名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

小野寺正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小野寺正のプロフィール

小野寺正、おのでら・ただし。日本の経営者、無線技術者。KDDI会長。宮城県出身。東北大学工学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。マイクロ無線部に勤務したのち、第二電電企画(のちのKDDI)に移る。取締役、常務取締役、副社長、技師長兼移動体通信本部長などを経て社長・会長を務めた。

小野寺正の名言 一覧

都合のいい情報だけを聞かされれば、どんな人でも判断を間違う。


電電公社(のちのNTT)のなかで、私がやれる仕事は決まっていました。一方、DDIでは真っ白なところにすべて自分で絵を描くことができる。日本の電話を安くすることと自分の仕事ができること。その両面が私の電電公社退職の決断を後押ししました。


フィロソフィに書かれていることは、とても基本的なこと。重要なのは、対応させるタイミングです。場面を誤ると、とんでもないことになる。問題は、その状況にあった行動をとれるかどうかなのです。


稲盛(和夫)さんを「経営の神様」と呼ぶ人もいますが、私は一度も「神様」だと思ったことはありません。神様は、すべてが見えているから、誤りのない判断ができる。現実にはすべてを見通せる人はいません。あえて「神」という言葉を使うならば、「神に近づこうとしている人」とはいえるかもしれません。そのために自分の知らないことは何でも吸収しようとしている。ほかの人には、そこまでの真似はできません。私もそうです。


小野寺正の経歴・略歴

小野寺正、おのでら・ただし。日本の経営者、無線技術者。KDDI会長。宮城県出身。東北大学工学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。マイクロ無線部に勤務したのち、第二電電企画(のちのKDDI)に移る。取締役、常務取締役、副社長、技師長兼移動体通信本部長などを経て社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

藤田晋

トラブルやピンチのときは少なからず動揺しますが、一呼吸ついて、動揺を顔や言動に出すのを抑えることが重要。「動揺を見せない人」は、それだけで、「頼もしい」と評価が上がります。ですから、トラブルが起きたりピンチに陥った時こそ、動揺を見せずに乗り切って、評価を上げてください。


シャンタヌ・ナラヤン

反対者の声は、製品をより良くするための大事な声だ。


西成活裕

数字の使いどころのひとつは、未来の可能性を示して予測することにあると考えています。バブル崩壊などの急激な変化が起きてから裏付けの解説をするのではなく、変化が起きる前に予測することができれば、そのほうが遥かに役に立つはずです。複雑な現実を、より正確に反映したモデルを構築して、それを解くことができれば、予測実現の可能性も高まりますし、実際にそうした試みは一部で成功しつつあります。


藤井隆太

どれだけ気を付けていてもトラブルに巻き込まれることはある。


松本正義

私が報告書で鍛えられたのは、5年間のシカゴ駐在でアメリカ中西部を一人で担当したときのことです。当時、日本とのコミュニケーション手段は手紙、国際電話、テレックスの3つしかありません。国際電話は料金が非常に高く、ローマ字表記のテレックスは、ちょっとした連絡でもロール紙が長々と吐き出され、膨大な量になりました。そのためほとんどが手紙の往復でした。そこで無駄を省き、長文にならぬよう心がけました。


米村歩

残業ゼロを始めたきっかけは、有能な社員が残業だらけの状況を理由に辞めたいと言い出したことでした。会社にいてもらわないと困る存在だったので、やるしかないという状況でした。悩んだ挙句、従業員を集めて、残業ゼロを通達したんです。しかし皆、残業をする前提で仕事をしてしまうんです。18時近くになっても仕事をやめようとしない従業員がいると、私が後ろに立ってプレッシャーをかけたりしました。みんなの感覚が変わるまでには、半年かかりましたね。


大宮久

勝つためには、自社の強みを生かして、かつ他社と比べてチャンスがあるところに打って出なければいけない。チャンスは他社が挑戦していないところにある。


鎌田富久

現状の機器はその上で動く数々のアプリによって普及しているとも言えます。そこにいきなり互換性の無い製品を出せば、今持っている強みを失ってしまうので、現在の強者は変化できないのです。したがって、全く違うモノは全く違うところから出て来るしかない。そろそろ画面を使わないデバイスが出てくるチャンスだと思います。一度誰かが正解を見つけて、その上で動き出すアプリやサービスが揃い始めれば、それがプラットフォームになって市場でも大勝できるでしょう。


茂木健一郎

脳の中には「集中しろ」という命令を出す「DLPFC(背外側前頭前皮質)」という司令塔のような部位がある。筋トレと同じで、この神経経路は繰り返し負荷をかけることによって太くなる。つまり一日に何度も集中しようと心がけることで、フロー状態(深く集中した状態)になりやすくなるのである。


池田欣生

何でもそうですが、「そんなの無理だよ」と言ってしまえば、それ以上の進歩はない。


南部靖之

フリーターは統計を出すために総合的につられた名称です。時代をさかのぼると、プータロー、フーテンと呼ばれ、100年前には素浪人でした。坂本龍馬も脱藩した素浪人で、明治維新はフリーターが集まって大組織の徳川幕府を倒して成し遂げたのです。自由な立場の人が世の中を変えることは、歴史が物語っています。


小日向文世

売れない時代はチョイ役ばかりでしたけどね、テレビカメラが僕を映してくれるのが、うれしくてたまらなかったなあ。