名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小田兼利の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小田兼利のプロフィール

小田兼利、おだ・かねとし。日本の経営者、技術者。「日本ポリグル」創業者。熊本県出身。大阪大基礎工学部卒業後、ダイキン工業に入社。その後独立し、日本ポリグルを創業。納豆のネバネバ成分「ポリグルタミン酸」を使った水質浄化剤を開発。同浄化剤は安価に水を浄水でき、発展途上国の水問題解決に大きく貢献した。そのほか、国際ボランティア学生協会特別顧問などを務めた。

小田兼利の名言 一覧

やるべきことを見つけ、走り始めたら「やりぬくこと」。いわばマラソンだね。やめたいと思うときもある。だけど絶対に完走するという気持ちが大切。私の場合、周囲の歓声が凄すぎて、途中で棄権できなくなっちゃってるんだけどね。


僕は昔から家中の時計を分解して遊ぶような子供でね、とにかく一貫して、好奇心を動機にアイデアを形にするということをしてきたんだ。


「仕事がつまらない」「給料が安い」「明日が心配だ」。そんなこと言っているヒマがあったら、海外に出てほしい。日本人の勤勉さや努力が自分の強みだということに気づくはずだから。


世界の人が安心して水を飲めるようにする。それが私の人生の喜びです。


中小企業には勝機があるんだ。日本の中小企業の力は間違いなくトップクラスだよ。八百屋だろうがラーメン屋だろうが部品メーカーだろうが、日本の中小企業ほど高いレベルの仕事をする会社はない。加えて中小企業は組織が小さいから「小さな利益でも十分」なのも強み。ただ、そのためには必ず現地現物を見ないと。


日本の中小企業の悪いところは出ていかないところ。「英語が苦手だから……」なんて言ってないで、見て触れて現地を知れば「何が問題で、何がビジネスになりそうか」見える。同時にね、強みも見えてくるんです。「うちのような浄水技術を持つ会社は世界にも無い」とね。一律に閉塞感が漂っている日本だと気づけないけど、外に出ると、すごい力が備わっていることに相対的に気づけるわけです。


この粉(水質浄化剤「PGα21Ca」)を開発したときは「世界の貧困層を救おう!」なんて思っていなかった。きっかけは、阪神大震災。神戸で被災したんだけど、翌日から飲料水が手に入らない。でも目の前には池の水がある。そこでひらめいた。「この汚れた水を飲料水にできないか?」と。いわば好奇心だね。アイデアを考え、形にするのが好きなんです。


「PGα21Ca(納豆のネバネバ由来の水質浄化剤)」ができたとき、「日本中の自治体がとびつくはず!」。そう思ったのに、みんなデモを見て「凄い!」と言うだけ。なぜか? 取り入れるには水道協会の認可を得なきゃいけない。ようは利権を守る「関所」が立ちはだかっていたんです。憤ったよ。バカらしいと。そんなとき、タイから声がかかった。スマトラ沖地震で政府から要請があってね。「生活用水が足りない!」と。うちから8人の救援隊が行くと、フランスのものすごい浄水機械がすでに入っていました。でも電気も通ってないから動かせない。そこでうちの出番。白い粉を混ぜるだけだから大歓迎。それこそ「魔法だ!」って。このときに気づいたんだ。むしろ彼らのためにこそ我が社の仕事はあるんじゃないかと。


小田兼利の経歴・略歴

小田兼利、おだ・かねとし。日本の経営者、技術者。「日本ポリグル」創業者。熊本県出身。大阪大基礎工学部卒業後、ダイキン工業に入社。その後独立し、日本ポリグルを創業。納豆のネバネバ成分「ポリグルタミン酸」を使った水質浄化剤を開発。同浄化剤は安価に水を浄水でき、発展途上国の水問題解決に大きく貢献した。そのほか、国際ボランティア学生協会特別顧問などを務めた。

他の記事も読んでみる

阿部祐二

自分自身はストイックにやっているつもりはありません。少しでも前進したいのもありますが、何より、毎日を少しでも楽しく過ごしたいだけ。だから、漠然と過ごしたくないのです。「どうすれば、今よりも毎日が楽しくなるか」――そんなことを考えるようにすれば、自然と時間を活用できるようになるかもしれませんね。


中村貞裕

僕のブームの定義は、1番でなくて良いということ。2番目でも3番目でも、マラソンでいう1位集団に入っていればいいし、またそこの場所で初めてならOK。


厚切りジェイソン

なぜ会議が始まる時間には厳しいのに、終わる時間にはゆるいの? Why? 仕事も同じ。始業には厳しいけど、残業にはゆるいのも訳がわからないよ。


北城恪太郎

一度しかない人生を自分の考えだけで生きることもできるが、変わることのないものに支えられて歩んでゆくべきではないだろうか。
【覚書き|若いころキリスト教の洗礼を受けたときを振り返っての発言】


出雲充

仕事の進め方において、質を重視するか、量を重視するかで言うと、私は完全に量を重視するタイプです。普通の人間が質の向上に時間を費やしたとしても、それはほとんどの場合、時間の浪費にすぎないと私は考えています。所詮は同じ人間なのですから、仕事の質の差がそんなにあるわけがない。それよりも、量、試行回数を増やすことに時間を投じるほうが良いと思います。試してみて、失敗して、フィードバックを活かして、もう一回試す。これを繰り返すことで成功を目指すのです。


カール・マルクス

人間が集団で生きていくにあたってもっとも肝心なことは、ひとりひとりの人間の柔軟な感性と個性に対応できるようなシステムが保証されていることである。


玉川憲

私たちはベンチャー企業なので、多額の資金調達をして一気に成長するというスタイルでやってきました。すでに35億円を調達して、これからさらに一歩踏み出したいというときに、通信事業者と組めば資金、技術両方で得るものが大きいと考えて、KDDIグループ入りを決めました。私たちは通信のハードウェアを持っていない仮想通信事業者です。今後、新しい通信規格が登場して、それをいち早く採用してサービス化するとき、ハードウェア資産を持っている通信事業者と組むことは大きなアドバンテージになります。また、私たちはグローバルなプラットフォームを目指していますが、その点でも国際電話をルーツに持つKDDIと組むことに魅力を感じました。


西多昌規

睡眠について、「眠れない」「日中、異常な眠気に襲われる」といった症状が出てきたら要注意です。食欲については、体重が減っていくのがまず心配です。割合としては少ないですが、急激に体重が増えるのもメンタル面から来る過食の可能性があります。睡眠と体重に加えて、「仕事で凡ミスが多くなる」「上司や部下にキレてしまう」といったシグナルがあるようなら、ぜひ一度、精神科を受診してみることをお勧めします。


竹中平蔵

「お前が言うなら、死ぬまでついていく」と決断を下すことができるのが本当のチーム。


桜井博志

私たちはデータで日本酒を造っていますが、それでもタンクによって違いが出ます。毎日測定する数字を見て、なぜそうなるのかを考え、翌日の酒造りに活かしていくのが大事。


藤田晋

日頃の情報収集や下調べを怠らない人は、話をしていると「理解が早い」と感じますし、とても賢く見えます。ビジネスで関わる人が発信している情報は、ツイッターであれ何であれ、手に入れておいて損することはありません。SNSをチェックするだけで、相手の仕事に対する考え方から興味関心まで把握できるのですから。


藤野英人

自分の頭の中の情報を整理したり、周りの考えを知るために、SNSやブログで発信することも大切。当たり障りのないことを書くと、当たり障りのないコメントしか返ってこないので、その辺を丁寧に考えましょう。