名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

小澤三敏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小澤三敏のプロフィール

小澤三敏、おざわ・みとし。住友重機械工業会長。京都大学卒業後、住友重機械工業に入社。その後、同社で社長・会長を務めた。そのほか、京都大学の機械系学科の同窓会組織である京機会の会長なども務めた経営者。

小澤三敏の名言 一覧

現実だけを見つめていても、正しい判断はできません。未来をイメージする想像力が必要です。


経営判断に「たまたま」はあってはならないはずです。


印刷機械事業は不採算でしたが、精密技術が応用できることもあり、当社の戦略製品でした。ところが視点を変えてみると、「技術提携先の技術料が高く、利益を圧迫している」「後発だったため顧客基盤が弱く、資金回収のロスが大きい」「量産効果が見込みにくい」といった事態が見えたんです。社長への提言は一回は突き返されましたが、私は事業を撤退すべきだと判断しました。
【覚書き|常務時代を振り返っての発言】


複雑な事象を大きくとらえて判断するということは、はっきり言って難しいです。エンジニアというのは突き詰めることには熱中するんですが、単純なところがあるんです。かくいう私も部長や事業部長までは良否(不良品かそうでないか)だけの世界で生きてきました。


会社の中には、黒字の事業も赤字の事業もあります。将来性も、技術力もまちまちです。しかし、儲からない事業だといって簡単にやめることはできません。あらゆる事業に開発資金や人材を振り分けるわけにもいきません。たとえば、成果が十分でない部門のテコ入れを後回しにして、まずは強い事業の長期戦略に着手することがあります。限られた経営資源の分配には常に優先順位をつけ、総合的に判断しないといけないのです。


経営者として、とくに株主の視点に立って執行役員を監督する取締役の会長という立場になると、良否だけでは判断できません。むしろ(業績の)良し悪しの判断が重要なのです。つまり、悪しにも3分の理があると、悪しの存在も認めざるを得ません。


私は大学を出てから約20年、製造現場でモノづくりをやってきました。どんな製品を作るかはある程度決まっていて「徹底的によいモノを作る」「ミスをゼロにする」ことに全精力を傾けてきました。そこでの判断は良否に尽きます。欠陥製品である「否」は許されず、「良」しか認められない世界です。設計にミスがあれば、突き返し徹底的に計算させる。製品に不具合があれば、徹底的に改良する。そんなやり方をずっと通してきました。


小澤三敏の経歴・略歴

小澤三敏、おざわ・みとし。住友重機械工業会長。京都大学卒業後、住友重機械工業に入社。その後、同社で社長・会長を務めた。そのほか、京都大学の機械系学科の同窓会組織である京機会の会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

神藏孝之

あいつが悪い、こいつが悪いと、いつも他人の悪口ばかりを言っている人がいますが、母は「他人の悪口を言ってはいけない。他人の悪口はいつか自分に返ってくるから」と言っていました。まさに言霊の教えです。母に言わせると、他人の悪口を言うと運気が逃げるのだそうです。


西山昭彦

自己投資をケチって貯金ばかりしていると、将来の不安を払拭するどころか、仕事のスキルがあがらず、リストラされる危険すらあります。


斎藤康博

お互いがお互いの価値を認めて、それぞれの強さを引き出す――。これが私たちの考えるパートナーシップ。その取り組みに終わりはありません。


田口佳史

保険を掛ける上では大局観がないといけません。何手先を読むかということが重要で、行く先々まで戦局を見ると。そうやって考えると、戦国武将の最大の特徴は、大局観をもって、要するに、Aが倒れたらBという代案を常に用意している。リスクヘッジの権化みたいな部分がありました。


岡野雅行(岡野工業)

落語には昔の人の知恵が詰まってる。だから楽しいだけじゃなく、発想やアイデアのヒントになる。勉強しようと肩肘張って聴くとダメ。楽しみながら聴くから頭に残る。


森秀明

ある日本企業では、「相手の意見を批判するな」「意見を数多く出せ」「思いついたら書き出せ」という三原則を徹底し、会議の活性化に成功しました。突飛な意見を出しても怒られず、むしろ褒められる文化があれば、人は積極的に発言するものです。


森山直太朗

様々な経験を重ねてきたなかで、実は昨年の秋から今年の春まで、半年間ほど活動を小休止していました。理由は、僕自身が音楽を続けていくことそのものを見つめ直す時期に来ていたから。


ジム・ロジャーズ

子供のころ祖母から「仕事をやり遂げるためには忙しい人に任せなさい」と教わりました。本当に忙しい人よりも、実は暇な人の方がいつも時間がないと言っているものです。要するに、忙しくない人というのは怠惰で時間管理能力が低いのです。


美崎栄一郎

整理が苦手な人は、生活する上で整理の優先順位が低く、面倒な作業はやりたくないタイプが多い。であれば、朝の歯磨きのように習慣化すればいい。朝のルーティンに片付けを組み込み、10分以内に終わらせると時間を決めれば始めやすく、仕事モードに切り替わるスイッチにもなる。


水野雄介

大学を会場にするのは、子供たちに非日常空間を提供したいから。キャンプの4~5日間で子供たちの人生がガラリと変わるかもしれない。そんな可能性を秘めたキャンプですから、ディズニーランドにいくみたいにワクワクした気持ちできてほしい。実際に大学を見て、「こんなところで研究したい」と思ってくれたら大成功です。


水田正道

外国の人に言われて、ビックリしたのですが、「日本人はAIやデジタル化社会になると自分の仕事がなくなるとかネガティブな反応をするけれど、水田さんは休みをどの位取っていますか? AIに仕事をやらせて夏休みを1か月取ればいいのに」と言われたんです(笑)。つまりAI、ロボット化をポジティブに捉えるべきだと。そう言われると、確かにそうだなと。


大泉洋

20代のころは、思いっきり役に入り込んでましたね。それがシリアスなキャラだと大変です。笑いがいっさいない、重たい過去を背負った役を減じると、私生活まで影響されました。日常生活から暗い人になってしまう。ラジオとかバラエティの仕事をやるのが苦しくなったりしてました。最近は、本番で集中力を高めるためにも、普段は役に引っ張られないようにしてます。じゃないと本番で疲れて集中できなくてね(笑)。