名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小谷進の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小谷進のプロフィール

小谷進、こたに・すすむ。日本の経営者。「パイオニア」社長。鳥取県出身。明治学院大学経済学部卒業後、パイオニアに入社。モーバイルエンタテインメントカンパニー海外営業部長、パイオニア・エレクトロニクスUSA社長、パイオニア・ヨーロッパ社長、パイオニア執行役員、国際部長、常務執行役員などを経て社長に就任。

小谷進の名言 一覧

提携のときに必要なのがトップの決断です。提携先とトップ同士が話し合ってコミットメントをはっきり示す。明確な目標と戦略、それと主体のメッセージを示す。少なくともスタート時点ではトップダウンで話を進めないと他社との提携はうまくいきません。


グローバル化とIT化、異業種企業の参入でカーエレクトロニクス製品の競争相手はガラリと変わりました。そうなると今までの自前主義で時間と人とお金を掛けてやっていたのでは、とても今の開発スピードについていけない。そこで2010年に成長戦略を出した時に、「もう自前主義は捨てる」と宣言しました。大きな経営判断でしたが、それ以降、他社とのアライアンスを推し進めてきました。


小谷進の経歴・略歴

小谷進、こたに・すすむ。日本の経営者。「パイオニア」社長。鳥取県出身。明治学院大学経済学部卒業後、パイオニアに入社。モーバイルエンタテインメントカンパニー海外営業部長、パイオニア・エレクトロニクスUSA社長、パイオニア・ヨーロッパ社長、パイオニア執行役員、国際部長、常務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

しばしば携帯電話を片手に、空に向かって頭を下げている人を見かけるが、実はあれが正しい姿勢。身体の姿勢は、声や思考にも反映される。たとえ相手が目の前にいなくても、「申し訳ない」という気持ちを表すには平身低頭するのが第一歩。


横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

やはりライバルの多い資格は苦労します。その点マイナーでニッチな資格なら、稼げるチャンスは十分にあります。分厚い資格本からどれがいいかと探す人も多いのですが、それよりも、今後どんな業界のニーズが高まるのか、自分にあった資格はどんなものか、という情報を得ることが大切です。


佐藤和則(経営者)

資金は集まるまでやり続ければ、絶対に集まる。信念と情熱があればなんとかなる。


柴田励司

もともと私は「こういう仕事があるんだが、誰かやりたい人は?」といわれると真っ先に「やります」と手を挙げることを習慣にしていました。後先は考えずに、とりあえずやってみる。これは性格ではなく習慣です。積極性のスイッチを入れる習慣として、まずは手を挙げることをお勧めしたいですね。すると、勉強のチャンスに出合うことも増えてくるはずです。


藤岡頼光

私の場合、1日2時間・10か月の間、テキストに掲載された377の例文を反復して覚えることを日課としました。勉強時間は1日2時間が無理なら30分でもいいんです。大事なのは自分にノルマを課して継続することです。「まずは1週間!」といった形で試してみて、徐々に期間を延ばしていくのもいいでしょう。ノルマを達成したらおいしいものを食べに行くとか、友達と例文暗記を競争するとか、ゲーム性を取り入れるのもモチベーションアップにつながります。


鳥原隆志

実は、「緊急度も重要度も高い仕事」よりも、「緊急度は低いが重要度が高い仕事」の方が優先順位は上。「緊急度は低いが重要度が高い仕事」は、戦略立案やマニュアル作成など、成果に直結したり、長期的に自分を楽にしてくれる仕事です。


山本五十六

苦しいこともあるだろう。言いたいこともあるだろう。不満なこともあるだろう。腹の立つこともあるだろう。泣きたいこともあるだろう。これをじっと我慢していくのが男の修行だ。


道尾秀介

残業が多い会社だったので、帰宅して執筆にとりかかれる時間は夜中の12時ごろ。それから5時間執筆して1、2時間寝てまた出社、なんて生活をしばらく続けました。でも、不思議なもので風邪ひとつひかなかったですね。
【覚書き|デビュー作『背の眼』を書いた当時を振り返っての発言。同作品はホラーサスペンス大賞特別賞を受賞した。】


大塚万紀子

一般的に、多様性のある集団を育てるには、最低でもメンバーの3割を別の属性やタイプの人と入れ替える必要があるという研究結果があります。ですから、役員に女性を増やすなら、一人ずつ増やしていくのではなく、一気に数名を増やすぐらいで行なわなければ、彼女たちが多様性をもたらすことは期待できないのです。


相原輝夫(経営者)

上場したことで私もそうですが、社員の意識が変わったように思います。改めて会社は社会の公器であるという責任や重みを感じています。


和田裕美

どんなことでも強制するだけでは人は動かない。


本田直之

幅広く英語ができるようになる必要はありません。たとえば「趣味のサーフィンについて、海外で現地のサーファーと情報交換をする」「海外支社の同じ部門の担当者と、コンピュータシステムについて意見交換をする」など、目的を具体的に絞り込んだ「偏った英語」を3か月でものにするつもりで取り組むのが英語攻略の近道です。