名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

小郷三朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小郷三朗のプロフィール

小郷三朗、こごう・さぶろう。日本の経営者。「サントリー食品インターナショナル」社長。大阪府出身。京都大学法学部卒業後、サントリーに入社。洋酒事業部長、宣伝事業部長、近畿営業本部長、取締役、サントリーホールディングス執行役員、サントリー食品インターナショナル専務、副社長などを経て社長に就任。

小郷三朗の名言 一覧

マーケティングで重要なのは、消費者サイドに立って伝えていくこと。


私自身、長く宣伝畑を歩いてきたが失敗も山ほどある。しかし、それが次の発想の肥やしになっている。


各カテゴリーでナンバー2までに入れるブランドをいかに多く持てるかが、勝負の分かれ目。


悩んでリスクを計算してやらないよりも、まずはやってみる。新しいことはだいたい失敗するが、なぜ失敗したかを考えることによって真実に一歩近づく。


まずはやってみることが大事。なぜ失敗したかを考えることによって新しい真実が見えてくる。


失敗を繰り返しながら学ぶことによって、いつか成功する。


イノベーションを起こすことができれば、人口が減ろうが高齢化が進もうが、まだまだ市場を伸ばす余地はある。


当社は、販売数量増による成長を基本に置きながらも、高付加価値商品を手がけることで、不毛な過当競争に巻き込まれないことを心がけてきた。


創業家でないとできないことはたくさんあるが、自分はサラリーマン。消費者に一番近いのが現場なのだから、主権は現場にあるというスタンスをとる。


今後の日本では生産年齢人口が減り、高齢化がさらに進むことは明らかだが、私は工夫次第で1人当たりの飲料消費量は増やすことができると思っている。


サントリーのDNAともいうべき「やってみなはれ」の精神とは、失敗を糧に市場の真実に一歩近づくことだ。業界での競争は厳しさを増すものの、こうした自由闊達な企業風土があれば、さまざまな工夫ができ成長の余地はある。


入社後、飲料部門のマーケティングに携わりました。「ボス」、「なっちゃん」など多くのヒットが生まれた一方、失敗も数え切れないくらいありました。それでも、「為さざるの罪」、つまり挑戦こそ不可欠だということは上司から口を酸っぱくして言われましたね。


もともとお茶は家庭で茶葉を使って飲んでおり、お店や会社に行けば無料で飲めるものだった。それが今やフタを開ければ、すぐにそのまま飲めるペットボトルのお茶にお金を払うようになった。


商品力もさることながら、販路の拡大も同時並行で進めるべき経営課題だった。昨年、日本たばこ産業(JT)の飲料自動販売機事業を1500億円で買収したのはその一環にほかならない。この結果、我々は一夜にして26万台の自販機を手にした。しかも、今回の買収は単に規模の経済を追求したというだけではなく、JTの強みであるオフィスビル内のサービスのノウハウも取得できた。ここでは、コーヒー専用機など利益率が高い機種も採り入れていく。


小郷三朗の経歴・略歴

小郷三朗、こごう・さぶろう。日本の経営者。「サントリー食品インターナショナル」社長。大阪府出身。京都大学法学部卒業後、サントリーに入社。洋酒事業部長、宣伝事業部長、近畿営業本部長、取締役、サントリーホールディングス執行役員、サントリー食品インターナショナル専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

張本邦雄

社長として私が決めなければならないのは、経営会議や取締役会議で決めるべきこと、あるいは社長決裁が必要な事項です。それ以外はよほど大きな問題がなければ現地の判断に任せます。上手くいかなければ、最終責任は私がとればいいだけのことです。


青野慶久

私は、会社ではなく「自分のために働く時代」が、本当に訪れると見ています。いや、もうそこまで来ている。自由度の高い働き方を導入すると、組織の統制が取れなくなったり、働かない人が増えて不公平感が広がると心配する経営者は少なくない。ただ、そう考えるのは、業績と労働(拘束)時間は比例関係にあるという古い考え方から抜け出せていないから。自由や裁量を何のために与え、社員に何を求めるのかを明確にすれば、不公平感や従業員の「権利行使」だけが焦点になりがちな今の働き方改革の風潮も変わっていくはずです。


飯島彰己

当社は、益田孝が創業した時から、常に時代のニーズ、社会の要請に応える仕事をしていこうというスタンスでやってきました。


近藤宣之

いずれ切られる(かもしれない)と思っている社員が、会社のために力を発揮することはない。「自分は会社から大切にされている」という実感を持って初めて、社員は会社存続のために一所懸命働く。


新将命

会社でも人間でも、夢や理想がなければ屍と同様である。


三浦知良

サッカーだけでなく、外で遊ぶときも、お風呂に入るときも、人と会うときも、もうすべて一生懸命行くぜ、という感じなんだと思う。


リー・ジョンソン(経営者)

立場が違えば考え方が違うのも当たり前。


マーク・ハード

私はリーダーには3つの仕事があると思っています。「戦略を策定する」「戦略を遂行するための仕組みを整える」その様々な仕組みを整えるために「最適な人材を配置」するということです。これら3つをきっちりとできたならば、ビジネスは上手くいくわけです。


児玉和

グンゼは来年、設立120周年を迎えます。肌着メーカーとして知られていますが、ペットボトル向けの収縮フィルム、タッチパネルなどの電子部品、手術用縫合糸などの医療用品も手掛け、経営の多角化を実践しています。もし肌着だけに事業を絞っていたら、これほど長く会社を続けられなかったかもしれません。


夏野剛

私の知人に、最近、人前で話すことが上手くなったと感じる人がいます。以前と何が違うのか考えてみると、今の彼には余裕が感じられるのです。余裕は話の印象をガラリと変えてしまう要素なのです。


野坂英吾

最近、何で新規事業に取り組めているのかと考えていたら、既存事業を任せられる人が育ってきているからということに気付かされます。


村口和孝

システム化が一見合理的なようで怖いのは、システム化が計画に基づいてなされるためである。計画は想定外の事が起こると機能不全に陥る為、システムも想定外の事態では対応不全に陥る。事態が急を告げた時に慌てないため、変化に柔軟に対応できるシステムを常々意識した組織構築をしておかねばならない。