名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小田理一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小田理一郎のプロフィール

小田理一郎、おだ・りいちろう。日本のコンサルタント。「チェンジ・エージェント」代表、「組織学習協会ジャパン」理事長。オレゴン大学でMBAを取得。米国企業製造責任者、同経営企画室長などを経て「チェンジ・エージェント」を設立。著書に『学習する組織入門 自分・チーム・会社が変わる持続的成長の技術と実践』。

小田理一郎の名言 一覧

日本企業の多くは、収益性を上げるために人件費を削減し、人を育てる手立てを緩めている。結果、後になり育っていない世代が中心の弱い組織が完成されてしまう。


「学習する組織」をつくる第一歩は、課題を決めて、チームでビジョンを克明に描き、現実をありのままに見据えてそのギャップを創造的に解消すること。そうして組織が探求したり、内省したりを定期的に繰り返す「学習する組織」がはじまる。


小田理一郎の経歴・略歴

小田理一郎、おだ・りいちろう。日本のコンサルタント。「チェンジ・エージェント」代表、「組織学習協会ジャパン」理事長。オレゴン大学でMBAを取得。米国企業製造責任者、同経営企画室長などを経て「チェンジ・エージェント」を設立。著書に『学習する組織入門 自分・チーム・会社が変わる持続的成長の技術と実践』。

他の記事も読んでみる

米内山泰

ミスの情報共有は、社内システムを用いて行います。システム上にミス報告の専用フォーマットがあり、そこに各自が入力します。星野リゾートグループの複数の施設がこの仕組みに参加しており、参加施設のスタッフは「自分がミスをした」、あるいは「人のミスを見つけた」ら、ここに入力します。誰かが情報を入力すると、参加施設のすべてのスタッフ宛てにメールが届いて、情報が瞬時に共有されます。ミスをしてしまったことには真摯な気持ちで向き合いますが、ミスの報告は躊躇なく行う。すべてのスタッフに、そういう意識が浸透しています。


森雅弘

これまでのウェブサイトは、より使いやすいものに改善するには新しく作り替えるスクラップ・アンド・ビルドの考え方が主流でした。しかし、それではいくら資金があっても足りないし、制作会社も時間に追われた過酷な作業から抜け出せない。リアルの世界でも繁盛しているのは新装開店を繰り返しているきれいな店ではなく、多少店は古くてもきちんとした接客や気が利いたおもてなしをしているところです。ネットでも心地よくストレスを感じることなく商品を購入することができるはずです。できるだけ今あるものを有効に活用しながら、人にも地球にも優しいエコなウェブマーケティングの形を提案していきたい。


美輪明宏

火の粉はふり払わなければ、火傷します。だから必死にふり払う。自分が置かれた立場を悲観している暇はない。


市田清兵衛

奉公人は穏やかで謙譲なることを旨として、諸事倹約を心掛け、出入りの者は老若男女を問わず、丁寧に取り扱うこと。


池田謙蔵

経営は雪だるまを押していくようなものだ。すなわち、太く固い芯をフロンティア精神をもって作り上げていくことだ。


水田信二

他のコンビがエスカレーターやエレベーターで登っていくのを何度も見ました。もう最初からヘリに乗ってる人もいましたよ。「え? ヘリポートどこにあったん? 俺階段しか無いって聞いたんやけど!? あ、自家用なんや……はぁ~、なるほどぉ」みたいな。色んな才能を持った人が集まってくる世界ですからね。他人を羨ましがる機会は何度もありましたが焦っても焦らなくても自信を持ってやれることはネタしかなかったのでひたすら作っては稽古の日々でした。もちろん数えきれないくらい焦ったり心が折れそうになったり劣等感や汚い感情にまみれまくりでしたが。


猪瀬直樹

怒りが心の奥にたまると、判断が狂ってミスはするし、仕事なんかどうでもよくなるし、いいことなど一つもありません。では、こうしたマイナスの感情はどう処理すればいいのか? まず心がけたいのは、自分でコントロール可能なものと自分ではどうしようものないものの切り分けです。自分で制御できないことに「なぜだ!」と憤ってもムダ。徒労感に苛まれるだけ。イヤなことや腹が立つことが起こったら、自分の力でコントロール可能な部分だけにエネルギーを注ぐのが正解。


工藤公康

「失敗は成功のもと」というよりも、失敗して、その失敗から何かを学ぶことができれば、次に成功する確率が高まる。「学ぶこと」が「失敗を成功に変えること」に結びつく。


三津原博

競争状況の下で、ローコスト経営を目指し、法令を順守して、国が目指す業務を進めていかなければなりません。それができない企業は、市場が伸びていても残れません。パパママストア(個人商店)では限界があるかもしれませんね。


風間八宏

自分が大切にしているのは逃げないこと、ブレないこと。いまの自分をさらけ出すことを恐れず、いまの自分たちの力で勝負していく。


小杉俊哉

一流の人はみな自己効力感が高い。自分に対する信頼感です。最後はなんとかうまくいくと思って「まあ、やってみよう」と一歩を踏み出せる。二流の人ができない理由を探すのに一生懸命なのと真逆です。自己効力感は、仕事に限らず、小さな成功体験を積み重ねることで誰でも高められる。


小山進

自分なりの「小さな目標」を決めて、頑張って達成する。これを繰り返すことが、一番の近道。