陶業に入社。海外市場販売部長、米国法人社長、本社取締役、常務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

宇都宮恒久

当社では感謝の気持ちをメッセージにした「ありがとうカード」を同僚に渡す仕組みがある。そのカードを配った数を競うキャンペーンを毎年3か月間行っているが、トップクラスの社員は5000枚以上配る。それだけ社員の仲がよく、互いに助け合う社風になっている。


赤坂祐二

JALには、2010年の経営破綻という苦い経験があります。それを踏まえて、社員が「ここで働いていてよかった」と思えるような会社を作り上げていきたい。まずはこれが大きな目標です。


青木高夫

自身が関わっている製品やサービスのルールが、何のために決められたものかは知っておいて損はない。誰が、どういう背景で決めたのか理解することで、ルールをつくった団体のレベルがわかるし、おかしいと思うルールも出てくる。多くの事例を学ぶことで視野が広がってくる。


澤田秀雄

イベントを毎年進化させていかなければ、「今年も行ってみよう」とお客さんに思ってもらうことはできません。


神野直彦

宗教的な原理主義、ファンダメンタリズムと大衆の不安を煽るような国家的な原理主義が台頭してきて、それがお互いに増幅し合って対立や憎しみが煽られる時代になってきました。性(さが)なのか何なのか分かりませんが、その背景にあるのはやはり、人間と人間の結びつきが弱くなってしまったことの不安感です。


渡邉美樹

「これまで」のことにとらわれると「こんなに人手やお金をかけたのだから、やめられない」と思いがちです。一方で「これから」のことを考えれば「黒字店を一気に2つ、3つ増やすために、赤字店を1つ潰そう」と考えられるでしょう。


出澤剛

我々が開発にあたって重視したのは、「スマホに最適化されたコミュニケーションのツール」というコンセプトでした。それは親しい人同士でつながる「クローズド」なコミュニケーションであり、日常的な感情のやり取りができるツールであること。従来のメールのようなサービスとは、大きく違っていたと思います。そうしたコンセプトの上に改善を重ねてきました。


真田茂人

支配型リーダーは自分がすべての決定を下し、メンバーの意見は聞かず、配慮もしない。それでもうまくいったリーダーがたくさんいたのは、一人の優秀な人間の能力があれば成功できる右肩上がりの社会環境だったからである。しかし今の日本のようにマーケットが成熟化すると、一人ひとりが知恵を絞り工夫をしないとたちゆかない。


羽田孜

やはり、皆「変化」を感じています。これはポスト冷戦がきっかけかもしれませんが、各国の首脳が変えていかなくてはいけないと感じているし、また、日本に対しても協力を求めていこうとしていますね。要するに、自分たちに国民が変化を求めているということを、指導者の誰もが感じていて、それに対応していこうとする。


似鳥昭雄

順調な時というのは油断があって、改革が出来ないんですよ。ところが、これだけ逆境が来ますと現状を否定して、新しいやり方、発想、技術を持って仕事に取り組まないと、なかなか増益にはならないです。ですから、逆境は最大の教育の場だと考えて社員の意識改革につとめたいと思います。


細谷功

全体から考えるというのは、自分の思い込みを極力排除し、課題を俯瞰して客観的に把握することでもあります。これができると、コミュニケーションの誤解や食い違いが激減し、仕事の効率も格段に上がります。


豊田英二

企業を良くしようとすれば、どうしても人材教育を熱心にやらざるを得なくなる。それも単なる技術研修ではなく、全人格的な人間教育が必要になる。トヨタでは創業以来、これが企業文化の最大のものだ。全人格的な人間教育は、日本的な終身雇用、労使の相互信頼関係が最重要なバックボーンになる。