名言DB

9425 人 / 110833 名言

尼口友厚の名言

twitter Facebook はてブ

尼口友厚のプロフィール

尼口友厚、あまぐち・ともあつ。日本の経営者、ウェブデザイナー、プログラマー。ネットコンシェルジェ社長。大学卒業後、ニューヨークに留学。帰国後、ウェブデザイナー中村勇吾の「mono*craft」を見てウェブの道に進むことを決意。ウェブコンサルティング会社キノトロープでディレクターを務めたのち、ネットコンシェルジェを設立。とくにECサイトの構築に定評があり、「ケイコとマナブ.net」「hotpepper beauty」「ユニクロドットコム」ほか多数の大規模サイトの構築を手掛けた。

尼口友厚の名言 一覧

ECサイトの成功には、コンセプト、コンテンツ、マーチャンダイジング、サービス、機能を有機的に組み合わせることが必要です。今回のサイトシステムもまだ完成ではなく、新たな機能も追加していきます。


ファッション業界に限らず、小売業者がECで成功を収めることは難しくなっています。多くの商品はほかのお店でも買えるので、どうしても価格競争に陥りがちです。コモディティ-化から脱却するには他店との差別化が求められます。本来であればそこでしか買うことができない「唯一商品」があればベストですが、小売りですからなかなか難しい。そこで私たちは他店では得られない機能やサービスを提供することで、来店動機に対して差別化を図ろうと考えました。


レコメンド(提案)エンジンのシステムはAmazonを始め、多くのECサイトが活用していますが、ファッション業界のやるべきレコメンドは少し特殊だと思っています。「この商品を買った人はこの商品も買っています」というレコメンドがあったとしても、ファッションは人と同じでは嫌という面もあるわけです。ですから例えば、ニットを好むお客様にはご購入いただいたニットのシャツに合わせたボトムスを提案する。こういったレコメンドのロジック構築こそが差別化のカギとなります。お客様の記録はそのベースであり、現在システムとしてチューニング(調整)している最中です。


尼口友厚の経歴・略歴

尼口友厚、あまぐち・ともあつ。日本の経営者、ウェブデザイナー、プログラマー。ネットコンシェルジェ社長。大学卒業後、ニューヨークに留学。帰国後、ウェブデザイナー中村勇吾の「mono*craft」を見てウェブの道に進むことを決意。ウェブコンサルティング会社キノトロープでディレクターを務めたのち、ネットコンシェルジェを設立。とくにECサイトの構築に定評があり、「ケイコとマナブ.net」「hotpepper beauty」「ユニクロドットコム」ほか多数の大規模サイトの構築を手掛けた。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

お客様から「尊敬」されるようになれば、たとえ他の会社が安い価格を提示しても買って下さるだろう。商売の極意とはお客様の尊敬を得ることだ。売る側に高い道徳観や人徳があれば、信用以上のものが得られる。


ケリー・マクゴニガル

他者のニーズに、心から関心を持つことも必要。自分が成し遂げたいことのために彼らのニーズを利用するのではなく、彼らの満足感や幸福感を心から気にかけることが大事。


盛田昭夫

私の言うことをごもっともですと言ってくれる人だけがパートナーではないと思います。違う考えをもっとる人間がおるから意味がある。我が社なんて言うのは会長みたいなことを言う人間がたくさんおる(盛田昭夫、もりた・あきお、ソニー会長、米国ソニーを成功させ世界展開を仕掛けた人物)


江川達也

誤解を恐れずに言うなら、手を抜いてでも締め切りに間に合わせるのがプロでしょう。編集者の想定するレベルは、当然、超えていなければ話になりません。それがプロですから。手を抜くというのはそこから先の話で、時間が許せば、自分としてはもっと描き込みたいという部分を制御してでも、締切りを守るということです。


為末大

失敗や敗北はつきもので、それ自体に毒はないと考えられれば、心は軽くなる。


新浪剛史

人を育成することが重要だと会社が本気で思っています。社長がそこを見せるということが会社のメッセージです。

【覚え書き|社長とサントリー大学学長を兼任していることについて】


村上太一

僕はやりたいことがない人はいないと思っているんです。人生はあらゆる選択の積み重ねですから、いままで選択してきたことの延長線上をたどれば、そこにはぼんやりとでも自分のやりたいことがあるのではないかと。


村上和徳

人は自分が思っているほど、自分のことを見ていないもの。人の目が気になって仕方がない人に私はよく、「わざと柄の違う靴下を片方ずつ履いて出社してみてください」と言います。実際にやってみると、ほとんどの人がそのことに気づかない。それがわかるだけでも、心が一気に軽くなるはずです。


横山清

小売業は好きで始めたわけではありませんでした。高卒で芦別の炭鉱で2年働き、北海道大学水産学部に入りました。出るころには200海里問題で漁業が斜陽になり、いつもラストランナーでした。ようやくたどり着いた商社でネクタイしめて働きはじめたら、経営が思わしくないのでスーパーへ行けと言われただけでした。


西野浩輝

本来の目的から外れたことに、時間をかける人は少なくありません。その典型は、企画書に凝りすぎている人。パワーポイントを使うとき、フォントやアニメーションに異常に凝る人がいますが、そのおかげで企画が通ったという話は聞いたことがありません。目的を考えて、必要最小限の行動をとりましょう。