名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小田中直樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小田中直樹のプロフィール

小田中直樹、おだなか・なおき。日本の経済史学者、経済学博士。東北大学教授。宮城県出身。東京大学経済学部卒業、同大学院経済学史博士課程単位取得退学。東京大学社会科学研究所助手、東北大学経済学部助教授、東北大学大学院経済学研究科教授などを務めた。

小田中直樹の名言 一覧

研究書の中にも常識を打ち壊し、目からうろこが落ちるように、世界の見え方を一変させてくれる本があり、それらは歴史小説に負けず劣らず役立つ。


「絶対的に正しい史実」は、存在しない。教科書ですら、改訂のたびに内容が変わるのは、「現時点では、このくらいの解釈が妥当」という以上のことが言えないから。細かな事実の正誤にこだわるのは、学問としては必要でも、実用には適さない。


研究書の場合、小説と違って書き手は文章のプロではない。だから、いったん読むのを中断すると、筋を追うのが難しくなる。面白いと感じたら、徹夜してでも一気に読んだ方がいい。


人間は誰しも「常識」や「思い込み」という名の眼鏡をかけているが、そのことを普段は忘れている。歴史の本には、現代の常識が通じない世界が描かれているので、自分が眼鏡をかけていることに気づかされる。このように自分を客観視する鏡を得ることが、歴史を学ぶ最大の意義だ。


小田中直樹の経歴・略歴

小田中直樹、おだなか・なおき。日本の経済史学者、経済学博士。東北大学教授。宮城県出身。東京大学経済学部卒業、同大学院経済学史博士課程単位取得退学。東京大学社会科学研究所助手、東北大学経済学部助教授、東北大学大学院経済学研究科教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

鈴木敏文

商品開発には、上質さを追求する方向性と、値段の安さなど、手軽さを追求する方向性があります。上質さと手軽さはトレードオフの関係に見えます。トレードオフというと「二者択一」と訳され、どちらか一方をとり、もう一方は切り捨てるというとらえ方が多いようですが、これは正しい理解ではありません。上質さか、手軽さかのトレードオフの場合、上質さなら上質一辺倒ではなく、そのなかにどれだけ手軽さをちりばめるか、逆に手軽さなら手軽さ一辺倒ではなく、どれだけ上質さをちりばめるか、そこに価値が生まれます。ポイントは上質さと手軽さという二つの座標軸で考え、手つかずの「空白地帯」を見つけることです。すると、どこにもない商品が生まれます。


津田純嗣

日本は有事のことを、災害にしても軍事にしても、発想しないんです。そういうことは起こらないはずと決め込んでしまう。


津田秀晴

雑談上手な営業マンというと、話題が豊富で話術も巧み、自らもたくさん話していくイメージがあるかもしれませんが、一流の営業マンの多くは、あえて聞くことに重点を置いているものです。それは、相手のニーズや価値観を知り、問題解決のための提案の精度を高めるためです。


福嶋宏盛

営業する相手には、積極的に話をするタイプと、話をしたがらないタイプの2種類がいます。前者であれば必ず愚痴や文句が出てきますから、それを聞いてあげればいいのです。その中には必ずヒントとなるキーワードが出てくるので、それを拾いましょう。話をしたがらない人の場合には、担当者自身が嫌われているケースや、そもそも交渉の内容自体をよく把握していないケースなどがあります。このようなときは直球勝負でズバリ「どこを変えれば弊社と付き合ってくれますか?」と聞くしかありません。


津田秀樹

上司に叱られている自分や、顧客のクレームに頭を下げている自分は、会社の人間としての役割を演じていると割り切ってみるといいでしょう。芝居が終われば役者が素の自分に戻るように、就業時間が終われば、自分も楽しく酒を飲み、好きな趣味に興じる。あまりひどいストレスにさらされ続けると、心は病んでしまいます。自分の心を守るためにも、意識的に役割を使い分けてみることをお勧めします。


吉江勝

好きこそものの上手なれと言いますが、好きなこと、得意なことこそ大きな収入につながる。それを踏まえて自分自身を見直すことが可能性を広げることになる。


布施孝之

当社は昨年から「ビールの魅力化」「発泡酒・新ジャンルの復権」を目標に掲げ、昨年当社のフラッグシップブランドである「一番搾り」をフルリニューアルした。発売から28年の定番ブランドのリニューアルは大きな挑戦であったが、さらなる成長のために決断。1千回以上の試醸を繰り返し、酸味や甘い香りを抑制することで、これまで以上に調和のとれた味わいになった。


倉重英樹

従来の階層型組織では絶対的なリーダーが必ず一人存在しましたが、これからのネットワーク型組織では目的やプロジェクトに応じて人が集まり、その中からリーダーが選ばれます。リーダーという固定的な役割があるわけではなく、能力によって役割が決まります。


津賀一宏

年齢は関係なく、スピード感を持ってやれることが大事。これが自分にとっての物差し、メジャーなのだと思います。いつまでもやりたいわけではありません。(バトンタッチを)考えるべき時期が近づいているのは自覚しています。重要なのはスピード感です。


佐々木大輔(経営者)

不満を直接解決する機能を開発するのではなく、要望の裏側にある「真の課題」を解決することに挑戦し続けているからこそ、多くのお客さんにfreeeを使ってもらえるようになりました。


米谷信彦

時代のキーワードがどうなるのか。見つけ出すにはトライ・アンド・エラーしかない。社員にも「とりあえずやってみよう」と伝えています。


堀之内九一郎

「明日、雨かもしれない」「明日、死ぬかもしれない」。だから、今日、晴れてるうちに、生きてるうちに、何でもやる。そのうちにじゃなく、いまやる。