名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小笠原道大の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小笠原道大のプロフィール

小笠原道大、おがさわら・みちひろ。日本のプロ野球選手(内野手、捕手)。千葉県出身。7才で野球を開始。高校卒業後、NTT関東に入社。社会人野球を経験したのち、日本ハムファイターズにドラフト3位で入団。その後、読売ジャイアンツや中日ドラゴンズなどでプレーした。本塁打王、打点王などのタイトルを獲得。日本代表としても活躍。

小笠原道大の名言 一覧

どうせ駄目なら膝がぶっ壊れてもいいからやろうと。ボロボロになって歩けなくなっても、全力を尽くした結果なら仕方がない。そんな気持ちでやったからこそ、結果が出たと思うんです。


小笠原道大の経歴・略歴

小笠原道大、おがさわら・みちひろ。日本のプロ野球選手(内野手、捕手)。千葉県出身。7才で野球を開始。高校卒業後、NTT関東に入社。社会人野球を経験したのち、日本ハムファイターズにドラフト3位で入団。その後、読売ジャイアンツや中日ドラゴンズなどでプレーした。本塁打王、打点王などのタイトルを獲得。日本代表としても活躍。

他の記事も読んでみる

宮田拓弥

成功するかどうかはトップ次第。CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)を成功させたければ、10億~50億円の投資では駄目。企業規模にもよりますが、トヨタのように100億~1000億円の予算はほしいところです。このレベルの変革は、トップの決断が必要になります。残念ながら、現時点でその決断ができるトップは多くありません。


穂坂賢

近年、日本酒は様々なメディアで取り上げられ人気を博しているかと思われがちですが、実際には毎年、酒蔵の廃業が増加しています。昨今の廃業には2種類あって、造ったお酒が売れなくて廃業するものと、造り手の不足によってそもそもお酒を造れず廃業してしまうパターンです。限られた人材で効率よく酒造りを行うためにも雇用形態・生産形態の改革が進んでいます。


伊藤慎介

新しい物の構想を持っている人と、それを実際に作ることができる人がコラボレーションしながら、世の中にはないけど消費者には面白いと思ってもらえるプロダクトを次々と世の中に送り出していく。我々がやろうとしていることもそういうことです。そのための最初の取り組みが超小型の電気自動車なのです。


太田道灌

かかる時さこそ命の惜しからめ。かねて無き身と思ひ知らずば。
【覚え書き|一大事には命を惜しんではいけない。もともとない命だと覚悟しているから】


小川義行

カネのためでなく、この仕事を通じ何かを成し遂げたいという志のある人や、利用者のためにも短期的な収益を考えるより長く一緒に続けてくれる企業と組みたい。そのためなら私も目先のカネは諦めます。


江上治

相手が求めることにひとつずつ地道に応えればいい。とてつもなく稼ぐ人は地道な努力の延長線上に、圧倒的な独自性や専門性を獲得していっている。


高橋大輔(フィギュアスケート)

世界で一番になれば、どんな景色が見えるんだろうと思ったんです。ソチ五輪までの2年間は競技人生で最も苦しい期間でしたが、「五輪までは何が何でもやろう」と自分で決めたので、最後まで滑りきることができたのだと思います。


ガー・レイノルズ

プレゼンのスライドは、シンプルであることが大事です。データをたくさん載せて難しく見せたほうが説得力は増すという考えは逆効果。データはできるだけ省くか、見せる場合もシンプルなビジュアルにすべきです。詳しいデータで補完しなければいけない場合は、別に資料として配布しましょう。


野村修也

井戸端会議や居酒屋での会話といった、その場限りのうわさ話や経験談。これが一瞬にして世界中に広まるのがSNSです。


野村直之

日本企業は、演繹法とは逆の帰納法が大好きで、市場調査に力を入れてきました。しかしこれには弱点もあります。「現在の」ユーザーが知っている範囲のニーズしかわからないということです。つまり「未来の」ユーザーが何を欲するかの情報が足りないのです。ユーザー自身はまだ見ぬ革命的な新機能や使い勝手など思いつかず、教えてくれません。


谷川浩司

強い人ほど個性がある。四、五段の人はそれほど個性もないから何々流といった名前もつけられていない。段が上がっていくにつれて個性が強くなってくる。ひとつには自信ということがあると思います。下のうちはこんな手をさしちゃって笑われるかなと思いますけど、上になっていくほどこれでいいんだ、正しいんだと自分に自信がついてくるから。


鈴木貴博(コンサルタント)

重要なことは、インターネットでの成功者たちはそれぞれが、インターネット技術がビジネスの未来を変えていくことについての強いビジョンを持ち、インターネット技術を誰よりもうまくビジネスに適用することができたということである。これを職種で言えば、「事業開発の仕事」と呼ぶ。つまりこれからの十年間で一番引く手あまたになる仕事は、人工知能をビジネスに適応する事業開発の仕事なのだ。