名言DB

9412 人 / 110637 名言

小田兼利の名言

twitter Facebook はてブ

小田兼利のプロフィール

小田兼利、おだ・かねとし。日本の経営者、技術者。「日本ポリグル」創業者。熊本県出身。大阪大基礎工学部卒業後、ダイキン工業に入社。その後独立し、日本ポリグルを創業。納豆のネバネバ成分「ポリグルタミン酸」を使った水質浄化剤を開発。同浄化剤は安価に水を浄水でき、発展途上国の水問題解決に大きく貢献した。そのほか、国際ボランティア学生協会特別顧問などを務めた。

小田兼利の名言 一覧

やるべきことを見つけ、走り始めたら「やりぬくこと」。いわばマラソンだね。やめたいと思うときもある。だけど絶対に完走するという気持ちが大切。私の場合、周囲の歓声が凄すぎて、途中で棄権できなくなっちゃってるんだけどね。


僕は昔から家中の時計を分解して遊ぶような子供でね、とにかく一貫して、好奇心を動機にアイデアを形にするということをしてきたんだ。


「仕事がつまらない」「給料が安い」「明日が心配だ」。そんなこと言っているヒマがあったら、海外に出てほしい。日本人の勤勉さや努力が自分の強みだということに気づくはずだから。


世界の人が安心して水を飲めるようにする。それが私の人生の喜びです。


中小企業には勝機があるんだ。日本の中小企業の力は間違いなくトップクラスだよ。八百屋だろうがラーメン屋だろうが部品メーカーだろうが、日本の中小企業ほど高いレベルの仕事をする会社はない。加えて中小企業は組織が小さいから「小さな利益でも十分」なのも強み。ただ、そのためには必ず現地現物を見ないと。


日本の中小企業の悪いところは出ていかないところ。「英語が苦手だから……」なんて言ってないで、見て触れて現地を知れば「何が問題で、何がビジネスになりそうか」見える。同時にね、強みも見えてくるんです。「うちのような浄水技術を持つ会社は世界にも無い」とね。一律に閉塞感が漂っている日本だと気づけないけど、外に出ると、すごい力が備わっていることに相対的に気づけるわけです。


この粉(水質浄化剤「PGα21Ca」)を開発したときは「世界の貧困層を救おう!」なんて思っていなかった。きっかけは、阪神大震災。神戸で被災したんだけど、翌日から飲料水が手に入らない。でも目の前には池の水がある。そこでひらめいた。「この汚れた水を飲料水にできないか?」と。いわば好奇心だね。アイデアを考え、形にするのが好きなんです。


「PGα21Ca(納豆のネバネバ由来の水質浄化剤)」ができたとき、「日本中の自治体がとびつくはず!」。そう思ったのに、みんなデモを見て「凄い!」と言うだけ。なぜか? 取り入れるには水道協会の認可を得なきゃいけない。ようは利権を守る「関所」が立ちはだかっていたんです。憤ったよ。バカらしいと。そんなとき、タイから声がかかった。スマトラ沖地震で政府から要請があってね。「生活用水が足りない!」と。うちから8人の救援隊が行くと、フランスのものすごい浄水機械がすでに入っていました。でも電気も通ってないから動かせない。そこでうちの出番。白い粉を混ぜるだけだから大歓迎。それこそ「魔法だ!」って。このときに気づいたんだ。むしろ彼らのためにこそ我が社の仕事はあるんじゃないかと。


小田兼利の経歴・略歴

小田兼利、おだ・かねとし。日本の経営者、技術者。「日本ポリグル」創業者。熊本県出身。大阪大基礎工学部卒業後、ダイキン工業に入社。その後独立し、日本ポリグルを創業。納豆のネバネバ成分「ポリグルタミン酸」を使った水質浄化剤を開発。同浄化剤は安価に水を浄水でき、発展途上国の水問題解決に大きく貢献した。そのほか、国際ボランティア学生協会特別顧問などを務めた。

