名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小野守男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小野守男のプロフィール

小野守男、おの・もりお。日本の経営者。「タムロン」社長。東京都出身。高校卒業後、自動車部品メーカーを経てタムロンに入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

小野守男の名言 一覧

社員すら幸せにできない経営で、お客様を幸せにできるわけがない。


毎朝社内を回っている。さまざまな情報がいっぱい入ってくるから。社員も声をかけてくれる。


製品へのこだわりは、トップダウンで形にしていく。


望遠ズームは性能がよくても安いものがないと、ある専門家が指摘したわけ。その専門家は、5万円以下でつくれたら市場は拡大する、とも言い切った。ならば「その価格で製品化しよう」となった。


小野守男の経歴・略歴

小野守男、おの・もりお。日本の経営者。「タムロン」社長。東京都出身。高校卒業後、自動車部品メーカーを経てタムロンに入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

水野和敏

これまでのスポーツカーというのは、進化するほど軽量化していった。だからダメだったんだ。スピンしやすく、タイヤの温度依存性も高く、冷えたら途端にグリップ性能が下がっていた。すると、雨の日の運転なんてあぶなくて仕方がなかった。それで「安全のために」なんてネガティブな方向での制御機能を追加し、アクセルをきかせなくしちゃった。でも、これのどこに運転の楽しみがあるの?だから「GT‐R」は逆を行った。軽くせず、重くする。重量をエネルギーに変える。これはスポーツカーとしては世界初のコンセプトなんだ。「GT‐R」の車体重量は1740キロけど、これはすごく重い。でも、だからこそ、砂の上でも氷の上でも雪の降るサーキットでも滑らない。


後藤卓也(花王)

経営者として、次のリーダーが生まれる環境をつくることも大きな責任のひとつです。


藤田晋

見るべきなのは、「常に自分の一歩先を行く先輩」。「引退した偉い人」ではなく、身近にいる先輩のような存在で「何かに挑戦し続けている人」です。そんな人の背中はリアリティーがある。自然と目線が上がりますし、「自分も負けていられない」と、後についていこうとします。「一歩先を行く先輩」が何を考え、どんな決断をするのか。それがどういう結果を招いたとしても、後ろで背中を見ている人は多くのことを学べます。


小阪裕司

価値創造型の企業というのは、組織の構成員が持つ創造力=クリエイティビティこそが資本ですから。産み出すべき価値から逆算した人数、場所、マネジメントの考え方まで異なってくるのは当然なんですよね。


野尻哲史

資産形成はダイエットみたいなものだ、とよくいわれます。すぐには成果が出ないけど、続けていくことでいつか成果につながるという意味では、確かにダイエットに似ています。ただ、ダイエットのように苦しみ抜かなければならないわけではありません。半面、ダイエットよりはもっと長い時間の努力が必要でもあります。投資の効果は20年、30年たってから表れるわけですから、ダイエットよりはかなり息の長い活動が必要ということになります。


寺田和正

女性にやる気を持たせるには「自分は任せてもらっている」と自信を持たせることだと思います。「信頼する」ということです。それから「誉める」。そしてそれを給料で示すことです。


横山光昭

仕事のスキルアップに役立ちそうな書籍やセミナーなどへの自己投資をケチることは、収入を上げるチャンスを自ら潰しているようなものです。


水城せとな

大きく変われる最後のタイミングが28~29歳だという気がします。もちろん50歳で突然小説家デビューする人もいるし、可能性はいろいろあるんですけど、自分の生き方を客観的に見て、否定する勇気、違う自分を受け止められる余地を持てる一番大きな最後のチャンスがアラサーなんじゃないかと思っています。その頃に変わらなかった人が後から変わったという話は、あまり聞かないですね。


宮田矢八郎

経営を考える時に欠かせない基本要素が3つあります。どれも等しく大事ですが、経営の成り立ちから言えば、「戦略」から始まり、「管理」が生まれ、「理念」に行き着く。そしてまた「戦略」に戻り、サイクルは回り続ける。


和田完二

会社の一員として誇りと責任を持つところに愛社精神が生まれる。各自会社の柱であることを自覚して、その職場をまっとうする。我々は組織を重んじ、規律に従う。各部署は互いに緊密な連絡を保ちあい、協調して社務の円滑な運行に努める。


山岡孫吉

私の青春時代、文明開化したばかりの日本が次第に世界の強国へのし上がっていった力に満ちた時代であった。こんな時代の流れの中で、有力な後援者もなく学歴もない田舎出のエンジンブローカーが、大きな渦や波を乗り越えて生きていくには、ただひたすらに力を尽くして泳ぎぬかねばならなかった。
【覚書き|中古ガスエンジンブローカーとして商売の道に入った当時を振り返っての発言】


宮口公寿

やみくもに読書量を増やすのではなく、読んだ本を反芻することが大切です。項目をピックアップしたノートを読み返し、自分の仕事や生き方に当てはめ、明日から行動にどう活かすかを考えましょう。