尾上浩彦の名言

尾上浩彦のプロフィール

尾上浩彦、東海汽船会長。

尾上浩彦の名言 一覧

金剛石(ダイヤモンド)も磨かずばの例えどおり、社内に人材がいても経営者が積極的に仕事を任せ育てることを知らなければ期待にこたえてはくれない。


尾上浩彦の経歴・略歴

尾上浩彦、東海汽船会長。

他の記事も読んでみる

米良はるか

私たちは地方の金融機関と提携して、一緒にかかわる案件も出始めています。それを今後は増やしたい。たとえば28歳の女性が、閉店した秋田の料亭をリノベーションして、「あきた舞妓」の文化を復活させて低料金で舞妓を楽しめる施設をつくろうとしていました。この案件は地元の北都銀行さんが見つけてきたもの。北都銀行さんが1800万円融資するけど、それでも足りない1400万円をクラウドファンディングで集めました。このプロジェクトのように、いまの金融でフォローしきれないものに入っていって、新しいお金の流れをつくっていきたい。


中嶋常幸

僕は、これまで3回大きなスランプを経験している。一番長くきつかったのが40代のとき。父親が亡くなったこともあって、「一体何のためにゴルフしているんだろう」と。あと年齢による変化もあり、狙ったところにポールが飛ばない。「こんな俺は俺じゃない!」と自己否定していた。他人に責任転嫁もした。だけどあることがきっかけで、そんな自分を丸ごと受け入れようと決めたんだ。するとスランプは逆にチャンスに見えてきた。これをきっかけに「新たな自分に出会える」のではないか、と。それで状況が一変した。


金井真介

人は成長するにつれ、既成概念が構築される。しかし同時に、潜在的にそれを崩したいとも思っている。


坂本龍馬

世の中の人は何とも言わば言え。我が成すことは我のみぞ知る。


越後正一

ビジネスマンは常にイエスを強いられている。真のビジネスマンはノーと言える人間でなければならない。


山崎和邦

この50年で市場平均が2倍以上になる大相場は6回。およそ8年に1回起きている。1990年から2003年の13年間はバブル崩壊後の異常時で、これを例外とすれば37年に6回。つまり6年に1回は大相場が訪れている。老後が20年なら3回は来る計算だ。


橋本英夫

経験上、ビジネスの成功者や人前に立つ機会が多い人には、服装にも気を配る人が多いと感じます。仕事ができれば格好は関係ないという意見もありますが、それは違うと思う。服装はその人の分身です。逆に言うと、良い衣服を身に着けることがその人のやる気を引き出してくれます。それなりの立場にあるのなら、立場にふさわしい上質な服を着てほしいですね。


似鳥昭雄

最初の30年で商品づくり、人づくり、そして仕組みづくりをやってきた。


山田淳

限りある人生のなかで、成果を残すために大切なのは、手段と目的を取り違えないこと。私にとって登山家からマッキンゼーヘの転身も、そして起業も、夢を実現するために逆算して選び取った手段だったわけですから。


坂本光司

最悪の場合、需要はあっても人手不足のために倒産しかねない。いわゆる労務倒産です。そうした中で、働きやすい職場づくりへの関心が高まっている。これは企業規模に関係なく、大手企業でも職場環境への不満を原因とする離職は深刻な問題になりつつあります。


村上憲郎

革新的な技術を生み出す企業は、市場の成熟度やニーズなどを軽視して「これを使わない奴はバカだ」といった思い上がったアプローチをしがちです。その結果、技術的には素晴らしいのに市場に受け入れられなかったケースがたくさんある。


田中平八

剣を取っての栄達は難しいから俺はソロバンをもって立つ。


星野佳路

固定観念にとらわれているかどうかは、自分では気づくことが難しいものです。柔軟に思考するためには、つねに「何かを変えよう」と意識しながら仕事をすることが効果的です。


樋口泰行

従来通り、優れたコアプロダクツを開発する一方で、そこに新しい要素技術やサービスを組み合わせたソリューションとして、より高い付加価値をお客様に提供していく。これには、商品ありきのプッシュ型発想からの脱却が必要。


中尾浩治

日本人は交渉力やアピールカが欧米人に比べると弱いとも感じています。それも固定した上下関係の中にいすぎるから、交渉力やアピールカが弱くてもやっていけることが影響しているのではないでしょうか。


ページの先頭へ