他の記事も読んでみる

キケロ

暇のあるときほど暇のないときはなく、孤独であるときほど孤独でないときはない。


山本晃則

夕方までに営業に連絡をもらえれば、当日中に出荷する。一刻も早く製品を手に入れたい顧客が、大阪府高槻市にある倉庫に取りに来ることもある。


坂根正弘

我々の本質とは何かと言えば、ものづくりに他なりません。ならば、それ以外の間接業務は極力簡素化するべき。


岡本正善

達成しづらいと思ったら目標を下方修正しましょう。高すぎる目標のままにしていると、潜在意識が「達成できないのでは?」と疑問を持ってしまう。修正し、達成可能な目標を見つけるべき。逆に簡単に達成できそうなら上方修正しましょう。


伊集院静

「人の行く裏に道あり花の山」という言葉があります。大勢が目を向けていないところに大きなチャンスが転がっているという格言です。私の作品作りの姿勢も同じ。皆の向く方向に合わせて創作すれば、着実に売れると考えがちですが、そうした態度で書けば必ず失敗すると思っています。常に新しさを探し求めて綴ってきました。


鈴木敏文

変化に対応するのは簡単ではない。例えば自動車を運転するとき、自分が先頭に立って運転するのは難しいことではありません。自分のペースで運転できるからです。けれども、後からついていくのは結構大変なんです。前の車が信号を通過したとたんに信号が赤に変わるかもしれないし、急に渋滞が始まるかもしれない。相当な技術が必要になります。


日覺昭廣

東レの前身である東洋レーヨンの社是は「社会に奉仕する」でした。これを海外で投資家に説明した時、「東レは社会福祉団体か?」と酷評されました。しかし、東レの志は、企業理念を「わたしたちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します」と改めた今でも変わっていません。


ピーター・ドラッカー

真のイノベーションと新奇さを混同してはいけない。イノベーションは価値を生む。新奇さは面白いだけである。ところが組織の多くが毎日同じことを行い、毎日同じものをつくることに飽きたというだけで、新奇なものに取り組んでしまう。


矢﨑雄一郎(矢崎雄一郎)

「この人と一緒に仕事がしたい」と思えるかどうかを大切にしています。仕事に対する姿勢やがん医療で革命を起こすのだという想いを共感できるかを大切にしています。


真田幸俊

人材登用という話は企業はもちろん、基本的に我々のような研究室でも同じだと思います。つまり、特定の学生に対して入れ込んでしまうと周囲とのバランスがとれませんし、誰に対しても公平なスタンスで接しなければならないと思うんですね。変な肩入れがあると学生もそれを見ているわけですから、きちんとしたルールを持っておくべきですね。


田中辰巳

ビジネスパーソンなら最近の企業不祥事を対岸の火事とは思わず、「もし自分があの経営者の立場だったら、どう謝罪すればよいだろうか」としっかり考えておくとよいでしょう。危機管理の実例を疑似体験しておけば、思わず逃げたり戦ったりする言葉が出そうになっても呑み込むことができ、仕事も家庭もうまくいくようになるはずです。


似鳥昭雄

問題を解決するためには、問題を数字と状態で具体的に捉えることが必要です。社員には、「仕事では数字のない会話をしないように」と言っています。


角田晃広

俺はネタ中に気が散ることはないですね。必死なんですよ。長いセリフが多い割に、覚えが悪いので。(相方)二人は余裕があるんでしょうね。俺はもうガッチガチでやってるから。一生懸命です。


午堂登紀雄

周囲から見て貧乏くさく見えるかどうかよりも、本人がお金に対してどのように接しているのかが重要なポイントです。衣服にお金をかけずに安いものばかり来ていると、周囲からは貧乏くさいと思われるかもしれませんが、衣服に興味のない人にとっては合理的な判断です。貧乏くさいというよりは、メリハリのあるお金の使い方をしているといえるでしょう。


浜矩子

学問はかつて、すべてひとつでした。それがいつの間にか細分化されていったのですが、本質は変わりません。歴史も同様で、「世界史だけを学ぼう」と思っても、本当に生かせる知識にはなりません。学問というのは渾然一体としたもの。頭の中に仕切りを作ってしまわないようにしてほしいですね。