名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小田和正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小田和正のプロフィール

小田和正、おだ・かずまさ。日本のミュージシャン、音楽プロデューサー。神奈川県出身。高校時代、仲間とともにアマチュア音楽活動を始める。東北大学工学部卒業、早稲田大学理工学部建築科修士課程修了。大学時代に「オフコース」を結成し、ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストに出場。東北予選1位、全国大会2位を獲得。その後メジャーデビューし、数々のヒット曲を生み出した。

小田和正の名言 一覧

お客さんを前にして演奏するのは、とても大事なことで。実際にみんなの顔を見ないと、ズレていってしまう部分もありますね。逆にお客さんが楽しんでくれて、嬉しそうにしている顔を見ると、「そんなに喜んでくれるなら、もう何でもやっちゃうから!」という気持ちにもなります。


継続する、というのは本当に大切なことだと思います。今、あのひとは何をしているんだろう、というブランクはできるだけ作らないようにしなければと思っています。僕の場合でも、どんな小さな活動でもみんなに知ってもらうことで、「ああ小田も頑張ってるな」って誰かの励みになったりすることもあるかもしれないですし。


「自分が好きだと感じるもの」を積み重ねながら「作品」にして……、同時代を生きる同じ感性を持った人たちに少しでも届けていけたらいいな、って思っています。


小田和正の経歴・略歴

小田和正、おだ・かずまさ。日本のミュージシャン、音楽プロデューサー。神奈川県出身。高校時代、仲間とともにアマチュア音楽活動を始める。東北大学工学部卒業、早稲田大学理工学部建築科修士課程修了。大学時代に「オフコース」を結成し、ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストに出場。東北予選1位、全国大会2位を獲得。その後メジャーデビューし、数々のヒット曲を生み出した。

他の記事も読んでみる

長谷部誠

愚痴だけでなく、負の言葉はすべて、現状をとらえる力を鈍らせてしまい、自分で自分の心を乱してしまう。心を正しく整えるためにも愚痴は必要ない。


高原豪久

経営改革ではCI(コーポレート・アイデンティティ)の作成、本社の移転、組織体制の改革、プロジェクトや研修の参加者に与える特別なバッジの導入など、段階的にではあるが、多くの改革を進めていった。中途半端な改革は前進しない。すべてを変えなければ変革の実はあがらないのだ。


田岡敬

基本的に転職するときは「社長になることに近づけそうか」という理由で判断してきました。


江上治

私が観察していると、成功している経営者は「強み」と「その人らしさ」、「環境の持っている強さ」の使い方が抜群に上手である。


出口治明

脳に刺激を与えるには、「飯、風呂、寝る」という生活から、「人、本、旅」という暮らしに移行する必要があります。つまり、たくさんの人に会い、本を読んで、いろいろなところに行って刺激を受ける。そうしなければ、生産性は上がりません。これが、働き方改革の基本。


三木谷浩史

若さをいい訳にするな。プロのビジネスパーソンであれ。してはいけないことは、仕事でできない理由を言うことです。どうやって目標を達成するかということを考えるより、できない理由を挙げるほうが簡単ですから。


トニー・レオン

仕事の過程では、とても楽しい時間もあれば、本当につらい時間も、かなり不愉快な時間もあります。でも、様々な感情を抱いている時間こそが、自分を啓発したり、啓蒙するのに役立ち、新しい発見を与えてくれるのです。


鍵山秀三郎

幸福と不幸について考える時、私はいつもこの言葉を思い出します。それは、「世の中に、不運な人はいないけれども不運だと思っている人は多い。幸運だと思っている人は多いけれども本当に幸運な人はいない」というものです。これは本当なのです。同じ事柄に出合っても、運が悪いと思う人もいれば、何とも思わない人もいます。つまり、幸運も不運も人が自分でつくり出しているのです。


数土文夫(數土文夫)

個人のアカウンタビリティ(説明責任)が非常に重要になります。常に会社の収益と自らの業務とを関連付けながら、合理的かつ論理的に説明する責任と能力。従来、こうした説明責任は経営者に求められるものでしたが、グローバル経済の中でM&Aにさらされている昨今、いちサラリーマンにも必須の能力です。


久恒啓一

アイデアというのは、組み合わせから生まれることが多いのですが、私たちが頭の中で同時に思い浮かべて作業できるキーワードの数は多くて5つ程度です。一方、図解化するといくつでも同時に眺めることができ、見違えるように発想の効率が上がります。


木暮明大

かつて正しいと思われていたものがイノベーションによって変わってしまう。


佐々木常夫

部下の仕事をきちんと見ていれば、ムダは削れる。最近は自分の仕事で手一杯という管理職が増えていますが、上司はもっと部下の仕事に手を突っ込むべきです。