名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小谷眞由美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小谷眞由美のプロフィール

小谷眞由美、こたに・まゆみ。日本の経営者。「ユーシン精機」社長。高知県出身。帝国女子大学(のちの大阪国際大学)卒業。取締役、ユーシンインダストリー社長、ユーシン精機副社長などを経て社長に就任。創業者である夫・小谷進とともにユーシン精機を成長させた。

小谷眞由美の名言 一覧

当社では「できない、無理だは出発点」と捉え、常にポジティブな思考で新たな技術を創出しています。この情熱が新商品を産む原動力になっています。


プラスチックはあらゆる産業の製品に幅広く採用されているのが大きな特徴です。このため、社会の変化や業種別の好不況などの影響を受けずに、常に高い需要にお応えしています。アジアの各国と地域を中心に、北米やヨーロッパなどに子会社を設立し、世界的なネットワークを確立しています。


1973年の設立当初は、様々な自動機の設計・製造をしていました。次第にプラスチック関連機器の受注が増え、1978年にはプラスチックを成形する工程で、製品を取り出すときに使われるロボットを開発しました。現在では、この分野に特化したメーカーとして事業に取り組んでいます。


小谷眞由美の経歴・略歴

小谷眞由美、こたに・まゆみ。日本の経営者。「ユーシン精機」社長。高知県出身。帝国女子大学(のちの大阪国際大学)卒業。取締役、ユーシンインダストリー社長、ユーシン精機副社長などを経て社長に就任。創業者である夫・小谷進とともにユーシン精機を成長させた。

他の記事も読んでみる

高井英幸

30代って生意気じゃないと駄目だと思うんです。生意気は自信がなければできないし、能力がなければできない。僕は生意気な部下にはどんどんボールを放りますよ。そんな生意気いうなら、やってみろと。そうされることで、生意気な奴はますます力をつけていくのです。最初から自信のなさそうな部下には、誰もボールを投げません。だから30代は生意気な方がいいんです。


宮田拓弥

手を組みたいスタートアップの製品を使うことが大事です。スタートアップのピッチにいくと、「うちのサービスはグーグルで使われている」とアピールする会社が案外多い。有名な企業がファーストカスタマーになってくれたことは、彼らにとっていい宣信材料なのです。一方、日本企業はスタートアップの製品をまず導入しません。どちらに親近感を覚えるかといったら、自社製品を使ってくれる会社のほうです。アメリカのCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)は、自分もベンチャーのエコシステムの一員で、一緒に成長しようという意識が強い。だからまだ実績のないスタートアップの製品であっても、積極的に使おうとします。日本のCVCも、一緒にエコシステムをつくる意識を持ったほうがいいでしょう。


佐藤琢磨

「賞金もボーナスも出るし、2位でいいじゃん」と言われたとしても、2位では納得できない。「誰よりも速く走りたい」という貪欲さがあるからこそ、スピードへの恐怖心に打ち勝ってアクセルを踏めるし、テクニックを追求し続けられる。


堀江貴文

どうしてみなさん、お金の話ばかりしたがるのかな。たぶんみんな、お金が目的化しているんですよね。だから僕のこともお金目当てだろうと決めてかかってくる。


谷所健一郎

私が実際にお手伝いしている会社では、ネット上に社長の言葉を掲載し、求人を行いました。自分の業界はこうで、今後我が社はこうなっていく。賛同するものよ集まれと、徹底して社長に語らせたのです。それだけでも、集まりは随分とよくなりました。


ビル・ゲイツ

自分で本を一冊書いてみて、本を書く人々に対する尊敬の念が高まった。ノンフィクションを書くには、その問題を秩序立ててしっかり考え抜かなければならない。考えの整理を迫られるのだ。すると、いままでは見えなかった穴や矛盾が見えてきて、より深く考えなければならなくなる。
【覚書き|『ビル・ゲイツ未来を語る』を執筆したときを振り返っての発言】


ピーター・ドラッカー

組織は変化に対応するために高度に分権化する必要がある。意思決定を迅速に行わなければならないからである。その意思決定は、成果と市場に密着し、技術に密着し、さらにイノベーションの機会として利用すべき社会、環境、人口構造、知識の変化に密着して行わなければならない。


北城恪太郎

日本は発明・発見から事業化に持っていく力が弱いのではないかと思います。事業化して製品を出し、社会に大きな価値をもたらしてはじめてイノベーションです。


佐藤綾子(心理学者)

笑顔は、言葉が伝わらなくても自分の意思が相手に伝わっていく、最強の「非言語表現」です。


出口治明

経営者の仕事は大きく2つ。メンバーが毎朝、会社に行きたくなるような楽しい組織をつくる。楽しければ必ずいいアイデアが生まれますから。これが9割。そして、残りの1割は、メンバーがわからないことをはっきり決めてあげる。これだけですよ。


村上太一

既存企業が幅をきかせている業界も、ターゲットを絞り込めば、新興企業が参入できる。そこで成功することも可能だと思う。


アルフレッド・アドラー

陰口を言われても嫌われても、あなたが気にすることはない。相手があなたをどう感じるかは相手の課題なのだから。