名言DB

9425 人 / 110833 名言

小田理一郎の名言

twitter Facebook はてブ

小田理一郎のプロフィール

小田理一郎、おだ・りいちろう。日本のコンサルタント。「チェンジ・エージェント」代表、「組織学習協会ジャパン」理事長。オレゴン大学でMBAを取得。米国企業製造責任者、同経営企画室長などを経て「チェンジ・エージェント」を設立。著書に『学習する組織入門 自分・チーム・会社が変わる持続的成長の技術と実践』。

小田理一郎の名言 一覧

日本企業の多くは、収益性を上げるために人件費を削減し、人を育てる手立てを緩めている。結果、後になり育っていない世代が中心の弱い組織が完成されてしまう。


「学習する組織」をつくる第一歩は、課題を決めて、チームでビジョンを克明に描き、現実をありのままに見据えてそのギャップを創造的に解消すること。そうして組織が探求したり、内省したりを定期的に繰り返す「学習する組織」がはじまる。


小田理一郎の経歴・略歴

小田理一郎、おだ・りいちろう。日本のコンサルタント。「チェンジ・エージェント」代表、「組織学習協会ジャパン」理事長。オレゴン大学でMBAを取得。米国企業製造責任者、同経営企画室長などを経て「チェンジ・エージェント」を設立。著書に『学習する組織入門 自分・チーム・会社が変わる持続的成長の技術と実践』。

他の記事も読んでみる

周防正行

この企画はハリウッドでなければ撮れないということであれば、そういうこともあるかもしれません。でも、日本で撮れるものをわざわざアメリカでつくろうとは思いません。僕の理想は、撮らずにはいられないというテーマに出会って、それを伝えるために夢中になっている自分がいることであって、ハリウッド映画の監督になることではないのです。


桜井正光

ビジョンを全社員で共有し、社員一人一人がそのビジョン達成のために頑張ることです。ファイヤー(構える前に撃て)文化が社内に根付き、常にお客様からも新しい価値を提供し続ける企業として評価を受ける会社にならなければいけません。そうすれば、その企業の未来は決して暗くない。そのような企業が多く出てくれば、日本の未来もまた明るくなるはずです。


押井守

見終わって、何の発見もない映画は駄作だ。エンタテインメントとしてどれほど優れていても、どこかに「なるほど」と思わせる新たな価値観や、新しい視点が盛り込まれていなければ、その映画の価値は低い。


尾崎健一(尾﨑健一、臨床心理士)

誰かに評価してもらいたい(褒められたい)と考えて働くと、「人のため」に働くことになります。評価者である上司の顔色を常にうかがいながら仕事をしたいですか? 主体的に働くためにも、「自分の仕事」に目を向け、自分で自分の行動を評価しましょう。それで充実感を得られれば、「評価してもらいたい」という承認欲求は、自然と減ると思います。


荘司雅彦

本当に相手を説得するためには、2人の間でどれだけ信頼関係を築けているかに尽きる。信頼関係があるからこそ、多少のことがあっても、「この人の言うことを聞こう」と思うのです。


安藤文男

お客様のITを担うのは一人ひとりのエンジニア、すなわち「人」であります。当社が今後も成長していくために、最も大事なことは「人づくり」です。


松尾豊

IT分野は圧倒的に若い人が強いのに、なかなかチャンスが与えられない。闘いは勝たなければ意味がない。世界を相手に日本企業が勝つためには、根本的に意識を変える必要がある。


長谷川高

いまや大家さんという仕事は昔と違って、完全なサービス業。その認識と実践は絶対に欠かせない。


ジェイ・エイブラハム

経営理念もレガシー(遺産)をつくる作業につながるような価値を持たせれば、宝飾品のようにそれに魅せられ共感する人が集まってくる。


小笹芳央

「私は才能がない」と思っている人には、「あなたは120%の力で仕事をしていますか」と聞きたい。120%の力でしばらく仕事を続けてみれば、才能の有無は結果として見えてきます。才能は「あったか」「なかったか」の結果論として初めてわかるもの。