名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小野義一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小野義一郎のプロフィール

小野義一郎、おの・ぎいちろう。日本の技術者、経営者。「小野測器」創業者。主な受賞に紫綬褒章、社団法人計測自動制御学会技術賞、勲四等旭日小綬章。日本統治下の朝鮮半島平安北道新義州出身。小野測器製作所を設立。「微小角変位のディジタル変換とそのトルク計への応用」で、計測自動制御学会技術賞を受賞。

小野義一郎の名言 一覧

ある程度人並みの経営利益が上がっていれば、あとは無駄なことをやれ。一見、無駄に見えることでも長い目で見ると、将来の主力商品につながるケースが少なくない。


小野義一郎の経歴・略歴

小野義一郎、おの・ぎいちろう。日本の技術者、経営者。「小野測器」創業者。主な受賞に紫綬褒章、社団法人計測自動制御学会技術賞、勲四等旭日小綬章。日本統治下の朝鮮半島平安北道新義州出身。小野測器製作所を設立。「微小角変位のディジタル変換とそのトルク計への応用」で、計測自動制御学会技術賞を受賞。

他の記事も読んでみる

染谷光男

中東のある国でスーパーの客にしょうゆを味見してもらおうと提案したら、販売代理店から猛反対されました。そこでは宗教上、試供品を手渡す女性に対し、男性客が質問したくても声をかけられないからとのことでした。そこで試供品にレシピを付けるなど知恵を絞りました。


宋文洲

正直に言って、管理職は「いい時」よりも「悪い時」の方が多い。でも、その悪い時に「どうやって結果を出すか」をとても厳しく問われる過酷な立場です。管理職がやるべき仕事は新しいことや改革だから、仮に部下6人が賛同してくれても残り4人は反対しますよ。「いや、宋さん、私の部下は8~9人が理解してくれますよ」と言う人がいたら、その人は「これまでと同じことを今日もやろう」と言っているに違いない。半数近い反対派に負けずに推し進めていくことが重要で、その孤独感やつらさを我慢して乗り越えていかないといけないのです。気づいていない人が多いようですが、管理職は本質的には経営側の人間だから仕方ない。


ルイス・ガースナー

危機は良き友。時間はライバル。
【覚書き|経営改革を成功させる秘訣とは何かと問われての言葉】


坂本光司

営業利益率が高い企業ほど、福利厚生制度を現状より充実させたいと考えている。そうした結果が出ています。理由としては、「従業員や家族の幸福度を高めるのに役立つ」「従業員のモチベーション向上により業績向上が期待できる」などが挙げられました。


田村潤

ミスを減らすには、仕事への姿勢、根本的な考え方を変えることにつきます。お客に貢献するという理念の徹底。上からの指示でも、自分の成績でもなく「お客が喜ぶことをする」。それが行動基準であると肝に銘じて動く。その意識があればお客の声を見逃すことも減り、確認漏れや段取りミスといったポカミスも減るはず。たとえミスした時も「このまま隠してはお客にさらに迷惑がかかる」と素直に考えられるため、隠蔽するようなこともなくなります。


武藤潤(経営者)

「この製油所は生産能力が大きすぎるから2割減らせ」といったふうに機械的に命令するだけでは継続性がない。一時的に効率化できたとしても、続かないでしょう。もっとソフトの部分というか、人の気持ちを考えて、納得感を持ってやってもらわないといけない。


谷原誠

ビジネスの場で出会うやっかいな人の典型として「話が長い人」がいます。たとえば早く商談を進めたいとき、取引先の担当者がこのタイプだと苦労することでしょう。対処法としては、基本的には「長い話でも聞いてあげられる自分になる」ことを目指すのがいいと思います。


前澤友作

他社はネット販売を始めたいと考えているアパレルメーカーに声を掛けていました。つまり、商品を供給してくれる見込みがあるブランドに交渉していました。しかし、スタートトゥデイの場合は、絶対に相手にしてくれないだろうけど、お客様の需要があるブランドや自分たちの好きなブランドに話をしに行きました。それがスタートトゥデイの特長であり、差別化に繋がったのかもしれません。


中山泰男

セコムの強みは、全員経営が社風に馴染むということ。社会を良くしたいというセコムの想いは社員に浸透しています。休日でも、道端で倒れている人に出会ったら、近くのAED(自動体外式除細動器)を使って助けるなど、自然と身体が動いてしまう。それは根底に「社会に役立ちたい」、「人々に安心を提供したい」という想いがあるからで、それがセコムの強さです。また、危機の時にはセコムには「一家総出」という言葉があって、社員が一丸となって対応します。その求心力と集中力はすごいものがあります。


村山甲三郎

趣味で小学生の頃から水泳を続けている。泳ぐ場所は通勤途中にあるスポーツクラブ。仕事帰りに立ち寄ったり、空いている時間を見つけて行っている。疲れていて今日は泳ごうかどうかと迷っているときも、泳いだ後はとてもスッキリした感じになる。これはやはり、水泳が有酸素運動だからだろう。


森本容子

販売の現場から入ったことが、いまはメリットになっています。1個の商品を売るために、どんな要素が必要か。その日の空気感でディスプレイに変化もつけなければいけない。現場で学んだことが、いまは役に立っているし、洋服の勉強をしてから業界に入ったら、たぶん違う目線になっていたでしょうね。


岩崎裕美子

定時が早まったのと同時に、どんな会議でも「30分」で終わらせるルールを設けました。ただでさえ短い勤務時間の中、会議に2時間も3時間も費やしていたら、5時に帰れるわけがないからです。時間内に結論が出なければ強制終了。決まらないものは何時間話しても決まりません。