名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

小田和正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小田和正のプロフィール

小田和正、おだ・かずまさ。日本のミュージシャン、音楽プロデューサー。神奈川県出身。高校時代、仲間とともにアマチュア音楽活動を始める。東北大学工学部卒業、早稲田大学理工学部建築科修士課程修了。大学時代に「オフコース」を結成し、ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストに出場。東北予選1位、全国大会2位を獲得。その後メジャーデビューし、数々のヒット曲を生み出した。

小田和正の名言 一覧

お客さんを前にして演奏するのは、とても大事なことで。実際にみんなの顔を見ないと、ズレていってしまう部分もありますね。逆にお客さんが楽しんでくれて、嬉しそうにしている顔を見ると、「そんなに喜んでくれるなら、もう何でもやっちゃうから!」という気持ちにもなります。


継続する、というのは本当に大切なことだと思います。今、あのひとは何をしているんだろう、というブランクはできるだけ作らないようにしなければと思っています。僕の場合でも、どんな小さな活動でもみんなに知ってもらうことで、「ああ小田も頑張ってるな」って誰かの励みになったりすることもあるかもしれないですし。


「自分が好きだと感じるもの」を積み重ねながら「作品」にして……、同時代を生きる同じ感性を持った人たちに少しでも届けていけたらいいな、って思っています。


小田和正の経歴・略歴

小田和正、おだ・かずまさ。日本のミュージシャン、音楽プロデューサー。神奈川県出身。高校時代、仲間とともにアマチュア音楽活動を始める。東北大学工学部卒業、早稲田大学理工学部建築科修士課程修了。大学時代に「オフコース」を結成し、ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストに出場。東北予選1位、全国大会2位を獲得。その後メジャーデビューし、数々のヒット曲を生み出した。

他の記事も読んでみる

伊藤隆行

僕は自分の番組のことを「他力本願バラエティ」だと言っています。つまり、アイデアは人から全部もらってしまえという考え方です。


樋口武男

会議は「回議」とも書くし「怪議」とも書きます。結論の出ない会議は、ただ回っているだけ。いまのようなスピードの時代に、そんなことをしていても、何も前には進みません。


田辺昇一

人間に「徳の人」と「才の人」とがある。徳の人は大将の器です。才の人は補佐役になるべきです。リーダーとして地位が高ければ高いほど、技量的能力よりも徳の方を要求されます。


午堂登紀雄

将来役に立つであろう経験や人脈に惜しみなくお金を使うことが大事。特に自由に使えるお金の限られたこんな時代だからこそ、そうした「志のある」お金の使い方が大切。


矢頭美世子

周囲の否定的な見方を覆すために、主人が亡くなる前年に32億円だった売上高を2倍の60億円にする目標を立てました。私も必死でしたし、社員も夜の10時になっても帰らずに仕事を続けました。見かねて「体が大事だからもう帰って」と言うと、今度は朝の5時半に出社してくる社員もいて、7時にはほぼ全員がそろうんです。前年に発売した「熟成やずやの香醋」の販売に集中したことも成功し、その年の売上高は目標を上回る62億円に達しました。人間の力ってすごいなって思いましたね。


石田淳(コンサルタント)

トップセールスたちは感覚的に売れるやり方を会得しているので、「どうすれば売れるのか」と質問しても「普通にやっているだけ」としか答えません。すべきことは、目に見える行動に対する観察です。


後藤玄利

起業すると決めたとき、情報をベースにした事業をすること以外は、明確に決めていませんでした。ただ当時、コンピュータの小型・低価格化、高性能化が進んでいたこともあり、顧客管理をしながら、ダイレクトメールを使った通信販売を始めてみようと。基本は自分一人で社員ゼロ、受注は電話秘書代行を活用し、自作の顧客管理でのスタートでした。商材は、家業で扱っていた売れ行きが芳しくない「霊芝ドリンク」でした。


古森重隆

経営者にとって一番大変なのは断行、実行することで、さらには成功しなければならない。成功しない人はリーダとは言えない。


吉田松陰

お正月にはどこでもつまらない遊びをするものである。そんなことより何かためになる本でも読んでもらいなさい。


原田泳幸

進研ゼミでは投資の矛先を替える。これまでは新規顧客の獲得ばかり重視していたが、今後は継続率を上げるための施策に切り替える。退会者を年2割減らせば、直近の2年の落ち込み分は3年間で取り戻せる。


村上憲郎

私は教養を学ぶ究極の目的は、「一生を棒に振ってもいいと思えるものに出合う」ことだと思っています。仕事なんてせいぜい65歳までです。私も「人工知能」と「量子力学」というライフワークがあるため、この年になっても楽しい人生を過ごしています。


ビリー・ビーン(球団経営者)

スカウトの経験則や主観があまりあてにならないことは、私自身が身をもって思い知った。私は超高校生級選手として期待され、ドラフト1位でニューヨーク・メッツに入団したが結果を残せず9年でユニフォームを脱ぐことになった。人の将来性を見抜くのは難しい。他人を評価するときには、どうしても偏見が入ってくる。そこで客観的なデータを重視することにした。