小野喬の名言

小野喬のプロフィール

小野喬、おの・たかし。体操のオリンピック選手。オリンピックで金メダル5つ、銀メダル4つ、銅メダル4つを獲得し、全日本体操競技選手権個人総合で7回優勝した選手。夏季オリンピックで4大会連続メダル獲得は、男子全競技ではいまだに破られていない。「鬼に金棒、小野に鉄棒」と称された選手。

小野喬の名言 一覧

私の一番好きな言葉は、努力だ。私のモットーとしている。単純な言葉だが、何を始めるにせよ必要なのはこれ以外にないと思う。そして自分の苦しさ、悩みなどは口に出して言うべきものではないだろう。それはひとりで心の中にしまいこんで耐え、戦うもの。そして戦い終わったのちは、ケロリとしてなんでもなかったような顔をしているものだと思う。


小野喬の経歴・略歴

小野喬、おの・たかし。体操のオリンピック選手。オリンピックで金メダル5つ、銀メダル4つ、銅メダル4つを獲得し、全日本体操競技選手権個人総合で7回優勝した選手。夏季オリンピックで4大会連続メダル獲得は、男子全競技ではいまだに破られていない。「鬼に金棒、小野に鉄棒」と称された選手。

他の記事も読んでみる

谷脇宗

私たちが一番のポイントに掲げているのが、「お客様の満足度」です。「この金額でこんなに美味しいものが食べられるんだ」「こんな雰囲気を味わえるんだ」ということですね。そのために「味」「サービス」「空間」の3つで他店との差別化を図っています。


陰山英男

会社で安定した地位に留まるべきか、あるいはリスクもあるが将来性もあるベンチャー企業に転職して自分の可能性にかけてみるか、といった判断を迫られることもあるかもしれません。その時、「お金のことが心配だから転職はやめておこう」と考えるのか、「お金のことは自分で何とでもできるから、思い切って挑戦してみよう」と考えるのか。いずれの決断を下すにしても、お金の問題を常日頃から見定めていなければ、納得のいく選択は難しくなるでしょう。


出雲充

検討に時間を使うことこそがリスクになる。なぜなら、デジタル時代の現代では情報がすぐ広がってしまうから。当社のように、新規性やアイデアで勝負しようとする場合、「A」と「B」の2つの案件でどちらをやるべきか迷って時間が過ぎてしまうくらいなら、どちらでもいいから動くべきなのです。Aで試したら70点の結果だったとしても、「結果」と「経験」とが残ります。それを生かしてBに着手すれば、110点の結果が得やすくなる。


羽生善治

対局では一生懸命に先を読んでいます。しかし、それでも読みが当たらない、あるいは、わからないというケースも非常に多いのです。10手先をきっちり予想するのも極めて難しい。自分と相手の2人が5回ずつ指すだけなのに、です。これが世間一般の事象となると、まず自分では決められないことや介入できないことが多いですし、自分が決めたあとにいろいろな人が手を出してきて状況が変わっていきます。そうなると、2手先、3手先でも、どんな局面になっているのかわかりません。それを考えても仕方がないのではないでしょうか。


迫俊亮

私なりに心がけている「経営者にとって大切な事」というのが3つあります。1つは「何があってもこれを実現するんだ」という強力な主観を持つこと。2つめはその主観を実体化させるために行動を起こすこと。3つめは、行動のプロセスにおいて常に人の心をつかんでいくことです。この3つを実行するためのメンタリティやスキルや経験が経営者には問われてくるのだと私は考えます。


長岡實

昔の日本人と今の日本人は変わったのではないか。かつて、ザビエルが日本へ来て、ポルトガル人は日本人が好きになりました。その後時を重ねて、戦前、フランスの詩人ポール・クローデルが同じ詩人のポール・ヴァレリーに、自分は世界の中でどうしても滅んでほしくない国がある。それは日本だと言ったんです。「彼ら(日本人)は貧乏だけれどもノーブル(高貴)だ」と。私自身も含めて非常に恥ずかしい思いがする。日本は、戦後立ち直って経済的に豊かになったかもしれないけれど、貧乏だけれども高貴だというのとは逆に、金持ちだけど下品だということになっていないか反省する必要がある。何か日本人が薄っぺらになった感じがしてね。


堀場雅夫

戦後、日本企業が急成長を遂げたのも上が全部抜けたからや。財閥解体の嵐が吹き荒れ役員がみんな追放された。会社に残ったのは若手の部長や課長。年長者でもせいぜい50歳くらいや。工場も焼けて取引先もない。だが同時にそれまでのしがらみもなく、だからこそ新しい日本を作ることができた。


太田雄貴

結果を出せば知名度も環境も金銭面も変わる。人生を変えるぞ。


鈴木純(経営者)

米CSPの買収も実は残念な例でもあります。買収自体は成功ですが、1年早く帝人が買収を提案しておけば、相対の交渉に持ち込めた。お互い拠点も近くてよく知っている会社だったのに、CSPがオークションになってから、当社が手を挙げる形になってしまった。


植木義晴

雑音は気になりません。すべて自分の責任だと思っていますから。そもそも自信がなければ社長就任の話は受けないし、自信がなくて受けるのは社員に失礼ですから。


鈴木亮平(俳優)

僕も学生の頃、自分でプロフィールを作って、いろいろな事務所に飛び込みのような形でアプローチしていたことがあります。大抵は本当に当たって砕けてしまいました。でも、そこから生まれたご縁がありますし、挑戦したことで広がった世界がありました。あの頃と比べて、30代になった今の自分はいつの間にか傷つくことを恐れて行動しないことが増えてきたかもしれません。それじゃいけない。当時の熱さや勢いを忘れずにいたい。


松本秀幸

勉強はまず始めてみることが大切で、興味のあることだけ続けてみればいい。1日3分でも英語の勉強を続けられたという成功体験から自信が生まれ、苦手意識も徐々に払拭される。勉強を続けていると、会話力や読解力、単語力などのさらなるレベルアップを図りたいと感じる時が来る。そうなったら1日3分ではなく、本格的に勉強を始めるタイミング。それまでは焦る必要はない。


柳井正

失敗から学んでいくしかない。試さないで失敗するのが一番よくない。


碓井稔

当社ならではの成果を出せる分野に注力したなら、あとは徹底してやりきること。


佐藤天彦

強い人ほど、よく研究された戦法への対応力があり、策を凝らすだけでは勝てません。トップ同士の対局は互いに仕掛けた罠をすべてかいくぐり、最後は未知の世界に入ります。そこでは、棋士の個性も含めて総合力の勝負になる。だから、若い時期ほど総合力の基礎となる土台づくりをしたほうが、将来的な勝ちにつながるように思います。


ページの先頭へ