名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小野澤一成の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小野澤一成のプロフィール

小野澤一成、おのざわ・かずなり。日本の銀行家。「塩沢信用組合」理事長。新潟県出身。中央工学校卒業後、塩沢信用組合に入組。同信用組合理事長を務めた。

小野澤一成の名言 一覧

東京にお金があるから売れるのではなく、東京であってもいい物でなければ売れない。


住宅ローンから撤退しました。住宅ローン市場にはメガバンクも参入し、ダンピング合戦が始まる中、私どものような信組にはそもそも勝ち目はありませんから。


私どもは弱小信組です。だから、メガバンクのようにオールマイティな営業をすることは不可能です。そこで貸出に一点集中するため、いくつかのサービスから撤退しました。


有価証券で飯を食っていては、地域のための信組などとは言えません。そこで有価証券の売却を断行したのです。実現損が発生して赤字になることは明らかでしたが、過去と決別して生まれ変わるために、あえて赤字からのスタートを選んだのです。


政府が掲げる地方創生が間違いだとは思いませんが、机上で考えた政策と現場とでは隔たりがあるのも事実です。例えば、魚沼では第二創業に関心を持った若い経営者が増えていて、政府の施策ではそうした部分への支援が手薄です。そこで私どもでは若手経営者のための経営塾を開いたり、破綻した個人を救済したり、地域経済を底辺から支えたいという思いで、私たちなりの地方別生に取り組んでいます。


小野澤一成の経歴・略歴

小野澤一成、おのざわ・かずなり。日本の銀行家。「塩沢信用組合」理事長。新潟県出身。中央工学校卒業後、塩沢信用組合に入組。同信用組合理事長を務めた。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

消臭ポットを開発するとき最初は周りが反対しました。しかし当初、「絶対に売れない」と断言していた小売店からも、矢の催促で注文が届くようになりました。商品が革新的で常識外れだからこそ、反対されると思っておいた方がいいでしょう。


中本利夫

駆け引きのことは親父に習ったからわかるようになったけれど、親は子供の性格をよく見ているものだと思った。中学生のころに父が言った通り、駆け引きは嫌。私には無理なんだ。結果的にメーカーへと走った。フローリング材の品質を良くして、ちょっとでも安くすればどんどん売れた。シェアがトップになるのに3年かからなかったから、それだけ他社の品質が悪かったわけ。いつの間にか品質で勝負する会社という形になりました。


中川政七・13代目(中川淳)

この世界(伝統工芸産業)は、「伝統的な手法でいいものを作っていればいい」という考え方が依然として強い。その発想を否定する気はありませんが、それだけで明るい未来を描くのはやはり難しい。安くてある程度の質を備えているものが多く流通しているわけですから。


藤田精

勝負に失敗はつきもの。エステ機器販売で失敗したあと、日雇いバイトで借金を返しつつ、次のチャンスを探った。


糸井重里

書く癖を絶対身につけた方がいい。アイデアは書けば書くほど次のアイデアにつながる。バージョンアップする。


安田隆夫

いかなる場合も顧客の立場に立って品揃えをしていく。値段は驚くほど安く、品質も保証する。そうすれば、浮利は追わなくても、商売は回っていくものだ。


フィデル・カストロ

人間、死ぬ時は何処にいても死ぬ。


小室淑恵

会議では「メンバーの発言を否定しない」というルールを自分に課してください。「そんなの意味ないだろう」などと否定的な発言はNGです。どんな意見も「なるほど、それもあるね」と、すべてホワイトボードに書き出してください。メンバーは、自分の発言が拾い上げられることで、「認められた」と感じます。すると、いつもは黙っていた人も積極的に発言し、アイデアを出すようになります。メンバーの意識が変わり、チームの生産性が確実にアップします。


外山滋比古

頭がよくなりたい、判断力を鍛えたいと思うなら、頭をいつもハングリーな状態にしておくことです。頭の中が満腹では良いと思ったことでもスッと頭に入らなくなります。そのためには、不要な情報を整理することが大切です。その具体的な方法とは、時間による忘却です。一晩考えて出来なかったことは、翌日に考えた方がいいと昔から言われていますが、今日判断できないことは10日か20日ほど忘れ、本能的に情報を選別するのです。残った知識を基にして頭を働かせれば、極めて独創的は発想ができます。


大串亜由美

どのような立場にしろ、人に仕事を頼むうえで大切なことは、「配慮」はしても「遠慮」はしないことです。遠慮をするのは「断られるかもしれない」「感じが悪いと思われるかもしれない」と不安だから。でもそれは、結局、自分の保身のためです。一方、配慮とは、相手が動きやすいように状況や役割などを踏まえて慮ることです。


渡邊陽一

考えたこと、思ったことは、遠慮せず、仲間ととことん話し合う。そのためには、会社の中で誰よりも、会社のことを考えていないといけない。


稲盛和夫

社員を雇用しながら利益を出している良い状態は、言ってみれば空中に浮かんでいるようなものです。努力を怠ればあっという間に地に落ちてしまいます。当たり前のことです。