小菅国安の名言

小菅国安のプロフィール

小菅国安、こすが・くにやす。日本の経営者。伊勢丹社長。慶應義塾大学経済学部卒業。伊勢丹創業家に生まれ、4代目社長として伊勢丹の経営を行った。若干38歳で社長に就任。「古い伊勢丹をぶっ壊す」と宣言し、大改革を行った。

小菅国安の名言 一覧

年寄りを絶対にプロジェクトに入れるな。やる気のあるやつは、昨日入ったやつでも、10年選手でも構わない。


経営の原動力は人材。その人材に求められているのは、お客様の変化に敏感に対応できる柔軟性です。こうした時代、長期的な経営戦略といえども状況に応じて変更していかざるを得ないですから、硬直した頭では役に立ちません。


小菅国安の経歴・略歴

小菅国安、こすが・くにやす。日本の経営者。伊勢丹社長。慶應義塾大学経済学部卒業。伊勢丹創業家に生まれ、4代目社長として伊勢丹の経営を行った。若干38歳で社長に就任。「古い伊勢丹をぶっ壊す」と宣言し、大改革を行った。

他の記事も読んでみる

飯田亮

知恵を使わなければ、泥沼に入る。


庄野直之

営業は、窓口の担当者の人事評価が上がるような提案をしてあげなさい。


大澤道雄

失敗はどんどんすべきだ。私もたくさん失敗してきたし、部下の失敗で始末書や顛末書を書くこともいとわなかった。


前澤友作

社員のみんながスタートトゥデイをもっと楽しめる会社にする、そしてそれを世の中に広げていく。これが僕の働く目的かもしれません。きっとそうです。


高原豪久

日本で成功した商品を現地の発展段階に合わせてスライドさせればうまくいくという考え方は、完全に誤りだと思います。


原田泳幸

ものごとの順番は大切です。QSC(クオリティ、サービス、クリンリネス)を固める前に多くのお客様が訪れたら、いくら安くても不満を感じて、リピーターにはなってくれませんから。


小笹芳央

私の会社では、3か月を1年とみなし、それぞれが立てた目標を必ず達成すべく努力する。自ずと仕事のスピードは上がり、成長も早まります。1か月だと短すぎ、半年や1年先では遠すぎてイメージがつかみにくい。その点、3か月という期間は、小さな目標を達成するのにちょうどいい長さです。ちなみに「年度末」には社員の労をねぎらうために、全社一斉の「年末年始休暇」を設けています。3か月が過ぎたら、できたことと積み残したことをチェックしたうえで、3年計画や年間計画の軌道修正をしていく。これを繰り返していくと、数年後に振り返った時に大きな達成感を感じられる可能性が高くなります。


森正文(経営者)

クロージングのとき、相手によってはすぐに決められない社内事情もあります、それはこちらでいくら頑張っても、どうすることもできません。これは新規開拓営業だからいえるのかもしれませんが、私の場合は、商談でお互いに真剣な話し合いができたら、あとの決断は相手に任せ、次の営業に頭を切り替えていました。


吉永泰之

戦線を広げ、車種を増やしてブランドを希薄化させることだけはしたくない。


本田健

サラリーマンにとって一番大切なポイントは「蓄積とスキルアップ」だと思います。例えば5年間、同じ部署にいたら、その間に知識や人脈をどれだけ蓄積でき、ノウハウを磨けるかということです。そうなるには、組織に属しながら特定の分野のプロフェッショナルになる必要があると思います。その一つの方法が、資格の取得。税理士とか建築士などです。会社にいると、経営環境や業種特性によって儲かっていると給料は増えますが、逆の場合もあります。しかし、資格があると、それを武器に転職もできます。


柿山丈博

朝はテレビを観ません。暗いニュースなどを観てしまうと、どうしても気持ちがネガティブになりがちですから。


中山讓治(中山譲治)

社長に就任して、販売拠点、生産拠点、R&D(研究開発)の拠点、そして海外拠点と、第一三共が持つ拠点を機能別にくまなく回って、とにかく管理職とよくしゃべりました。社長になってから最も時間を割いたのは、この拠点回りです。


佐々木かをり

ハプニングがあっても対応できる能力も大切です。突発的な出来事への対応も、仕事のひとつです。クッションの時間を入れて、行動計画を立てることが必要です。


小坂敬

子供に対応力をつけさせるには「子離れする」ことが一番です。敢えて子どもを外に出して、目をつぶって「仕方がない」と諦める。それこそ、寄宿学校などに下宿させたり、ボーイスカウトに参加させて、野山で自然を相手に生活させてみることも良いと思います。とにかく、子どもが親の保護を離れて経験できる場が、今の子どもたちには必要なのではないでしょうか。


重久吉弘

仕事をしていく上では、相手から好感を持たれるように努力することが大事。私自身、これまで仕事の上でも、プライベートでも努力してきました。その時に心がけてきたのが「強く、明るく、元気よく、そして品も良く」という言葉。最後の「品も良く」が大事ですね(笑)。


ページの先頭へ