名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

尾原蓉子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

尾原蓉子のプロフィール

尾原蓉子、おはら・ようこ。日本の経営者。大阪出身。東京大学教養学部卒業後、旭化成に入社。ニューヨーク州立ファッション工科大学留学、ハーバード・ビジネス・スクールAMP(経営者向けコース)修了を経てIFIビジネス・スクール学長に就任。その後、数々の企業で取締役を務めた。そのほか、ファッション業界で働く女性を支援する一般社団法人ウィメンズ・エンパワーメント・イン・ファッション(WEF)を設立し会長を務めた。

尾原蓉子の名言 一覧

高度な専門性を持てば、より柔軟な働き方への道も開ける。


文化や価値観の違う人に物事を伝えるのは難しいけれど、努力と工夫で必ずできる。


仕事をしていく上で多少の障害ははねのける力と自信が必要だし、それがなければ身に付けること。それがあってこそ、組織の中で自分を生かしつつ、貢献していける道が見えてくるはずです。


女性の活躍は誰かから「与えられる」ものではありません。どんなに環境が整備されても、本人に強い意欲と実行パワーがないと挫折してしまいます。だから一番肝心なのは女性自身のエンパワーメントです。


初の大卒女子として旭化成に入社して数年後、キャリアパスの先が見えなくなりました。自分で自分を教育して専門性を身に付けるしかないと思い、米ニューヨーク州立ファッションエ科大学に留学しました。日本の企業では素人が何でもこなしているのに、ここでは細分化された数多くの分野にすべてプロフェッショナルがいることに驚きました。


高校2年生の時、交換留学生で米ミネソタ州に行きました。出発前に母が仕立ててくれた洋服を着て学校へ行くと、友達に「Yoko, so different!」と言われるのです。「変わってるわね」とけなされたのだと思い、次の日は違う服を着ていくとまた言われます。落ち込んでいると、ホームステイ先の妹が「何を言ってるの、それは褒め言葉なのよ」と言うのです。そこで初めて、周囲の人たちが皆、いかに個性を大事にして他人と違う自分になろうと努力しているかに気づきました。働く人も、医師であれ清掃員であれ、自分の得意なこと、やりたいことをその時々にやれる形でやっている姿を見て、職業観が大きく変わりました。


尾原蓉子の経歴・略歴

尾原蓉子、おはら・ようこ。日本の経営者。大阪出身。東京大学教養学部卒業後、旭化成に入社。ニューヨーク州立ファッション工科大学留学、ハーバード・ビジネス・スクールAMP(経営者向けコース)修了を経てIFIビジネス・スクール学長に就任。その後、数々の企業で取締役を務めた。そのほか、ファッション業界で働く女性を支援する一般社団法人ウィメンズ・エンパワーメント・イン・ファッション(WEF)を設立し会長を務めた。

他の記事も読んでみる

中内功

相手を憎んで、蹴落とすようなことは、私の性格に合わない。敵も自分から作らない代わりに、特定の人にべたべたとくっつくこともしない。あくまでも公明正大。堂々と渡り合う信念はある。


内田幸雄

新しい会社に変わった以上、新しいターゲット、新しいステージを追い求め、新しい文化・風土をつくり出したい。「地球の力を、社会の力に、そして人々の暮らしの力に。エネルギー・資源・素材における創造と革新を通じて、社会の発展と活力ある未来づくりに貢献します」というグループ理念を掲げ、高い倫理観とチャレンジ精神をともなう行動の規範とした。


西多昌規

何かあったとき個人の責任にするのは日本人の悪い癖です。たいていの仕事はチームで動いているわけですから、何から何まで100%個人の責任だとは言い切れないことも多い。そういうときは組織のせいにするのもひとつの手でしょう。


越智直正

我がタビオは、世界一の靴下総合企業を目指しています。売上基準ではありません。一流の商品で一番になるための創意工夫を重ねての世界一を目指しているのです。


樫尾俊雄

「必要は発明の母」とよく言われます。それに対して私は、「発明は必要の母」を持論としています。世の中の多くの人が必要性を認識するようになった段階で開発を始めても、もう遅いんです。我々が発明した製品を見た人が「ああ、これは自分にとって必要な製品だ」と感じて、受け入れてくれる。それが理想です。


原礼之助(禮之助)

大手自動車会社に、日本国籍でない人が社長になったと言っては、いまだに大騒ぎをしているでしょう?なんだ50年間、日本はちっとも変っていないじゃないかと私なぞは思うのです。外国人を経営層に入れ、新しい文化を作りましょう。もはやまったく珍しがられなくなるほど入れていくことが、日本企業の国際化です。


盛田昭夫

「神話が崩れた」なんて心外でたまりませんね。ソニーは神話で儲けていたわけではないんですから。ウチの企業努力、一所懸命働いたからこそ儲かったんですよ。あまり短期的に見てもらっては困るんです。
【覚え書き|1970年代中頃、株価低迷と減益によって「ソニーの神話は終わった」と言われたことについて】


磯崎哲也

お金を払ってプロに相談するという発想が日本人にはあまりないが、創業期のミスが将来の失敗につながらないためには重要なこと。


柵木充彦

企業は人がすべてですが、最近、とくに注視しているのはモチベーションをいかに高く持つことができるようにするか、ということです。


香山リカ(精神科医)

自分が立てたプランにこだわりすぎるのは危険です。人生に不確定要素はつきもので、必ずしも計画どおりにうまくいくとはかぎりません。ところが人生を自分でコントロールできると考えている人は、うまくいかなかったときに「こんなはずではなかった」と世を恨んだり、「努力が足りなかったからだ」と必要以上に自分を責めてしまうことがあります。


利根川進

人生にとって最も大切なのは、その時々に何が最も重要な事柄であるかを良く考え、そこに全エネルギーを集中させ、その他のことは切り捨てること。プライオリティー(優先順位)の決め方を誤ると、限りある時間と労力を無駄にすることになる。


高橋弘(経営者)

「営業」とは、お客さまのニーズを掘り起こすことで、「今不足しているものの気付き」を少し提供すること。そうすることで、お客さまは喜んだり、ライフスタイルが変わったりする。