名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

小郷三朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小郷三朗のプロフィール

小郷三朗、こごう・さぶろう。日本の経営者。「サントリー食品インターナショナル」社長。大阪府出身。京都大学法学部卒業後、サントリーに入社。洋酒事業部長、宣伝事業部長、近畿営業本部長、取締役、サントリーホールディングス執行役員、サントリー食品インターナショナル専務、副社長などを経て社長に就任。

小郷三朗の名言 一覧

マーケティングで重要なのは、消費者サイドに立って伝えていくこと。


私自身、長く宣伝畑を歩いてきたが失敗も山ほどある。しかし、それが次の発想の肥やしになっている。


各カテゴリーでナンバー2までに入れるブランドをいかに多く持てるかが、勝負の分かれ目。


悩んでリスクを計算してやらないよりも、まずはやってみる。新しいことはだいたい失敗するが、なぜ失敗したかを考えることによって真実に一歩近づく。


まずはやってみることが大事。なぜ失敗したかを考えることによって新しい真実が見えてくる。


失敗を繰り返しながら学ぶことによって、いつか成功する。


イノベーションを起こすことができれば、人口が減ろうが高齢化が進もうが、まだまだ市場を伸ばす余地はある。


当社は、販売数量増による成長を基本に置きながらも、高付加価値商品を手がけることで、不毛な過当競争に巻き込まれないことを心がけてきた。


創業家でないとできないことはたくさんあるが、自分はサラリーマン。消費者に一番近いのが現場なのだから、主権は現場にあるというスタンスをとる。


今後の日本では生産年齢人口が減り、高齢化がさらに進むことは明らかだが、私は工夫次第で1人当たりの飲料消費量は増やすことができると思っている。


サントリーのDNAともいうべき「やってみなはれ」の精神とは、失敗を糧に市場の真実に一歩近づくことだ。業界での競争は厳しさを増すものの、こうした自由闊達な企業風土があれば、さまざまな工夫ができ成長の余地はある。


入社後、飲料部門のマーケティングに携わりました。「ボス」、「なっちゃん」など多くのヒットが生まれた一方、失敗も数え切れないくらいありました。それでも、「為さざるの罪」、つまり挑戦こそ不可欠だということは上司から口を酸っぱくして言われましたね。


もともとお茶は家庭で茶葉を使って飲んでおり、お店や会社に行けば無料で飲めるものだった。それが今やフタを開ければ、すぐにそのまま飲めるペットボトルのお茶にお金を払うようになった。


商品力もさることながら、販路の拡大も同時並行で進めるべき経営課題だった。昨年、日本たばこ産業(JT)の飲料自動販売機事業を1500億円で買収したのはその一環にほかならない。この結果、我々は一夜にして26万台の自販機を手にした。しかも、今回の買収は単に規模の経済を追求したというだけではなく、JTの強みであるオフィスビル内のサービスのノウハウも取得できた。ここでは、コーヒー専用機など利益率が高い機種も採り入れていく。


小郷三朗の経歴・略歴

小郷三朗、こごう・さぶろう。日本の経営者。「サントリー食品インターナショナル」社長。大阪府出身。京都大学法学部卒業後、サントリーに入社。洋酒事業部長、宣伝事業部長、近畿営業本部長、取締役、サントリーホールディングス執行役員、サントリー食品インターナショナル専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

相澤賢二

お客様の話を聞くときは、相手の目を見る。相づちは大げさにならないように。要は友達と話すような感覚で会話を楽しむのがいいのです。ただし、言葉づかいには気をつけないといけません。友達のような感覚とはいっても、買っていただいているお客様だということを忘れないように。


岩田松雄

自慢話は事実を淡々と、失敗話はむしろおもしろおかしく大げさに。


山海嘉之

他の生き物と違って、人間はテクノロジーを手に入れました。環境を変えることで危機を乗り越え、自分たちが生物として進化する道を捨てたのです。この意味は大きい。私たちの未来はテクノロジーとともにあるのです。つまり、どのようなテクノロジーを創り出すかによって未来社会が変わってくるのです。だからこそ、若者には適切な未来の開拓者になってほしい。


潮田、滋彦

講師として登壇することは、自分の人間的成長にもつながります。


カルロス・ゴーン

リーダーシップを鍛えるには、厳しい課題を与え続けることが欠かせません。


近藤太香巳

形式的にこなすのではなく、しっかりと心を込めなければ、せっかくの行動も意味がない。


石橋正二郎

気は長く持つが、行う時は気短でなければならぬ。


コリン・パウエル

優れたリーダーはビジョンやミッション、目標を設定する。偉大なリーダーは、あらゆる階層の部下に刺激を与え、各自が目的を自分のものとして理解し、真剣に取り組むようにする。こまごました仕事の向こう側に自分たちの目的があると理解させるのだ。


松本晃(経営者)

当社では経営トップから現場まであらゆる段階の社員が「自分は今期、これだけの仕事(目標)を達成する」と約束する。ほとんどの仕事は数値にして示し、その結果で報酬のかなりが決まる。もちろん職位によってその程度は異なるが、約束に対してそうやって責任をとるのである。


岡野雅行(岡野工業)

墨田区の向島という土地柄もあるけど、町にはとにかくいろんな人がいたね。おっかないお兄さんや水商売で働くキレイなお姉さん。学校を終わったらそういう人たちにくっついて、タバコやら石鹸やらを買ったりしてお使いするんだ。そうしてお駄賃をもらう。そのやり取りの中で会話の仕方やつき合い方を学ぶ。学校の勉強はしなかったけど、いろんな人とつき合うことで、たくさんのことを学んだよ。それがすべていまに生きているんだ。


近田哲昌

過度の競争は不要ですが、適度な競争は、いい緊張感を生み出します。仲間意識や連帯感のあるチームと単なる仲良しグループは別物です。


山口真由

覚えられない理由は、頭の回転の速さではなく、やり方が間違っているから。私の経験上、記憶に関する限り、頭の良し悪しはあまり関係がありません。正しい方法を知っているかどうかの差なのです。