名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

小瀬昉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小瀬昉のプロフィール

小瀬昉、おぜ・あきら。日本の経営者。「ハウス食品グループ本社」会長。同志社大学商学部卒業後、ハウス食品に入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

小瀬昉の名言 一覧

組織のリーダーたるものこそ体温を上げよう。リーダーが日ごろ、体から発している熱量が周囲の人に伝わり、その組織の勢いになる。


リーダーは言葉も大事です。ただ、部下は日ごろから上司の行動を見ているもの。


お客様のことを100%理解することはできなくても、お客様にできるだけ近づいていく。それこそが企業のマーケティング活動だと理解しています。


何かを成し遂げたいというパワーだとかスピリッツ、そして少々のことではへこたれないエネルギーが体全体からみなぎっていること。リーダーにとって、そうしたことが大事な資質。


お客様に近づくために、タッチポイントを少しでも増やそうと知恵を絞ることが大切。


温度差のないチャレンジ集団になろう。まずは社長である自分と社員の温度差をどれだけなくしていけるか。部署間で温度差があっても会社はうまく回りません。最終的には、お客様と私どもとの温度差をなくしていくことが企業活動においては重要となります。


社長時代に失敗したことがありました。ある日の朝、JR四ツ谷駅から当社まで通勤している問に、「ウチの会社は大丈夫なんですか?」と部下から心配そうに声をかけられたことがありました。その時の私は、考えごとでもしていたんでしょう。朝からうな垂れ、猫背のままトボトボと歩いていたそうです。そんな社長の様子を見たら社員が不安を抱くのも無理はありません。その日から、四ツ谷の駅に着いたら背中をシャキッと伸ばして、さっそうと歩くことを心がけました。社員はどこから社長を見ているか分かりませんからね。


小瀬昉の経歴・略歴

小瀬昉、おぜ・あきら。日本の経営者。「ハウス食品グループ本社」会長。同志社大学商学部卒業後、ハウス食品に入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

織田裕二

行った先の国によっては驚かされることがたくさんあります。日本ではあたりまえと思うことも、外に出ればあたりまえとは限らない。全然ルールが違う国もある。正しいことはひとつじゃない。


迫俊亮

現場での仕事から学んでいくことも当然重要ですが、それだけでなく「どうすれば経営者的な立場で仕事ができるか」を考えてみて欲しい。


宇佐神慎

オフィスデザインは、単なる空間デザインであってはならず、企業のデザインだ。


高松孝年

我々は、携わる仕事においての草分けであり、我々が問題を発見して解決し、道を切り開いていかなければならない。


高向巖

2000年間に中国は大きく振れた。いまだってそう。実に中国らしいですね。違和感などまったくありません。向こう側の動きに合わせて一喜一憂しない。中国とはそういう気持ちで付きあった方がいいと思います。
【覚書き|日銀の駐在員として北京と香港に駐在した経験を振り返っての発言】


前川孝雄

部下のやる気を引き出すには、「内発的動機づけ」が必要です。特に今の若手は、年配層と比べて昇級や昇格などの外発的動機に魅力を感じない世代なので、仕事の意味づけをして内発的動機を与えることが重要となります。


小野大輔

好きなときに好きなペースでものをつくるというのは趣味に近いかもしれません。それが仕事となると様相は一変して、時間の制限がある中で何かを生み出さなければならない。好きを仕事にしたときに、最初にぶつかる壁かもしれません。でも、だからこそ、思いもよらない思いを込めた作品が生まれる。


アンドリュー・カーネギー

成功にトリックはない。わたしは与えられた仕事に全力をつくしただけだ成功の秘訣は、いかなる職業であっても、その第一人者たることを期することである。


南場智子

私が新卒者に必ず伝えることは、ベタですが、誠実に仕事に向かうことです。仕事をしていく中で、必ず失敗はします。私自身もそうでしたが、はじめはものすごく要領が悪くて仕事ができない人もいると思います。でも「できる」「できない」よりも大事なことは、仕事に向かう偽りのない姿勢だと感じています。


本田健

想定外の災難に巻き込まれるなど、一見不運な偶然もあります。私の知人の一人は、いつもなら左に曲がる道を、その日に限ってなぜか右に曲がって車にはねられ、1か月入院するはめになったそうです。しかし、入院先でたまたま隣になった患者さんのところへお見舞いに来ていた女性と親しくなり、彼女と結婚したのです。交通事故に遭わなければ、パートナーと出会わなかったと考えると、不運な偶然も決して最悪とはいえません。このように、たとえ今はどん底でも、それは10年後の幸運の前触れととらえることもできるのです。起こった出来事に、あまり一喜一憂しないことです。それより大事なのは、この偶然を活かして、どう人生を切り拓いていくかなのです。


勝野哲

ビジネスモデルを変える必要があるのは発電部門だけではない。送配電も販売部門も、それぞれが新しいサービスを開発して戦う時代が始まっている。特に今、注目しているのはICT(情報通信技術)やIoT(モノのインターネット)の活用だ。こうした分野とエネルギーとの融合はどんどん進む。発電から送配電、販売に至るまで無関係ではいられなくなる。


大塚寿

お客様や取引先に満足してもらうには、自分は何をすべきだろうかということをしっかり考えましょう。そこで自分の強みを最大限に発揮した価値が認められれば、相手は喜んで対価を払ってくれます。