名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小瀬昉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小瀬昉のプロフィール

小瀬昉、おぜ・あきら。日本の経営者。「ハウス食品グループ本社」会長。同志社大学商学部卒業後、ハウス食品に入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

小瀬昉の名言 一覧

組織のリーダーたるものこそ体温を上げよう。リーダーが日ごろ、体から発している熱量が周囲の人に伝わり、その組織の勢いになる。


リーダーは言葉も大事です。ただ、部下は日ごろから上司の行動を見ているもの。


お客様のことを100%理解することはできなくても、お客様にできるだけ近づいていく。それこそが企業のマーケティング活動だと理解しています。


何かを成し遂げたいというパワーだとかスピリッツ、そして少々のことではへこたれないエネルギーが体全体からみなぎっていること。リーダーにとって、そうしたことが大事な資質。


お客様に近づくために、タッチポイントを少しでも増やそうと知恵を絞ることが大切。


温度差のないチャレンジ集団になろう。まずは社長である自分と社員の温度差をどれだけなくしていけるか。部署間で温度差があっても会社はうまく回りません。最終的には、お客様と私どもとの温度差をなくしていくことが企業活動においては重要となります。


社長時代に失敗したことがありました。ある日の朝、JR四ツ谷駅から当社まで通勤している問に、「ウチの会社は大丈夫なんですか?」と部下から心配そうに声をかけられたことがありました。その時の私は、考えごとでもしていたんでしょう。朝からうな垂れ、猫背のままトボトボと歩いていたそうです。そんな社長の様子を見たら社員が不安を抱くのも無理はありません。その日から、四ツ谷の駅に着いたら背中をシャキッと伸ばして、さっそうと歩くことを心がけました。社員はどこから社長を見ているか分かりませんからね。


小瀬昉の経歴・略歴

小瀬昉、おぜ・あきら。日本の経営者。「ハウス食品グループ本社」会長。同志社大学商学部卒業後、ハウス食品に入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

田中俊彦(経営者)

スタッフを信頼して任せる部分は大きい。一人ひとりがしっかり考えてやってくれれば細かいところは事後報告でいい。事後報告すらいらないということもある。


鈴木健一(経営コンサルタント)

数字は目的とそれに向かう手段を結びつけるストーリーを生む。売り上げや販売の数字を目標に掲げて社員を鼓舞する経営者がいますが、それでは人は動かない。数字でストーリーラインを示し、人を納得させることが重要なのです。


佃和夫

納期を守る、約束した品質で仕上げることは日本人が持つ優れた資質です。いま、日本企業はグローバル展開を迫られていますが、恐れることはありません。世界でも矜持を持って行動すれば、信頼感が生まれます。


岡林理

大手企業が大幅に固定費や研究開発費が掛かることとは対照的に、我々は非常に開発スピードが速く、なおかつ開発費を低く抑えることができます。規模の割には多くの製品を取り扱っていますが、それができるのは一つの製品を開発する人数が非常に少ないためです。


小倉広

家庭やプライベートの人付き合いに振り回されている場合、まず課題の所在をはっきりさせよう。


澤本嘉光

仕事のアウトプットをするために、対話の中で相手と自分の許容範囲の接点を見つけ、今の企画をどう直せばいいか、頭の中で調整することが大事です。人と話をしていて「この人が望んでいるのは何か、どこまで求めているのか」、理解しようとする努力です。


大内厚

マナー教本の付け焼き刃のマナーではなく、もっと深いところから自然に出てくる振る舞いが、結局は相手に伝わる。


加藤好洋

相手を信じることが相手を変えることにつながる。


ジャック・ミンゴ

最も売れている商品の多くは、エキセントリックな人たちの直感とヤマ勘と熱狂によって生み出されている。本当に新しいものを作るためには、まったく新しい発想が必要だからだ。


吉田尚記

人間は、自分の話をたくさん聞いてくれた人に心を開く生き物です。極端な話、「相手がほとんどしゃべっていた」という状況でも構いません。


吉越浩一郎

会社に経営理念はいらない。こう述べると顔をしかめる経営者は多いが、私はあえてそう明言しています。とくに日本の会社は、経営者が自分で考えたものではなく、何かの本を読んで拾ってきたような言葉を理念として掲げている場合が多い。学校の作文の宿題ではあるまいし、私に言わせれば、そんな理念はもう最初から落第です。会社において肝心なことは、作文の出来不出来ではない。現に行われている経営の出来不出来が問題なのです。


星野佳路

ミスや顧客からのクレームは、業務改善につながる大事な情報資源である。スタッフの失敗から組織が学び、失敗しにくい業務プロセスに改善するチャンスがある。